〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

塩見泰隆が連夜の猛打賞もマジック再点灯は明日にお預け!チームは大敗も粘りを見せる!

ヤクルト先発のサイスニードは3回、広島打線につかまり自己ワーストの9失点を喫する。

急遽リリーフに上がった二番手・山本大貴も流れを止められず、この回12点を失う。

それでも選手たちはあきらめていなかった。

4回、先頭の村上宗隆がツーベースで出塁すると、4人のタイムリーで一挙6点を奪いかえす。

7回からは大西広樹がマウンドにあがり、9回までを無失点に抑える好投を披露するが、点差を縮めることができず7-15で敗戦した。

スコアボード

 
広島001200300015201
ヤクルト1006000007111

責任投手

勝利投手広島 森浦 (2勝5敗0S)
敗戦投手ヤクルト サイスニード (8勝6敗0S)
セーブ 

本塁打

広島堂林 8号(3回表3ラン)
坂倉 14号(3回表3ラン)
上本 1号(3回表ソロ)
ヤクルト 

バッテリー

広島野村、島内、森浦、松本、ターリー、ケムナ、矢崎 - 會澤
ヤクルトサイスニード、山本、今野、大西 - 中村、内山壮

 

メディアレポート

3回の表 広島の攻撃

ヤクルトは15失点大敗も打線は猛打健在 11日のDeNAとの直接対決でマジック点灯だ!

4回の攻撃を前に円陣を組むヤクルトナイン

 悪夢のイニングとなった。ヤクルト・サイスニード投手(29)が2回⅔を10安打9失点。ゲームメークができず、来日最短のKOとなった。

 長い、長い三回だった。毎回安打を許しながらも最速152キロの直球を軸に粘りの投球で二回まで無失点に抑えていたが、先頭の野間に中前打を浴びると流れを止められず、投手の野村にも右前2点打を許すなど、大炎上した。

 2番手の山本も勢いを止められず、上本にプロ10年目の初本塁打を浴びるなど2本塁打を許して今季最多の1イニング12失点となった。

 サイスニードは自身2連勝中で、前回2日の中日戦(神宮)ではチーム最多タイの8勝目をマーク。今季の広島戦は試合前時点で4試合に登板し2勝1敗、防御率2・10と好相性だった。

 リーグ連覇のかかる最後の1カ月に向けて「救援陣に負担をかけないようになるべくイニング数を稼いで、チームを助けていきたい」と意気込んでいたが、悔しいマウンドになった。

出典:サンスポ

4回の裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルト・塩見泰隆が2試合連続の猛打賞 大敗の中でも燕のリードオフマンは気を吐く

ヤクルト・塩見泰隆は2試合連続の猛打賞

ヤクルト・塩見泰隆外野手(29)が意地を見せた。四回に3―12と追い上げる中、1死満塁から中前の2点適時打を放った。

「打ったのはシュートです。良い流れだったのでとにかく後ろに繋ぐ意識でコンパクトに打ちました」。

大敗の中で3安打2打点と気を吐いた。前日9日の広島戦も、1本塁打を含む3安打3打点だった。燕のリードオフマンは好調を維持している。

出典:サンスポ

6回の裏 ヤクルトの攻撃

山崎選手が2安打2打点を挙げる 

山崎選手が2安打2打点を挙げる

山崎選手は2安打2打点の活躍を見せ、存在感を示しました。

出典:東京ヤクルトスワローズ公式HP

7回の表 広島の攻撃

大西投手が3回無失点

3回を投げ無失点と好投した大西投手

大西投手は7回から4番手として登板すると、3回無失点に封じる好リリーフを見せました。

出典:東京ヤクルトスワローズ公式HP

ハイライトムービー

次の試合首位攻防戦を制しマジック11再々点灯!ライアン小川が投打に活躍・7回無失点&V打!最短Vは9・18

続きを見る

前の試合久保拓真投手がプロ初勝利! 高津監督「開き直って投げられるようになってきた。これが成長」

続きを見る

おすすめ記事

村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」

写真:サンスポ 村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、一回2死一塁の第1打席にバックスクリーン左へ12号2ランをたたき込んだ。    【 村 神 様 降 臨 】本塁打ランキング独走!村上宗隆が第12号先制ホームラン! pic.twitter.com/Mke1V6AFsy— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) May 24, 2024  中日先発・涌井が投じた初球、135キロのシンカーを完璧に捉え「とにかく先制したかった ...

ReadMore

山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」

写真:サンスポ 山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」  山崎晃大朗外野手(30)が1軍に合流。今季初めて出場選手登録され、「1番・右翼」に名を連ねた。9年目の今季は春季キャンプを2軍でスタート。イースタン・リーグでは26試合に出場し、打率・221だった。    自分はよくも悪くも空気が読めないので、ハツラツとやっていきたい  同じ外野手である塩見が故障で離脱し、丸山和は脳振盪(しんとう)特例措置で23日に出場選手登録を外れた。緊急事態で声がかかり、「いつ連絡がきてもい ...

ReadMore

2024年5月23日(木) vs DeNA

DeNAは1-0で迎えた4回表、オースティンのソロなどで2点を追加する。 続く5回にはオースティンがこの日2本目となる適時打を放ち、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、打線が終盤に追い上げを見せるも及ばなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 1 0 0 2 1 0 0 0 1 5 11 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3 10 0   責任投手 勝利投手 DeNA 石田健 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (1勝2敗0S) セ ...

ReadMore

高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」

写真:サンスポ 高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」  ヤクルト・高橋奎二投手(27)が約1カ月ぶりに先発し、4回⅓を7安打4失点で2敗目を喫した。    序盤から3四死球を与えてピンチを広げ「真っすぐでカウントがとれなかった。変化球もストライクが入っていなかったし、そこが反省点」と唇をかんだ。    高津監督は「解説のしようがない。打たれた走者を四球で進塁させ、失点につなげてしまう。ピッチングとしてはちょっとレベルが低い」と苦言を呈した。 出典:サンスポ    

ReadMore

橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点

写真:サンスポ 橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点  ヤクルトの育成選手、橋本星哉捕手(23)が支配下登録される方針であることが23日、分かった。近日中にも球団と支配下登録を結ぶとみられる。    身長178㌢と小柄ながら強肩強打  橋本は、大阪・興国高から中央学院大に進み、2023年育成ドラフト1位で入団。身長178㌢と小柄ながら強肩強打の持ち主で、1年目の昨季はイースタン・リーグで70試合に出場し、打率・282、2本塁打、14打点。オフシーズンは長 ...

ReadMore

-試合結果
-, ,