〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

村上宗隆が史上最年少40号本塁打到達 高津監督「大きな意味がある。ずっと見てきたぼくにとってもちょっとうれしかったです。」

ヤクルトは3点を先制された直後の5回、バッテリーエラーを見逃さず1点を返す。

続く6回にはサンタナが特大のソロホームランを放ち1点差に追い上げる。

しかし、直後の6回裏にエラーが絡み2-6とリードを4点差に広げられる。

8回には村上宗隆が史上最年少での40号ホームランを放つものの、打線のつながりを欠き、今季初の6連敗を喫した。

スコアボード

 
ヤクルト000011010381
広島00030300X680

責任投手

勝利投手広島 野村 (2勝1敗0S)
敗戦投手ヤクルト サイスニード (6勝4敗0S)
セーブ広島 栗林 (0勝1敗22S)

本塁打

ヤクルトサンタナ 12号(6回表ソロ)
村上 40号(8回表ソロ)
広島西川 7号(4回裏3ラン)

バッテリー

ヤクルトサイスニード、久保、山本、金久保 - 中村
広島野村、中﨑、一岡、矢崎、ターリー、栗林 - 會澤

メディアレポート

6回の表 ヤクルトの攻撃

サンタナ反撃の特大弾 村上倒れた直後に左翼席上段へ12号ソロ

6回、ソロを放つサンタナ

6回にサンタナの一発で反撃ののろしを上げた。

1―3と2点を追う6回は山田、村上がともに倒れた2死走者なしから、広島・中崎の初球。

高めに入った変化球をフルスイングすると、打球は左翼席上段に飛び込む12号ソロとなり1点差に迫った。

6連敗を阻止し、両リーグ最速の60勝を目指すチームに勢いをもたらす特大弾となった。

出典:スポニチアネックス

https://twitter.com/Ds_Swallows_out/status/1557683015471726592?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Etweet

8回の表 ヤクルトの攻撃

ヤクルト・村上宗隆が最年少40号到達

8回、今季40号となるソロ本塁打を放つヤクルト・村上宗隆

ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が八回に広島・5番手の左腕ターリーから右越えに40号ソロを放った。

22歳シーズンでの40号到達は1963年の巨人・王貞治、85年の西武・秋山幸二(ともに最終40本)の23歳シーズンを抜く最年少記録となった。

村上は昨季の39本を上回る自身最多となり、さらに、今季中にあと6本に迫る通算150号に到達すれば、清原和博(西武)が持つ史上最年少記録(22歳11カ月)を更新する。

出典:サンスポ

 

試合後

ヤクルト・高津監督が村上宗隆の最年少40号に「大きな数字。大きな意味がある」

ヤクルト・高津臣吾監督

ヤクルトは今季ワーストとなる2度目の6連敗。ただ八回に村上宗隆内野手(22)が最年少記録を更新する22歳シーズンでの40本塁打を放った。プロ1年目から2軍監督として見守ってきた高津臣吾監督(53)は「僕もうれしかった」と若き主砲の偉業達成を祝った。

――一回から三回までの攻撃で先頭を出したが得点につながらなかった

「なんとか先にと思って中村をバントさせたり、いろいろ考えたんだけど。塩見のスチールがあったりね。一本がでなかったですね。この3連戦すべてでスコアリングにおいて全部凡退したので、18打席0かな? タイムリーがなかったので。そこの差というかねそれだけじゃないけども、点が入らなかった要因かなと思いますね」

――広島と同じ8安打を打ちながら

「同じだけ打ったから同じだけ点が入るわけでもないけれど、連打が、3連戦で3回しかなかったのかな。と長打が3本しかなかったのと、いろんなことが点につながっていない要因ですね」

――サイスニード含め、粘って我慢しての姿勢は見える

「立ち上がりがよかっただけにね、先に本当に点とってと思ったんだけれど、3ボールからの一発と、小園選手の初球に打たれたあそこで、すべて構えたところにいくわけではないだろうけれど、ちょっとミスした球が、失点につながったかなと思いますね。でも調子自体はそんなに悪いとは思わなかったですけれど」

――村上が最年少で40本塁打

「こういう試合じゃなくて、できれば勝ち試合でね、打つのが一番よかったのかもしれないけど、僕は1年目からムネ(村上)を見ていて、いずれそのような選手になってほしいと思ってずっと見てきたので、僕はバッターじゃないからよくわからないけど、40本というね、区切りというのはホームランバッターにとってはすごく大きな数字だと思うし、それを最年少で達成したというのはすごく大きな意味があるのかなと。ずっと見てきたぼくにとってもちょっとうれしかったです」

出典:サンスポ

ハイライトムービー

https://www.youtube.com/watch?v=aRvHV5fWBr0

前の試合青木宣親が2安打・犠飛・3出塁の活躍も5連敗を喫する 高津監督が連敗ストップへ打線に期待「のんびりしてられない」

続きを見る

おすすめ記事

村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」

写真:サンスポ 村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、一回2死一塁の第1打席にバックスクリーン左へ12号2ランをたたき込んだ。    【 村 神 様 降 臨 】本塁打ランキング独走!村上宗隆が第12号先制ホームラン! pic.twitter.com/Mke1V6AFsy— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) May 24, 2024  中日先発・涌井が投じた初球、135キロのシンカーを完璧に捉え「とにかく先制したかった ...

ReadMore

山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」

写真:サンスポ 山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」  山崎晃大朗外野手(30)が1軍に合流。今季初めて出場選手登録され、「1番・右翼」に名を連ねた。9年目の今季は春季キャンプを2軍でスタート。イースタン・リーグでは26試合に出場し、打率・221だった。    自分はよくも悪くも空気が読めないので、ハツラツとやっていきたい  同じ外野手である塩見が故障で離脱し、丸山和は脳振盪(しんとう)特例措置で23日に出場選手登録を外れた。緊急事態で声がかかり、「いつ連絡がきてもい ...

ReadMore

2024年5月23日(木) vs DeNA

DeNAは1-0で迎えた4回表、オースティンのソロなどで2点を追加する。 続く5回にはオースティンがこの日2本目となる適時打を放ち、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、打線が終盤に追い上げを見せるも及ばなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 1 0 0 2 1 0 0 0 1 5 11 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3 10 0   責任投手 勝利投手 DeNA 石田健 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (1勝2敗0S) セ ...

ReadMore

高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」

写真:サンスポ 高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」  ヤクルト・高橋奎二投手(27)が約1カ月ぶりに先発し、4回⅓を7安打4失点で2敗目を喫した。    序盤から3四死球を与えてピンチを広げ「真っすぐでカウントがとれなかった。変化球もストライクが入っていなかったし、そこが反省点」と唇をかんだ。    高津監督は「解説のしようがない。打たれた走者を四球で進塁させ、失点につなげてしまう。ピッチングとしてはちょっとレベルが低い」と苦言を呈した。 出典:サンスポ    

ReadMore

橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点

写真:サンスポ 橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点  ヤクルトの育成選手、橋本星哉捕手(23)が支配下登録される方針であることが23日、分かった。近日中にも球団と支配下登録を結ぶとみられる。    身長178㌢と小柄ながら強肩強打  橋本は、大阪・興国高から中央学院大に進み、2023年育成ドラフト1位で入団。身長178㌢と小柄ながら強肩強打の持ち主で、1年目の昨季はイースタン・リーグで70試合に出場し、打率・282、2本塁打、14打点。オフシーズンは長 ...

ReadMore

-試合結果
-,