〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

村上選手がスリーラン 巨人に2連勝でカード勝ち越しを決める!

ヤクルトが8-2で快勝し2連勝でカード勝ち越しを決めた。

ヤクルトは先制された直後の4回、村上の適時打とサンタナの併殺打の間にランナーが生還し同点に追いつく。

6回には無死1,3塁の場面で、サンタナ選手がバットを折りながらもセンターにはじき返し勝ち越しに成功する。

7回には4番村上選手にスリーランホームランが飛び出し勝負あり。

投げては6回に緊急登板した木澤投手が無失点に抑え今シーズン5勝目を果たした。

スコアボード

 
巨人000200000271
ヤクルト00020231X890

責任投手

勝利投手ヤクルト 木澤 (5勝2敗0S)
敗戦投手巨人 鍬原 (2勝2敗0S)
セーブ 

本塁打

巨人 
ヤクルト村上 32号(7回裏3ラン)
長岡 6号(8回裏ソロ)

バッテリー

巨人メルセデス、鍬原、クロール、赤星 - 大城
ヤクルト高橋、木澤、久保、星、市川 - 古賀

メディアレポート

試合前

ヤクルト・高津監督がチームに復帰へ 青木や塩見も1軍に合流へ

ヤクルト・高津臣吾監督

指揮官が帰ってくる。チームは多数の新型コロナウイルス感染者が出た影響もあって、前日19日の巨人戦(神宮)で連敗を6で止めたばかりだった。ただ、前日には新型コロナの陽性判定を受けていた主将・山田が1軍に合流。この日は高津監督がチームに復帰することとなり、勢いが増すことは間違いない。

さらに、陽性判定を受けていた青木、塩見も1軍に合流する見通し。前日の山田が出場選手登録されなかったように、2軍での調整期間を経ていないため戦列への復帰は状態を見ながらになると思われるが、主力が続々と戻ってくることは大きなプラスだ。

出典:サンスポ

6回の裏 巨人の攻撃

ヤクルト・高橋奎二が六回に左足を気にするしぐさをみせて緊急降板

1回、北村拓己を三振にとるヤクルトの高橋奎二

ヤクルトにアクシデントが襲った。

先発した高橋奎二投手(24)が2―2の六回先頭で緊急降板。ウォーカーへ初球を投じたところで左足を気にするしぐさをみせて、自ら手を上げてベンチに合図した。

歩いて一度ベンチ裏に戻ったが、そのまま降板となった。

ここまで84球で6安打2失点と粘りの投球。最速は154キロをマークして力のある直球を軸に要所を抑えて、7三振を奪っていた。

出典:サンスポ

7回の裏 ヤクルトの攻撃

村上宗隆がリードを広げる32号3ラン 完璧な一発に〝確信歩き〟

7回裏、ヤクルトの村上宗隆が右越え3ラン

 村上宗隆内野手(22)が4―2の七回2死一、二塁で右翼越えの32号3ランを放った。

なんとかカバーしようと思いで打席に入りました。いいスイングができていい角度であがってくれました」

初対戦となった左腕・クロールの151キロの直球を一閃。打った瞬間入ったとわかる当たりに〝確信歩き〟の後、ベンチに向かって右手でバット投げ捨て、喜びを表現した。

出典:サンスポ

本日のヒーロー

村上宗隆 選手

--四回にタイムリー、どんな狙いで打席に立った

「無死一二塁で前の打者の人たちがつないでくれたので、ゲッツーだけは打たないようにと、フライでもいいかなぐらいの気持ちで打ちました」

--七回にはホームラン、どんな意識だった

「セーフティスクイズが決まらず、このままいくと流れ的にすごく厳しい展開になるなという思いがあったので、なんとかカバーしたいなという気持ちで打席に立ちました」

-手応えは

「完璧です」

--前半戦は残り3試合

「たくさん自分の頼もしい仲間が帰ってきてるので、僕たちもワクワクしながら待ってます。その人たちが帰ってくる隙間もないくらいいいチーム状態で残り3試合戦っていきたいと思います、応援よろしくお願いします」

出典:サンスポ

ハイライトムービー

次の試合坂口選手が活躍「絶対に躍動してやるんだ、という強い気持ちで打席に入った」

続きを見る

前の試合ヤクルト・武岡、初めてのお立ち台で「背番号60の武岡です。長岡とは間違えないでください!」

続きを見る

おすすめ記事

2024年7月13日(土) vs 広島

広島がサヨナラ勝利。 広島は両軍無得点で迎えた延長11回裏、石原のソロが飛び出し、試合を決めた。 投げては、先発・大瀬良が6回無失点の好投。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 計 安 失 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1 9 1 責任投手 勝利投手 広島 黒原 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 田口 (1勝3敗7S) セーブ   本塁打 ヤクルト   広島 石原 3号(11回裏 ...

ReadMore

ヤクルト延長負けで8連敗 田口「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった」

写真:サンスポ ヤクルト延長負けで8連敗 田口「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった」 ヤクルトは延長サヨナラ負けで今季ワーストを更新する8連敗。十一回に登板した田口が、先頭の石原に左越えの本塁打を浴びた。打たれた守護神は「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった。反省してまた頑張る」と頭を下げた。   延長負けで8連敗 田口「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった」 - サンスポヤクルトはサヨナラ負け。十一回に登板した田口が、先頭の石原に左越えの本塁打を浴びた。打たれた守護神は「投げミス。一番悪い結果を ...

ReadMore

村上宗隆、自己ワースト1試合5三振 チーム3人目

写真:サンスポ 村上宗隆、自己ワースト1試合5三振 チーム3人目 広島がサヨナラ勝ち。0―0の延長十一回、先頭で打席に立った途中出場の石原が3号本塁打で試合を決めた。大瀬良が6回無失点と好投。七回以降も救援5投手が無失点でつなぎ、黒原が2勝目。ヤクルトは打線に元気がなく8連敗。 ヤクルト・村上が自己ワーストの1試合5三振。延長イニングの三振は参考記録扱いだが、ヤクルト(前身を含む)選手の1試合5三振は1997年7月2日の小早川毅彦(対巨人、延長で1三振)、2011年9月15日の館山昌平(対広島、投手)に次 ...

ReadMore

2024年7月12日(金) vs 広島

広島は1点ビハインドの3回裏、小園の適時二塁打で同点とする。 そのまま迎えた5回には、秋山のソロが飛び出し、勝ち越しに成功した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 6 1 広島 2 0 1 0 1 0 0 0 X 4 10 0 責任投手 勝利投手 広島 床田 (8勝5敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 石川 (1勝2敗0S) セーブ 広島 栗林 (0勝3敗23S) 本塁打 ヤクルト   広島 秋山 3号(5回裏ソロ) バッテ ...

ReadMore

長岡秀樹が2打席連続で無安打で打点マーク 押し出し四球&犠飛

写真:サンスポ 長岡秀樹が2打席連続で無安打で打点マーク 押し出し四球&犠飛  ヤクルト・長岡秀樹内野手(22)が「6番・遊撃」で先発し、2打席連続で無安打ながら打点をマークした。   ふいにこっち向くからびっくりした#長岡秀樹#swallows pic.twitter.com/G8qaPa82Re— まき (@maki____0513) July 12, 2024    一回2死満塁の第1打席では押し出し四球を選び、3日のDeNA戦(横浜)以来7試合ぶりの打点を挙げると、2―2とした三回1死 ...

ReadMore

-試合結果
-