〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

プロ野球開幕

試合結果

後半戦初戦は黒星発進 支配下登録の赤羽に高津監督「1軍でプレーするのを楽しみにしています」

 

首位攻防戦の初戦は阪神に軍配が上がった。

初回、先発の小川選手は立ち上がりに苦しみ3点を失う。

その後4回には阪神・ロドリゲスにソロを浴び、4回でマウンドを降りた。

奮起したい打線も、阪神先発・西投手に7回4安打に抑えられ、0-6で敗戦した。

スコアボード

 
ヤクルト000000000040
阪神30010002X6121

責任投手

勝利投手阪神 西勇 (7勝6敗0S)
敗戦投手ヤクルト 小川 (5勝5敗0S)
セーブ 

本塁打

ヤクルト 
阪神ロドリゲス 1号(4回裏ソロ)
大山 21号(8回裏ソロ)

バッテリー

ヤクルト小川、久保、木澤、コール、今野 - 中村
阪神西勇、加治屋、渡邉、岩貞 - 梅野

メディアレポート

6回の裏 阪神の攻撃

木澤投手が好リリーフ

好リリーフをみせた木澤投手

木澤投手は6回途中から3番手として登板すると、ロドリゲス選手を外野フライに打ち取る好リリーフを見せました。

出典:東京ヤクルトスワローズ公式HP

7回の表 ヤクルトの攻撃

オスナ選手が2塁打を放ちチャンスメイク

オスナ選手が二塁打を放つ

オスナ選手は7回に二塁打を放ち、チャンスを演出しました。

出典:東京ヤクルトスワローズ公式HP

試合後

【指揮官一問一答】ヤクルトはマジック消滅 高津監督は4回4失点の小川に「油断と隙しかなかった」

選手交代を告げたヤクルト・高津臣吾監督

ヤクルトは今季6度目の零封負けを喫し、優勝へのマジックナンバーが消滅した。先発の小川泰弘投手(32)が4回7安打4失点で5敗目。高津臣吾監督(53)も厳しい言葉を並べた。以下、高津監督のコメント。

――先発の小川は立ち上がりにつかまった

「もう少しガッと行ってくれるかなと思ったんだけど、キレもなかったね。油断と隙しかなかったね」

――期待していた部分も大きかった

「非常に期待していました」

――打線も散発4安打で無得点

「(阪神先発の西は)球が低かったので、打球がなかなか上がらなくて、そうやってゴロアウトをたくさん積み重ねられたというのは、向こうの投球が上だったのかなと。いろいろ対策はして、ゲームには挑んだんですけど、うまくいかなかったですね。三塁までもいけなかったので。また違った対策が必要だと思います」

――青木、清水、田口を昇格させた。メンバーが戻ってきていることはプラス

「そうですね。メンバーがそろいつつあるのはいいことだと思いますけど、まだ万全ではない。当分は苦しいというか、そういう感じにはなると思いますね。状態を見ながらの起用になると思います」

――山田が五回の守備から途中交代。まだ状態を見て出場させている段階

「その通りです」

――トレードでロッテから左腕の山本を獲得。評価と期待は

「ざっくりとしてなんですけど、非常に期待しています。勝つための大きな戦力だと思っているので、早くチームに合流してもらって勝つための一人になってほしいなと思います。坂本に関してはこれもチャンスだと思うので、両チームの期待に応えられるトレードであってほしいなと思います」

――山本は中継ぎで起用

「もちろんそうです」

――赤羽が支配下登録された。期待は

「生き残るためにいろいろなポジションであったり、必要なものはたくさんあって、彼にあったプレースタイルをこれからしっかり発揮して、1軍のメンバーに入ってくれることを望んでいます。育成から支配下になるのはすごく難しいことであり、それを達成できたので、ぜひ今度は1軍でプレーするのを楽しみにしています」

出典:サンスポ

ハイライトムービー

次の試合後半戦連敗スタートでも前を向く高津監督「しんどい中よく頑張っている。いろいろ考えながらまたやっていきたい」

続きを見る

前の試合サイスニード、山田哲人の援護弾に感謝「ヤマダ、ダイダイダイスキ!!」

続きを見る

おすすめ記事

新加入の西川遥輝がオープン戦からアピール成功!

ベースボールキング ヤクルトに新加入の西川遥輝がオープン戦からアピール成功!江本孟紀氏「十分にスタメン取れるくらいの打撃をしていますね」と活躍に熱視線  24日に沖縄・浦添で行われたヤクルト対阪神のオープン戦で、楽天から加入した西川遥輝がマルチヒットでアピールに成功。高津臣吾監督も「出塁してくれることは非常に大きいですね。今日の打順でいうとクリーンアップが待っているわけですから、得点につながる機会も多くなるでしょうし。彼は色々プレッシャーをかけられる選手なので、非常にいい2安打だったと思いますね」と高評価 ...

ReadMore

村上宗隆がバックスクリーン場外弾で打ち上げ 「シーズンで活躍するための準備はできた」

サンスポ 村上宗隆がバックスクリーン場外弾で打ち上げ 「シーズンで活躍するための準備はできた」  豪快に締めた!! V奪回を目指すヤクルトは28日、1軍の沖縄・浦添キャンプを打ち上げた。村上宗隆内野手(24)はフリー打撃で33スイング中8本の柵越えをマーク。うち1本は、バックスクリーンの上で跳ねて場外に消えていく特大弾だった。リーグ5位からの巻き返しへ、主砲の活躍は必要不可欠。2度目の三冠王達成へ「完璧ではないですけど、シーズンで活躍するための準備はできた」とうなずいた。     土台固めは済んだ。さらに ...

ReadMore

高津監督のキャンプ総括は50点 「さらに厳しく、体も心も強く鍛えていかないといけない」

サンスポ 高津監督のキャンプ総括は50点 「さらに厳しく、体も心も強く鍛えていかないといけない」  ラストサバイバルだ!! ヤクルト・高津臣吾監督(55)が沖縄・浦添キャンプを打ち上げて総括。田口や奥川ら故障での離脱者を出したことで「50点」と振り返り、開幕に向けての危機感を募らせた。  「やり残したこともたくさんある。これで満足しているようではなかなかシーズンで勝つことは難しい。さらに厳しく、体も心も強く鍛えていかないといけない」    3月29日の中日との開幕戦(神宮)に向けて「最後の1週間はフル(メ ...

ReadMore

浦添キャンプを打ち上げ 選手会長の清水昇「リーグ優勝と日本一」

サンスポ 浦添キャンプを打ち上げ 選手会長の清水昇「ヤり返せ!という思いを胸にセ・リーグ優勝と日本一」  ヤクルトが28日、沖縄・浦添キャンプを打ち上げた。選手会長の清水昇投手を中心に手締めを行った。  充実の1か月を終えたチームを代表して清水があいさつした。  「皆さんキャンプ、お疲れ様でした。このキャンプを無事過ごすにあたって松本市長をはじめ浦添市の関係者の皆様、ホテル関係者の皆様、球場スタッフの皆様のおかげでやることができました。次に技術向上に付き添ってくださった、監督、コーチ、裏方さん、選手の体を ...

ReadMore

新外国人・エスパーダが本領発揮 田口離脱の危機にアピール合戦が過熱

サンスポ 新外国人・エスパーダが本領発揮 田口離脱の危機にアピール合戦が過熱  俺こそが守護神だ!! ヤクルトは27日、韓国・KIAと練習試合(浦添)を行い、5―1で勝利した。五回からは石山泰稚投手(35)、清水昇投手(27)、新外国人のホセ・エスパーダ投手(27)=前パドレス=が1イニングずつ登板。昨季33セーブを挙げた抑えの田口麗斗投手(28)が故障で離脱しているだけに、ポジション争いは必至。高津臣吾監督(55)は明言を避けたが、抑えの座をかけた戦いが過熱する。    今は何も考えていないです  誰が ...

ReadMore

-試合結果
-,