〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

【試合結果】2023年9月3日(日) vs 阪神

赤羽選手がプロ初ホームランを放つ!

 

ヤクルトは序盤に6点をリードされる苦しい展開。

最終回、赤羽選手にプロ初ホームランが飛び出すも、反撃及ばず敗戦した。

     

スコアボード

 
阪神420001000790
ヤクルト000000001151

責任投手

勝利投手阪神 伊藤将 (9勝5敗0S)
敗戦投手ヤクルト 吉村 (2勝2敗0S)
セーブ 

本塁打

阪神佐藤輝 17号(1回表3ラン)
森下 9号(6回表ソロ)
ヤクルト赤羽 1号(9回裏ソロ)

バッテリー

阪神伊藤将 - 坂本
ヤクルト吉村、丸山翔、山本 - 松本直

 

  

試合結果

赤羽選手がプロ初ホームランを放つも序盤からリードを許し、1対7で敗れる

初回、先発・吉村投手は先頭・近本選手に三塁打、中野選手に四球を与え、無死一、三塁とされると、ノイジー選手を内野ゴロに打ち取りますが、味方の悪送球の間に先制点を許します。さらに一死二、三塁から佐藤輝選手にライトスタンドへ17号3ランを運ばれ、0対4とされます。

 

丸山選手が連夜の活躍!

打線はその裏、先頭・丸山和選手が安打を放つと、盗塁を決めるなど、一死二塁としますが、後続が倒れ、得点を奪えません。

 

2回、吉村投手は二死から中野選手、ノイジー選手に連続タイムリーを浴び、0対6とリードを広げられます。

 

吉村投手は3回以降立ち直るものの6回7失点で降板

3回以降、無失点に抑えていた吉村投手ですが、6回、先頭・森下選手にレフトスタンドへ9号ソロを浴び、0対7とされます。

  

丸山投手が2番手で登板 2回を無失点のナイスピッチング!

7回、2番手・丸山翔投手がマウンドへ。三者凡退に封じると、8回のピンチも無失点に抑えます。

 

丸山翔投手が2回無失点の好投
丸山翔投手が2回無失点の好投
(画像:東京ヤクルトスワローズ公式)

 

9回、3番手・山本投手は二死二、三塁のピンチを招くも、無失点に抑えます。

 

赤羽選手がプロ初ホームランを放つ!

打線はその裏、一死から代打・赤羽選手がレフトスタンドへプロ初ホームランとなる1号ソロを放ち、1点を返します。

 

赤羽選手がプロ初ホームランを放つ
赤羽選手がプロ初ホームランを放つ
(画像:東京ヤクルトスワローズ公式)

 

二死後、山田選手が安打を放ちますが、後続が倒れ、試合終了。

 

ハイライト

 

       

【おすすめ記事】

2024年6月22日(土) vs 巨人

ヤクルトは両軍無得点で迎えた8回表、村上の適時打とサンタナの2ランが飛び出し、試合の均衡を破る。 投げては、先発・サイスニードが6回無失点8奪三振の好投。 2番手・大西が今季4勝目を挙げた。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 8 0 巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 責任投手 勝利投手 ヤクルト 大西 (4勝1敗0S) 敗戦投手 巨人 高梨 (1勝1敗0S) セーブ ヤクルト 田口 (1勝0敗6S) ...

ReadMore

サイスニードが6回零封&毎回の8奪三振 2勝目ならずも「先発としての仕事ができた」

写真:サンスポ サイスニードが6回零封&毎回の8奪三振 2勝目ならずも「先発としての仕事ができた」  ヤクルト・サイスニード投手(31)が先発。打線の援護なく2勝目は逃したが、6回85球、5安打無失点、毎回の8奪三振と好投し「調子は良かった。松本が良いリードをしてくれて、先発としての仕事ができた」と語った。   【#巨人🆚 #ヤクルト】3回裏ヤクルト先発 #サイスニード 投手ランナー1、2塁のピンチを切り抜けます!!✅ただいま #BS日テレ で生中継!!✅#GI ...

ReadMore

まさに主砲の執念!! ヤクルト・村上宗隆がへッスラ内野安打で大きな1打点

写真:サンスポ まさに主砲の執念!! ヤクルト・村上宗隆がへッスラ内野安打で大きな1打点  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で出場。一塁へ執念のヘッドスライディングで勝ち越しの適時内野安打をマークした。   【気迫のヘッスラ】村上宗隆のタイムリー内野安打ゼロ行進の均衡を破る pic.twitter.com/L21wRe7SaZ— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) June 22, 2024    0―0の八回2死から3番長岡が右越え三塁打で出塁。迎えた村上の第4 ...

ReadMore

西川遥輝が一回初球にセーフティーバント リクエストで判定覆り4試合連続安打

写真:サンスポ 西川遥輝が一回初球にセーフティーバント リクエストで判定覆り4試合連続安打  経験豊富なリードオフマンの存在感が高まっている。今季、楽天から加入したヤクルト・西川遥輝外野手(32)が6月2日から15試合続けて1番で起用され、4試合連続安打をマークした。    一回の第1打席。巨人先発の左腕、グリフィンに対して初球。外角低めへの直球を、見事なセーフティーバントで三塁前に転がした。三塁手坂本がランニングスローを見せ、西川は際どいタイミングで一塁を駆け抜けた。一度はアウトが宣告されたが、高津監督 ...

ReadMore

2024年6月21日(金) vs 巨人

ヤクルトは初回、長岡の適時打で先制する。 その後4回表に山田のソロで加点すると、6回には中村のスクイズでリードを広げた。 投げては、先発・吉村が8回途中4安打無失点の好投で今季5勝目。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 0 1 0 1 0 1 0 4 9 0 巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 6 0 責任投手 勝利投手 ヤクルト 吉村 (5勝4敗0S) 敗戦投手 巨人 戸郷 (6勝4敗0S) セーブ ヤクルト 田口 (1勝0敗5S) 本塁打 ...

ReadMore

-試合結果