〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

【試合結果】2023年9月21日(水) vs 中日

塩見選手が勝ち越しの7号満塁ホームランを放つ
塩見選手が勝ち越しの7号満塁ホームランを放つ

 

塩見選手が勝ち越しの7号満塁ホームランを放つも、8対9で逆転負け

ヤクルトは同点に追いつかれた4回、塩見の満塁弾が飛び出し大量リードに成功する。

しかし6回、先発サイスニードが崩れ、逆転負けを喫した。

        

スコアボード

 
中日020106000981
ヤクルト0034010008170

責任投手

勝利投手中日 橋本 (1勝0敗0S)
敗戦投手ヤクルト サイスニード (7勝8敗0S)
セーブ中日 藤嶋 (1勝1敗2S)

本塁打

中日木下 5号(2回表2ラン)
ヤクルト山田 13号(3回裏2ラン)
塩見 7号(4回裏満塁)

バッテリー

中日小笠原、橋本、齋藤、祖父江、福、勝野、藤嶋 - 木下
ヤクルトサイスニード、木澤、石山、阪口、今野 - 古賀

 

  

試合結果

木下選手にツーランを浴び追いかける展開

初回、先発・サイスニード投手は三者凡退に仕留めますが、2回、一死一塁から木下選手にセンターへ5号2ランを運ばれ、2点を先制されます。

 

Twitter

 

山田選手が逆転のツーランを放つ!

2点を追う打線は3回、長岡選手の二塁打で一死二塁とすると、塩見選手がセンターへタイムリー二塁打を放ち、1点を返します。さらに二死後、山田選手がレフトスタンドへ13号2ランを叩き込み、3対2と逆転に成功します。

 

Twitter

山田哲人が逆転のツーラン!

   

塩見選手がバックスクリーンへグランドスラム!

同点に追いつかれた直後の4回裏、オスナ選手、古賀選手、長岡選手の三連打で一死満塁とすると、塩見選手がバックスクリーンへ7号満塁ホームランを放ち、7対3と勝ち越しに成功します。

 

Twitter

塩見泰隆が勝ち越しのグランドスラム

 

悪夢の6回・サイスニード投手が突如乱調  

しかし4点リードの6回、サイスニード投手は二死一、二塁のピンチを招くと、木下選手に2点タイムリー二塁打を浴び、2点を返されます。さらに村松選手にもタイムリーを浴び、1点差とされると、続く代打・宇佐見選手に四球を与え、満塁となったところで2番手・木澤投手にスイッチ。ピンチを切り抜けたい木澤投手でしたが、岡林選手にライトへ3点タイムリー三塁打を浴び、7対9と逆転を許します。

 

山崎選手が1点差に迫るタイムリーヒット!

その裏、打線は一死から塩見選手が安打を放つと、続く山崎選手の二塁打に相手のファンブルも重なり、一走・塩見選手がホームイン。8対9と1点差に迫ります。

 

石山&阪口&今野投手が無失点の好リリーフ

7回、3番手・石山投手は三者凡退に仕留めると、8回は4番手・阪口投手が三者凡退に仕留める投球を見せ、9回、5番手・今野投手は走者を出すも、無失点に抑え、打線に託します。

 

最終回、出塁するも得点が奪えずゲームセット

1点を追う打線はその裏、一死から古賀選手が安打を放つも、後続が倒れ、試合終了。3対3の4回、塩見選手の7号満塁ホームランで勝ち越しに成功するも、6回に逆転を許し、接戦の末、8対9で敗れました。

ハイライト

  

【おすすめ記事】

ヤクルト・小川泰弘のニックネーム「ライアン」の由来

小川泰弘とは 小川 泰弘(おがわ やすひろ、1990年5月16日 - )は、愛知県渥美郡赤羽根町(現:田原市)出身のプロ野球選手(投手)。   右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。背番号は「29」。   2012年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け、11月28日に契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した(金額は推定)。 プロ1年目から大器の片鱗を見せる活躍をする。   リーグ最多勝となる16勝目を挙げ、26登板、16勝4敗、勝率.800、防御率2.93、135奪三振、4完投 ...

ReadMore

2024年5月18日(土) vs 阪神

阪神が投手戦を制した。阪神は4回裏、大山の適時打で試合の均衡を破る。 投げては、先発・ビーズリーは今季初勝利を挙げた。 敗れたヤクルトは先発・ヤフーレが好投を見せるも、打線が援護できなかった。 スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 阪神 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1 4 0   責任投手 勝利投手 阪神 ビーズリー (1勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト ヤフーレ (4勝3敗0S) セーブ 阪神 岩崎 (2勝1敗 ...

ReadMore

田口の1軍復帰戦は1回1安打無失点 開幕翌日の2軍降格から復活も「うかうかしていられない」

写真:スポニチ 田口の1軍復帰戦は1回1安打無失点 開幕翌日の2軍降格から復活も「うかうかしていられない」  ヤクルトの田口麗斗投手(28)が、18日の阪神戦で1軍復帰登板を果たした。1点ビハインドの8回から3番手でマウンドに上がると、先頭の代打・森下にいきなり右前打を浴びた。その後、捕逸で無死二塁と得点圏に走者を背負ったものの、井上を空振り三振、中野は三ゴロ、近本を一ゴロに打ち取って無失点に抑えた。    2月のキャンプ中に左ふくらはぎを痛めて離脱  田口は2月のキャンプ中に左ふくらはぎを痛めて離脱した ...

ReadMore

ヤクルトが阪神に屈辱の零敗 打線が今季最少の3安打に封じられ高津監督は「何とかしないといけない」

写真:スポニチ ヤクルトが阪神に屈辱の零敗 打線が今季最少の3安打に封じられ高津監督は「何とかしないといけない」  ヤクルトが18日、敵地・甲子園で阪神に屈辱の零敗を喫した。  先発のヤフーレは0―0の4回に先頭・中野、近本と連続四球を与え、続く4番・大山に先制の左前適時打を浴びた。  その後は走者を出しながら粘りの投球。4四球と制球が安定しない中でも、6回1/3を3安打1失点でまとめた。  救援陣も星、田口とつないで最少失点に抑えたが、自慢の打線が今季ワーストタイの3安打で無得点と完全に沈黙した。   ...

ReadMore

石山泰稚のニックネーム「石山本願寺」の由来

石山 泰稚とは 写真:サンスポ 石山 泰稚(いしやま たいち、1988年9月1日 - )は、秋田県秋田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。   「糸を引くような球」と表現されるほど美しくコントロールされた直球が武器。    石山本願寺の由来 石山泰稚のニックネームである「石山本願寺」について調べてみると、なぜ彼が「石山本願寺」と呼ばれているのかがわかる。     画像:歴史人 石山本願寺とは、戦国時代初期から安土桃山時代にかけて、大阪に存在した浄土真宗本願寺派の総本山である ...

ReadMore

-試合結果