〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

松本直樹選手が2試合連発となる2ランホームランを放つ!太田選手が今シーズン初安打でチャンスメイク!

令和4年4月7日(木)、ヤクルトスワローズは本拠地神宮球場で中日ドラゴンズと第3戦目を戦い、3-11で敗北しました。

先発は石川投手。前回登板は6回途中を3失点と好投しましたが、惜しくも勝利にはつながりませんでした。今日の登板では快投を見せ、通算200勝に一歩進みたいマウンドでした。

初回の立ち上がり、中日の好調大島選手にヒットを許しますが、後続を打ち取り無失点に抑えます。

するとヤクルト打線はその裏、先頭の塩見選手がレフトへのツーベースヒットを放ちチャンスメイクをすると、1アウトになり、3番山田選手がコンパクトなスイングでセンター前へはじき返し、1点を先制します!

しかし、2回の表、石川投手は先頭の阿部選手にツーベースヒットを許すと、その後1アウト満塁のピンチを背負います。

ここで打席には9番のピッチャー高橋投手を打席に迎えます。

ダブルプレーで無失点に抑えたいところでしたが、センターへのタイムリーヒットを許し1-2と逆転を許します。

石川投手はその後、ソロホームランとタイムリーヒットで2点を失い、5回を4失点でマウンドを降ります。

反撃したい打線は5回の裏、今シーズン初スタメンの太田選手がライトへのヒットを放ち出塁すると、1アウトになり打席には前日決勝ホームランを放った松本直樹選手が立ちます。

1ストライク1ボールから、高めのストレートを振りぬいた打球はレフトスタンドへ一直線に突き刺さる2ランホームランとなり、3-5と2点差に追い上げます。

また打った! ヤクルト・松本直樹が五回に2戦連発の2号2ラン

ヤクルト・松本直樹捕手(28)が3点ビハインドの五回、中日・高橋宏から左翼席へ2試合連発となる2号2ランを放った。

前日6日の中日戦で、2019年9月22日の巨人戦(神宮)以来、927日ぶり通算2本目のアーチを放ったばかり。劣勢の試合で再現VTRのような一発を放ち、1点差に迫った。

松本は香川県の進学校、丸亀高から立大、社会人の西濃運輸を経て2018年にドラフト7位で入団。昨季は初めて1軍出場なしに終わったが、イースタン・リーグでは打率・322、4本塁打、30打点をマークしていた。

◆2号2ランを放ったヤクルト・松本 「打ったはストレート甘い球がきたら迷わず思い切っていこうと決めてました。一発で仕留めることが出来て良かったです」

出典:サンスポ

しかし、その後8回までに中日打線の猛攻にあい、3-11と大量リードを許します。

9回には好調木澤投手がマウンドにあがると、この日ホームランを放った京田選手をセンターフライ、代打鵜飼選手を三振、岡林選手をレフトフライに打ち取り、撃につながるピッチングを披露しました!

しかし、9回裏に得点をすることができず、3-11で中日ドラゴンズに敗北しました。

ハイライト動画

イニング結果

 
中日02011304011150
ヤクルト100020000380

 

出典:スポーツナビ

2024年6月22日(土) vs 巨人

ヤクルトは両軍無得点で迎えた8回表、村上の適時打とサンタナの2ランが飛び出し、試合の均衡を破る。 投げては、先発・サイスニードが6回無失点8奪三振の好投。 2番手・大西が今季4勝目を挙げた。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 8 0 巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 責任投手 勝利投手 ヤクルト 大西 (4勝1敗0S) 敗戦投手 巨人 高梨 (1勝1敗0S) セーブ ヤクルト 田口 (1勝0敗6S) ...

ReadMore

サイスニードが6回零封&毎回の8奪三振 2勝目ならずも「先発としての仕事ができた」

写真:サンスポ サイスニードが6回零封&毎回の8奪三振 2勝目ならずも「先発としての仕事ができた」  ヤクルト・サイスニード投手(31)が先発。打線の援護なく2勝目は逃したが、6回85球、5安打無失点、毎回の8奪三振と好投し「調子は良かった。松本が良いリードをしてくれて、先発としての仕事ができた」と語った。   【#巨人🆚 #ヤクルト】3回裏ヤクルト先発 #サイスニード 投手ランナー1、2塁のピンチを切り抜けます!!✅ただいま #BS日テレ で生中継!!✅#GI ...

ReadMore

まさに主砲の執念!! ヤクルト・村上宗隆がへッスラ内野安打で大きな1打点

写真:サンスポ まさに主砲の執念!! ヤクルト・村上宗隆がへッスラ内野安打で大きな1打点  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で出場。一塁へ執念のヘッドスライディングで勝ち越しの適時内野安打をマークした。   【気迫のヘッスラ】村上宗隆のタイムリー内野安打ゼロ行進の均衡を破る pic.twitter.com/L21wRe7SaZ— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) June 22, 2024    0―0の八回2死から3番長岡が右越え三塁打で出塁。迎えた村上の第4 ...

ReadMore

西川遥輝が一回初球にセーフティーバント リクエストで判定覆り4試合連続安打

写真:サンスポ 西川遥輝が一回初球にセーフティーバント リクエストで判定覆り4試合連続安打  経験豊富なリードオフマンの存在感が高まっている。今季、楽天から加入したヤクルト・西川遥輝外野手(32)が6月2日から15試合続けて1番で起用され、4試合連続安打をマークした。    一回の第1打席。巨人先発の左腕、グリフィンに対して初球。外角低めへの直球を、見事なセーフティーバントで三塁前に転がした。三塁手坂本がランニングスローを見せ、西川は際どいタイミングで一塁を駆け抜けた。一度はアウトが宣告されたが、高津監督 ...

ReadMore

2024年6月21日(金) vs 巨人

ヤクルトは初回、長岡の適時打で先制する。 その後4回表に山田のソロで加点すると、6回には中村のスクイズでリードを広げた。 投げては、先発・吉村が8回途中4安打無失点の好投で今季5勝目。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 0 1 0 1 0 1 0 4 9 0 巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 6 0 責任投手 勝利投手 ヤクルト 吉村 (5勝4敗0S) 敗戦投手 巨人 戸郷 (6勝4敗0S) セーブ ヤクルト 田口 (1勝0敗5S) 本塁打 ...

ReadMore

-試合結果
-, ,