〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

【試合結果】2023年5月2日(火) vs 巨人

オスナ選手が決勝の6号2ラン
オスナ選手が決勝の6号2ラン

  

ヤクルトが逆転勝利。ヤクルトは3点ビハインドの6回表、山田のソロと中村の適時二塁打で3点を挙げ、試合を振り出しに戻す。

そのまま迎えた8回にはオスナの2ランが飛び出し、勝ち越しに成功した。

投げては、4番手・石山が今季3勝目。

    

スコアボード

 
ヤクルト0001030217130
巨人1300000105110

責任投手

勝利投手ヤクルト 石山 (3勝1敗0S)
敗戦投手巨人 田中千 (0勝1敗0S)
セーブヤクルト 田口 (0勝1敗8S)

本塁打

ヤクルトオスナ 5号(4回表ソロ)
山田 3号(6回表ソロ)
オスナ 6号(8回表2ラン)
巨人中田翔 7号(8回裏ソロ)

バッテリー

ヤクルトサイスニード、大西、星、石山、清水、田口 - 中村
巨人戸郷、鍵谷、直江、田中千、菊地 - 大城卓、小林

  

試合結果

試合序盤は苦しい展開が続く

スワローズは初回、一死から青木選手、山田選手の連打で一、二塁としますが、後続が倒れ、得点を挙げられません。

その裏、先発・サイスニード投手は先頭・廣岡選手に内野安打を許すなど、一死三塁とされると、坂本選手にタイムリー内野安打を浴び、先制点を許します。

さらに2回、サイスニード投手は無死一、三塁のピンチを招くと、ブリンソン選手にタイムリー二塁打、戸郷投手に犠牲フライを打たれ、2点を失います。その後、秋広選手にもタイムリーを浴び、0対4とリードを広げられます。

4回、オスナ選手が反撃の狼煙を上げる5号ソロを放つ

反撃したい打線は4回、一死からオスナ選手が左中間へ5号ソロを叩き込み、1点を返します。

  

  

6回、山田選手のソロホームランから一挙同点に追いつく

打線は6回、先頭・山田選手がレフトスタンドへ3号ソロを放ち、1点を返します。

  

  

さらに村上選手、オスナ選手の四球などで、二死一、三塁とすると、中村選手がセンターへ2点タイムリー二塁打を放ち、4対4の同点に追いつきます。

Twitter

  

リリーフ陣が今日も奮闘

その裏、3番手・星投手は先頭・中田翔選手、丸選手に連打を打たれるなど、一死二、三塁とされますが、後続を連続三振に仕留め、無失点で切り抜けます。

7回、4番手・石山投手は安打を打たれるも、無失点に封じます。

 

オスナ選手が今日2本目のホームランで勝ち越しに成功する

同点の8回、打線は一死からサンタナ選手が安打を放つと、続くオスナ選手がレフトスタンドへ本日2本目となる6号2ランを叩き込み、6対4と勝ち越しに成功します。

  

  

その裏、5番手・清水投手がマウンドへ。先頭・中田翔選手にレフトスタンドへ7号ソロを運ばれ、1点差に迫られます。

  

青木選手が犠牲フライを放ち貴重な追加点を奪う

打線は9回、先頭の代打・内山選手の二塁打、濱田選手の犠打で一死三塁とすると、青木選手の犠牲フライで7対5とします。

  

青木選手は9回に貴重な追加点となる犠牲フライを放つ
青木選手は9回に貴重な追加点となる犠牲フライを放つ
(画像出典:東京ヤクルトスワローズ公式HP)

その裏、6番手・田口投手は二死一、二塁とされるも、最後は中田翔選手を外野フライに打ち取り、試合終了。

    

  

2対4の6回、中村選手の2点タイムリーで追いつくと、同点の8回はオスナ選手の6号2ランで勝ち越しに成功します。5回以降は継投で逃げ切り、逆転勝利!打線が奮起し、7対5で勝利しました!

   

ハイライト

  

  

ヒーローインタビュー

オスナ選手 

  

【おすすめ記事】

2024年6月15日(土) vs オリックス

オリックスは1点を追う3回裏、太田の適時打と西川の3ランで一挙4点を奪い逆転する。 続く4回に安達の適時打で加点すると、6回にも2本の適時打が飛び出し、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、投手陣が振るわなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 1 1 0 0 0 1 0 3 13 0 オリックス 0 0 4 1 0 2 0 2 X 9 19 0 責任投手 勝利投手 オリックス 東 (3勝3敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (1勝3敗0S) ...

ReadMore

武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!

写真:サンスポ 武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!  何とも言えない高揚感と喜びだったはずだ。ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が、2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりに登板。21年10月8日の阪神戦(神宮)以来、980日ぶりに勝利を挙げた。   高校野球を引っ張った同世代  同期で同学年の武岡龍世内野手(23)は「9番・二塁」で先発出場。同じく同期で同学年の長岡秀樹内野手(22)と二遊間を守り、奥川の後ろを守った。さらに、打っては三回先頭で右前打を放ち、長岡の二ゴ ...

ReadMore

奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた

写真:サンスポ 奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた  涙の復活勝利だ!!ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が14日、「日本生命セ・パ交流戦」のオリックス1回戦(京セラ)で2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりの登板を果たし、5回79球を投げて7安打1失点。右肘など度重なるけがを乗り越え、レギュラーシーズンで21年10月8日の阪神戦(同)以来、980日ぶりの白星を飾った。   /背番号18が立ち向かう\808日ぶりの1軍マウンド奥川恭伸が5回を投げきる& ...

ReadMore

2024年6月14日(金) vs オリックス

ヤクルトは初回、村上の適時打で先制に成功する。 その後は、3回表にサンタナの適時二塁打などで3点を挙げ、リードを広げた。 投げては、先発・奥川が5回1失点で3年ぶりの白星をマーク。 808日ぶり復帰マウンドを白星で飾った。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 3 0 0 0 0 0 1 5 8 1 オリックス 0 0 0 1 0 0 2 0 0 3 13 1 責任投手 勝利投手 ヤクルト 奥川 (1勝0敗0S) 敗戦投手 オリックス カスティーヨ (1勝 ...

ReadMore

村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」

写真:サンスポ 村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で先発し、一回2死二塁で先制の中前適時打を放った。   ムネナイス先制タイムリー!#村上宗隆 6/14/2024 pic.twitter.com/EboGx9ZPi9— ebappi (@ebappii) June 14, 2024   オリックス先発・カスティーヨが投じた4球目、149キロの直球をはじき返し「奥川が久々の先発で緊張もあると思 ...

ReadMore

-試合結果