〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

村上宗隆が3安打猛打賞でリーグ最多安打に並ぶ

ヤクルトの先発・小川は立ち上がり、中日・ビシエドとA.マルティネスの連続適時二塁打を許し2点を先制される。

反撃したいヤクルトは4番・村上宗隆を中心に10安打の猛攻を見せるが、1得点に終わり打線のつながりを欠いた。

スコアボード

 
中日2000012005100
ヤクルト0000000101100

責任投手

勝利投手中日 小笠原 (7勝8敗0S)
敗戦投手ヤクルト 小川 (6勝8敗0S)
セーブ 

本塁打

中日ビシエド 12号(6回表ソロ)
ヤクルト 

バッテリー

中日小笠原、ロドリゲス、R.マルティネス - 木下
ヤクルト小川、市川、久保 - 中村、内山壮

メディアレポート

始球式

ヤクルトファンの声優・松嵜麗がノーバン始球式「新しい神宮球場の姿が見られた」

始球式に臨む声優の松嵜麗

ヤクルトは好評配信中のアプリゲーム『八月のシンデレラナイン』とのコラボを記念して、冠協賛試合「八月のシンデレラナイン presents ハチナイター」として開催した。

 

始球式は、同ゲーム内で花山栄美役を務める声優・松嵜麗(37)が務めた。「八月のシンデレラナイン」の通称〝ハチナイ〟にちなみ、背番号「89」が刻まれたユニホームを着用して登場。〝登板〟前から相当緊張した様子を見せていた松嵜は、マウンドに上がる前に深々と一礼した。

 

ゼット社の古田モデルの青いキャッチャーミットを左手にはめ、初めての始球式でセットポジションから見事にノーバウンド投球を披露した。

出典:サンスポ

7回の表 中日の攻撃

ヤクルトの連勝は「5」でストップ 復調気配だった小川泰弘がまさかの七回途中5失点KO

七回途中で降板するヤクルト・小川泰弘

2戦目の先発を任されたのは、エース・小川泰弘投手(32)。前回登板の8月27日のDeNA戦(横浜)で約2カ月ぶりの6勝目(7敗)を手にしていた右腕が、連勝を目指しマウンドに上がった。

 

ただ、立ち上がりから不運に見舞われた。2死一塁から、ビシエドの打球は左翼へ。打った瞬間はアウトかと思われたが、左翼手・キブレハンが打球を見失い、懸命に捕球を試みるもグラブに当たって落球(記録は二塁打)。続くA・マルティネスにも左翼線に落ちる適時二塁打を浴びた。

 

その後は、粘り強く投球したが、六回1死でビシエドに左越えソロを被弾した。七回は2死からの3連打で2点を失ったところで降板した。

出典:サンスポ

9回の裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルト・村上、51号お預けも3安打

9回、安打を放つヤクルト・村上宗隆

ヤクルトの村上は51号はお預けとなったが、4打数3安打でリーグトップの打率を3割4分1厘に上げた。2安打した2位大島との差を目の前で1分7厘に広げ、三冠王にまた前進した。

 

小笠原に対し、二回に左中間二塁打で出て三盗試みてアウトとなり、四回には中前打。1―5の九回はR・マルティネスの落ちる球を右前打し好機につなげた。

 

高津監督は「しっかりスイングができているので速い打球が抜けていく。(盗塁も)ミスとは思っていない」と評価した。

出典:サンスポ

ハイライトムービー

前の試合村上宗隆が史上最年少50本塁打到達「この番号をもらった時から目標にしていました」

続きを見る

おすすめ記事

村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」

写真:サンスポ 村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、一回2死一塁の第1打席にバックスクリーン左へ12号2ランをたたき込んだ。    【 村 神 様 降 臨 】本塁打ランキング独走!村上宗隆が第12号先制ホームラン! pic.twitter.com/Mke1V6AFsy— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) May 24, 2024  中日先発・涌井が投じた初球、135キロのシンカーを完璧に捉え「とにかく先制したかった ...

ReadMore

山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」

写真:サンスポ 山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」  山崎晃大朗外野手(30)が1軍に合流。今季初めて出場選手登録され、「1番・右翼」に名を連ねた。9年目の今季は春季キャンプを2軍でスタート。イースタン・リーグでは26試合に出場し、打率・221だった。    自分はよくも悪くも空気が読めないので、ハツラツとやっていきたい  同じ外野手である塩見が故障で離脱し、丸山和は脳振盪(しんとう)特例措置で23日に出場選手登録を外れた。緊急事態で声がかかり、「いつ連絡がきてもい ...

ReadMore

2024年5月23日(木) vs DeNA

DeNAは1-0で迎えた4回表、オースティンのソロなどで2点を追加する。 続く5回にはオースティンがこの日2本目となる適時打を放ち、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、打線が終盤に追い上げを見せるも及ばなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 1 0 0 2 1 0 0 0 1 5 11 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3 10 0   責任投手 勝利投手 DeNA 石田健 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (1勝2敗0S) セ ...

ReadMore

高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」

写真:サンスポ 高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」  ヤクルト・高橋奎二投手(27)が約1カ月ぶりに先発し、4回⅓を7安打4失点で2敗目を喫した。    序盤から3四死球を与えてピンチを広げ「真っすぐでカウントがとれなかった。変化球もストライクが入っていなかったし、そこが反省点」と唇をかんだ。    高津監督は「解説のしようがない。打たれた走者を四球で進塁させ、失点につなげてしまう。ピッチングとしてはちょっとレベルが低い」と苦言を呈した。 出典:サンスポ    

ReadMore

橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点

写真:サンスポ 橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点  ヤクルトの育成選手、橋本星哉捕手(23)が支配下登録される方針であることが23日、分かった。近日中にも球団と支配下登録を結ぶとみられる。    身長178㌢と小柄ながら強肩強打  橋本は、大阪・興国高から中央学院大に進み、2023年育成ドラフト1位で入団。身長178㌢と小柄ながら強肩強打の持ち主で、1年目の昨季はイースタン・リーグで70試合に出場し、打率・282、2本塁打、14打点。オフシーズンは長 ...

ReadMore

-試合結果
-,