〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

プロ野球中継

DAZNが料金改定 プロ野球専用プランを新設

    

1月11日、DAZNが一昨年と昨年に続いて料金値上げを発表しました。

 値上げに合わせて新プランとしてプロ野球全コンテンツが楽しめる月額2,300円の「DAZN BASEBALL​」が追加されます。

 

当記事では「DAZN(ダゾーン)」について次の内容を紹介します。

  

この記事でわかること

  • DAZNが3年連続の値上げ(2/14~)
  • DAZN Baseballプランが新設(2/1~)
  • 新プランは年間契約しかできない
  • プロ野球しか見ない人は値下げと言える
  • 家と外出先で同時に視聴できなくなる
  • 値上げ前の駆け込み登録は危険

  


   

DAZNが2024年2月14日より価格改定

DAZNは2024年2月14日(水)からの価格改定(値上げ)を行う。

  

DAZNでは2022年2月に月額1,925円→月額3,000円に値上げ。2023年2月にも月額3,700円に値上げしており、今回は月額3,700円→4,200円(税込)となる。

 

年間プランにおいては、一括払いが30,000円→32,000円(税込)、月々払いは36,000円→38,400円(税込)に改定される。

 

クリックで拡大

    

DAZN Baseballプランが新設

今回の価格改定で、DAZNはBaseballプランを新設する。同プランはプロ野球の全コンテンツが視聴可能となり、支払い方法は年間プラン(月々払い)のみに対応。月額2,300円で年間支払額は27,600円となる。

 

ただし、従来通り広島東洋カープ主催試合及びその他一部試合は視聴できない。

 

注意点

DAZN Baseballプランは年間プランのみ。

そのため、プロ野球シーズンが終わった後の途中解約ができません。

   

これまでのDAZNStandardの月額が3,700円、プロ野球のレギュラーシーズンが3~10月までの8か月間なので、従来は最低でも29,600円がかかりました。

そのため、DAZN Baseballプランに限れば値下げと言えるでしょう。

   

ここはメリット

クライマックスシリーズについてもDAZNで毎年配信実績があります。

  

同時視聴可能台数の変更(改悪)

現在、DAZNでは、1つのアカウントで最大5台まで端末を登録しておき、そのうち2台で同時視聴が可能。

 

今後は、登録可能なデバイス数を現在の5台から無制限に変更となるが、同時視聴可能数を1ロケーション(視聴時に利用するIPアドレス1つ)あたり最大2つまでにする。

  

家のWi-Fiを利用してパソコンやスマートフォンでDAZNを視聴する場合、同時に2台まで視聴可能です。

 

改悪ポイント

同じインターネット回線を共有していない場合(家と外出先など)は、同時視聴ができなくなります。

 

追加オプションでロケーション&視聴台数を増やせる

追加オプションとして、月額980円でロケーションと同時視聴台数を増やすことができます。

 

これまでは2ロケーションで視聴することができていたので、実質980円の値上げと言わざるを得ません。

 

1人暮らしをしている家族がいる場合などはメリットがあります。

    

値上げ前の2/13までの登録はおすすめしない

他サイトでは値上げ前の2月13日までのDAZN加入を推奨しているところが多いです。(値上げ前価格で契約できるため。)

 

しかし、上記のようにプロ野球中継しか見ないのであればDAZN Baseballプランが最もお得に視聴することができます。

 

DAZN Baseballプランは2月1日(木)から提供開始なので、他サービスと比較した上でプロ野球中継を楽しんでほしい。

     

まとめ

まとめ

  • DAZNが3年連続の値上げ(2/14~)
  • DAZN Baseballプランが新設(2/1~)
  • 新プランは年間契約しかできない
  • プロ野球しか見ない人は値下げと言える
  • 家と外出先で同時に視聴できなくなる
  • 値上げ前の駆け込み登録は危険

見られるスポーツコンテンツはDAZN公式サイトから確認できます。

  

-プロ野球中継