〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

ヤクルト・武岡、初めてのお立ち台で「背番号60の武岡です。長岡とは間違えないでください!」

ヒーローとなった2勝目の小澤怜史(左)と猛打賞の武岡龍世

ヤクルトが5-3で接戦を制し、連敗を6で止めた。

ヤクルトは2回、オスナのタイムリーで先制すると、武岡龍世の内野ゴロの間に2点目を挙げる。

これがプロ初打点となった武岡は、3-0で迎えた6回二死満塁の場面でプロ初タイムリーとなる内野安打を放ち、この試合3安打3打点の大活躍を見せた。

投げては先発の小澤怜史が、6回5安打無失点7奪三振の好投で今シーズン2勝目。リリーフ陣が追い上げを許すも、最後はマクガフが締めて逃げ切った。

スコアボード

 
巨人000000120381
ヤクルト02001200X590

責任投手

勝利投手ヤクルト 小澤 (2勝0敗0S)
敗戦投手巨人 戸郷 (9勝4敗0S)
セーブヤクルト マクガフ (0勝1敗24S)

本塁打

巨人中田 12号(8回表ソロ)
ウォーカー 19号(8回表ソロ)
ヤクルト 

バッテリー

巨人戸郷、鍬原、山本、今村 - 岸田、大城
ヤクルト小澤、コール、今野、梅野、マクガフ - 古賀、内山壮

メディアレポート

1回の裏 ヤクルトの攻撃

オスナが先制の適時二塁打 仲良しサンタナ復帰以降、3試合連続安打

無死一、二塁、先制の左適時二塁打を放つオスナ

ヤクルトのホセ・オスナ内野手(29)が先制打を放った。

2回無死一、二塁で巨人戸郷の3球目、低め135キロフォークを左翼に運ぶ適時二塁打。「毎試合ですが、とにかく先制点を取る気持ちで試合に入っているので、今日も先制点が取れてよかったです」と喜んだ。仲のいいサンタナが17日に戦列復帰して以降、3試合連続の安打となった。

出典:日刊スポーツ

5回の表 巨人の攻撃

武岡選手が超ファインプレー スーパープレーでチームを救う! 

コロナ禍で主力に離脱者が出る中、21歳の若燕が存在感を発揮した。2点リードの5回無死一塁で巨人・北村が放った二遊間のゴロを武岡は横っ飛びでキャッチ。

グラブトスで遊撃・元山にボールを送り、4-6-3の併殺を完成させた

6回の表 巨人の攻撃

ヤクルト・小澤投手が6回を5安打無失点の好投!

好投するヤクルト先発・小澤投手

 

ヤクルト先発の小澤が6回5安打無失点と好投した。一回以外は毎回走者を許す展開だったが、最速151キロを計測した直球と鋭く曲がるスライダーを軸に得点は許さず。

今月3日のDeNA戦でプロ初勝利を挙げた24歳右腕は「ゾーン内でどんどん攻めていこうと決めてマウンドに上がりました。野手のみんなに助けてもらい無失点で抑えることができました」と納得の表情だった。

出典:サンスポ

6回の裏 ヤクルトの攻撃

武岡選手が3安打3打点、守備でもファインプレー

3-0で迎えた6回二死満塁の場面でプロ初タイムリーとなる内野安打を放ち、この試合3安打3打点の大活躍を見せた。

出典:The Sporting News

本日のヒーロー

小澤怜史投手

--プロ2勝目。連敗の中での登板だった

「本当にチームも苦しい状況ですけど、やっぱり僕自身もっとアピールしていかないといけない立場なんで、絶対抑えてやるっていう気持ちで立ちました」

-三回までに7つの奪三振

「先発というよりは、投げる1人目っていう感じで、最初から飛ばしていこうっていう話をしていたんで、それがいい結果になりました」

--四回からは粘りの投球

「守備の人がいいプレイしてくれても、武岡がゲッツーとかしてくれたので、そのおかげで0点で抑えられたと思います」

--同じくヒーローの武岡へひと言

「ありがとう」

--松元監督代行が初勝利

「チームとしては、苦しい時期ですけど、ひとりひとりがくらいついて戦っていこうとやっているので、皆さん、これからも応援よろしくお願いします」

--ファンに皆さんに向かって

「今日の勝利で、波に乗って、明日から連勝していけるように頑張りたいと思うので、明日も応援よろしくお願いします」

出典:サンスポ

武岡龍世選手

--6連敗で迎えた神宮。どんな思いで

「こういう状況の中で、自分のできることをしっかりやって、勝ちに貢献できればいいなっていうふうに思って、スタメンから頑張ろうと思ってました」

--二回にプロ初打点

「僕の中では1打席、1打席がアピールだと思ってたので、あんまり覚えてないんですけど、とりあえず食いつくぐらいのイメージで打席に立ちました」

--五回にプロ初の三塁打

「打った瞬間、スリーベース行けるかなと思っていて、走ってたら行けそうだったので、一生懸命走ったっていう感じです」

--五回守備でもみせた

「守備にはこだわりを持って頑張っていきたいと思ってるので、それに関してはすごくうれしいです」

--初めてのヒーロー

「今まで僕の成長を手伝ってくれた皆さん、本当にありがとうございます」

--改めて自己紹介を

「背番号60の武岡です。長岡とは間違えないでください」

出典:サンスポ

ハイライトムービー

次の試合村上選手がスリーラン 巨人に2連勝でカード勝ち越しを決める!

続きを見る

前の試合オスナ&サンタナがアベックホームラン サンタナ「復帰して早い段階で本塁打を打てて良かった。村上に負けないように、どんどん打っていけるように」

続きを見る

おすすめ記事

吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」

写真:日刊スポーツ 吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」  ヤクルト吉村貢司郎投手(26)が、23日の広島戦(神宮)で9連戦の先陣を切る。今季は先発した3試合ともに6回以上投げ、1勝1敗、防御率2・84と安定。 順番通りなら20日のDeNA戦だったが、ローテ再編で中9日で大事な9連戦の初戦を任された。    この日は神宮外苑で最終調整し「しっかりと自分のピッチングをして、勝ちにつなげられればいいなと思います」と意気込んだ。 出典:日刊スポーツ     NEWS

ReadMore

小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ

写真:サンスポ 小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ  巻き返しのピースがそろい始めた。上半身のコンディション不良で離脱していたヤクルト・小川泰弘投手(33)が22日、1軍に合流。神宮外苑で行われた投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。  「けがをしたことはすごく残念ですが、必要な時間だと自分に言い聞かせてトレーニングしてきた。ここからが大事だと思う。1試合でも多くいい投球ができるように」 「結果を恐れずに投げていきたい」  チームは23日の広島戦(神宮)から9連戦が予定されている。前半戦 ...

ReadMore

2024年4月21日(日) vs DeNA

    村上選手が4号ソロを放つも、序盤の失点が響き、3対8で敗戦。      スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 3 4 0 1 0 0 0 0 0 8 8 0 ヤクルト 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3 5 0 責任投手 勝利投手 DeNA 大貫 (1勝3敗0S) 敗戦投手 ヤクルト ヤフーレ (3勝1敗0S) セーブ   本塁打 DeNA 牧 2号(4回表ソロ) ヤクルト 村上 4号(4回裏ソロ) バッテリー DeNA 大貫、松本凌、中川颯 - 伊藤 ヤ ...

ReadMore

丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667

写真:サンスポ 丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667  ヤクルト・丸山和郁外野手(24)が6点を追う八回2死一、三塁の好機に代打で登場し、中前への適時打をマークした。下手投げ右腕の中川の初球を捉えた。   「きた球にタイミングを合わせることに集中しました」  「無心で打席に入りました。頑張って打とうという気持ちはもちろんありますけど、そういう気持ちを抑えて、欲を出さないように。きた球にタイミングを合わせることに集中しました」    チームは2連敗。最下位で波に乗り切れない ...

ReadMore

山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打

写真:サンスポ 山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打  雨が降る神宮で必死に声援を送るファンの期待に応える一打だった。  下半身のコンデイション不良から20日に1軍復帰して2戦目のヤクルト・山田哲人内野手(31)が、二回に復帰後初安打となる左前適時打をマーク。今季初打点を挙げた。   「点差があるので1点ずつみんなで返していきます」  2試合続けて「6番・二塁」で先発出場。0-7の二回無死一、二塁で迎えた第1打席だった。  力強い「やまーだてつと」コールが球場 ...

ReadMore

-試合結果
-, ,