〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

プロ野球開幕

試合結果

山田哲人が復活のスリーラン!高橋奎二が6回無失点の好投を披露!

両チーム無失点で迎えた5回表、ヤクルト・山田哲人がスリーランを放ち先制に成功する。

7回には村上宗隆が押し出しの四球、9回にもタイムリーヒットが飛び出し有利に試合を進めた。

投げては先発・高橋が6回無失点の投球を披露。リリーフ陣も最少失点でつなぎ快勝した。

スコアボード

 
ヤクルト0000301037110
オリックス000000001181

責任投手

勝利投手ヤクルト 高橋 (1勝0敗0S)
敗戦投手オリックス 宮城 (0勝1敗0S)
セーブ 

本塁打

ヤクルト山田 1号(5回表3ラン)
オリックス 

バッテリー

ヤクルト高橋、石山、清水、久保、小澤 - 中村
オリックス宮城、比嘉、竹安、近藤、本田 - 伏見

メディアレポート

2回の表 ヤクルトの攻撃

日本シリーズ打率10割! ヤクルト・オスナが第1戦から4打数連続安打 好走塁も披露

ヤクルトのホセ・オスナが二塁打を放つ

 ヤクルトのホセ・オスナ内野手(29)が二回、カウント1-1から宮城のチェンジアップをとらえて左翼線に二塁打。

 第1戦で山本から放った先制打のリプレーのような打球を放ち、シリーズ3試合連続安打とした。

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでMVPを獲得した助っ人は、日本シリーズでも2試合連続猛打賞と好調をキープしており、MVP候補の筆頭に上がっている。

出典:サンスポ

5回の表 ヤクルトの攻撃

山田哲人のシリーズ1号にSNSの燕党歓喜 「信じてたよ山田哲人」

ヤクルトの山田哲人が3ラン本塁打

 ヤクルト・山田哲人内野手(30)が0―0の五回2死一、二塁の場面で左翼へ先制のシリーズ1号3ランを放った。

 第1戦から10打数無安打と不振に陥っていたが三回、二塁に内野安打を放ち日本シリーズ12打席目で待望の初安打。続く第3打席で待望の一発が出た。

 2015年の日本シリーズ第3戦で3打席連続本塁打を放った主将のお目覚めに、SNSの燕党は「山田ぁー!!! やっと起きたか!!」「やっぱり俺たちの山田哲人」「信じてたよ山田哲人…最高のスリーラン」と歓喜した。

出典:サンスポ

6回の裏 オリックスの攻撃

高橋奎二が6回無失点 昨年から日本シリーズ15回無失点「メリハリのある投球ができた」

高橋奎二は気合十分の投球

 高橋奎二投手(25)が先発し、6回3安打無失点で7三振を奪った。

 完封勝利を挙げた昨年第2戦に続き、日本シリーズで無失点投球。「一人一人集中して、しっかり投げることができた。ピンチの場面でメリハリのある投球ができたし、中村さんのリードと野手の方に助けてもらいながら投げることができた」と汗を拭った。

出典:サンスポ


村上宗隆がファインプレー 三冠王が守りで魅せた

三塁線の打球に飛びつくヤクルト・村上宗隆

 ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が六回、オリックス・頓宮が放った三塁線の打球を飛びついて好捕。送球はバウンドしてややそれたものの、一塁のオスナが体をいっぱいに伸ばして捕球し、打者走者を刺した。抜ければ長打コースの打球をアウトにし、先発の高橋を助けた。

出典:サンスポ

 

8回の裏 オリックスの攻撃

丸山和郁、シリーズ初安打&好捕

オリックス・吉田正尚の打球を好捕した右翼手のヤクルト・丸山和郁

 六回の守備から出場したヤクルトのD2位・丸山和(明大)が、鮮やかなセーフティーバントでシリーズ初安打を記録。七回先頭で一塁前に強めの打球を転がし、俊足を飛ばした。その後、二盗に成功。

 リーグ2連覇を決めた試合でサヨナラ打を放ったルーキーは「求められた役割を100%やりたい」と意気込んでいた。八回に二塁強襲安打を放ち、右翼の守備では飛球のスライディングキャッチを決めた。

出典:サンスポ

ヒーローインタビュー

山田哲人 選手

--チームを勝利に導いた

「素直にうれしいです」

--五回2死一、二塁の場面、どんな気持ちで打席に

「真っすぐをしっかり狙って、しっかりミートする。ただそれだけです」

--手応えは

「良い角度がついてくれていたので、プラス自分のスイングもできましたし、感触はよかったです」

--ファンの皆さんの大きな拍手が後押しになった

「自分だけじゃなくてプロ野球選手全員がパワーになっていると思います。引き続きご声援よろしくお願いします」

--ファンに向けて

「まだ2勝だけなので、しっかり気を引き締めて日本一目指して頑張りたいと思います」

出典:サンスポ

高津監督インタビュー

ハイライト

次の試合石川雅規&青木宣親のおじさんコンビがヤク動!

続きを見る

前の試合内山壮真が起死回生のスリーラン!日本シリーズ球団最年少本塁打

続きを見る

おすすめ記事

新加入の西川遥輝がオープン戦からアピール成功!

ベースボールキング ヤクルトに新加入の西川遥輝がオープン戦からアピール成功!江本孟紀氏「十分にスタメン取れるくらいの打撃をしていますね」と活躍に熱視線  24日に沖縄・浦添で行われたヤクルト対阪神のオープン戦で、楽天から加入した西川遥輝がマルチヒットでアピールに成功。高津臣吾監督も「出塁してくれることは非常に大きいですね。今日の打順でいうとクリーンアップが待っているわけですから、得点につながる機会も多くなるでしょうし。彼は色々プレッシャーをかけられる選手なので、非常にいい2安打だったと思いますね」と高評価 ...

ReadMore

村上宗隆がバックスクリーン場外弾で打ち上げ 「シーズンで活躍するための準備はできた」

サンスポ 村上宗隆がバックスクリーン場外弾で打ち上げ 「シーズンで活躍するための準備はできた」  豪快に締めた!! V奪回を目指すヤクルトは28日、1軍の沖縄・浦添キャンプを打ち上げた。村上宗隆内野手(24)はフリー打撃で33スイング中8本の柵越えをマーク。うち1本は、バックスクリーンの上で跳ねて場外に消えていく特大弾だった。リーグ5位からの巻き返しへ、主砲の活躍は必要不可欠。2度目の三冠王達成へ「完璧ではないですけど、シーズンで活躍するための準備はできた」とうなずいた。     土台固めは済んだ。さらに ...

ReadMore

高津監督のキャンプ総括は50点 「さらに厳しく、体も心も強く鍛えていかないといけない」

サンスポ 高津監督のキャンプ総括は50点 「さらに厳しく、体も心も強く鍛えていかないといけない」  ラストサバイバルだ!! ヤクルト・高津臣吾監督(55)が沖縄・浦添キャンプを打ち上げて総括。田口や奥川ら故障での離脱者を出したことで「50点」と振り返り、開幕に向けての危機感を募らせた。  「やり残したこともたくさんある。これで満足しているようではなかなかシーズンで勝つことは難しい。さらに厳しく、体も心も強く鍛えていかないといけない」    3月29日の中日との開幕戦(神宮)に向けて「最後の1週間はフル(メ ...

ReadMore

浦添キャンプを打ち上げ 選手会長の清水昇「リーグ優勝と日本一」

サンスポ 浦添キャンプを打ち上げ 選手会長の清水昇「ヤり返せ!という思いを胸にセ・リーグ優勝と日本一」  ヤクルトが28日、沖縄・浦添キャンプを打ち上げた。選手会長の清水昇投手を中心に手締めを行った。  充実の1か月を終えたチームを代表して清水があいさつした。  「皆さんキャンプ、お疲れ様でした。このキャンプを無事過ごすにあたって松本市長をはじめ浦添市の関係者の皆様、ホテル関係者の皆様、球場スタッフの皆様のおかげでやることができました。次に技術向上に付き添ってくださった、監督、コーチ、裏方さん、選手の体を ...

ReadMore

新外国人・エスパーダが本領発揮 田口離脱の危機にアピール合戦が過熱

サンスポ 新外国人・エスパーダが本領発揮 田口離脱の危機にアピール合戦が過熱  俺こそが守護神だ!! ヤクルトは27日、韓国・KIAと練習試合(浦添)を行い、5―1で勝利した。五回からは石山泰稚投手(35)、清水昇投手(27)、新外国人のホセ・エスパーダ投手(27)=前パドレス=が1イニングずつ登板。昨季33セーブを挙げた抑えの田口麗斗投手(28)が故障で離脱しているだけに、ポジション争いは必至。高津臣吾監督(55)は明言を避けたが、抑えの座をかけた戦いが過熱する。    今は何も考えていないです  誰が ...

ReadMore

-試合結果
-, ,