〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

【試合結果】2023年9月8日(金) vs DeNA

石川投手が6回1失点の好投

 

ヤクルト先発の石川は初回に1点を失うものの、その後は粘りの投球で6回を投げ切る。

打線は8回、内山の3塁打と宮本の犠牲フライで同点に追いつく。

その後再三のチャンスを作るものの得点を奪えず、延長10回にサヨナラ打を許し敗戦を喫した。

       

スコアボード

 10
ヤクルト0000000100170
DeNA1000000001X2100

責任投手

勝利投手DeNA 上茶谷 (4勝3敗0S)
敗戦投手ヤクルト 阪口 (0勝2敗0S)
セーブ 

本塁打

ヤクルト 
DeNA知野 2号(1回裏ソロ)

バッテリー

ヤクルト石川、清水、木澤、石山、阪口 - 古賀、中村、内山
DeNA平良、ウェンデルケン、森原、伊勢、上茶谷 - 伊藤、山本

 

  

試合結果

延長10回に及ぶ熱戦の末、1対2でサヨナラ負け

スワローズは初回、澤井選手の安打、村上選手の四球などで二死一、二塁のチャンスを作りますが、後続が倒れ、先制点とはなりません。

 

その裏、先発・石川投手は一死から知野選手に左中間へ2号ソロを運ばれ、先制点を許します。

  

石川投手は6回1失点の好投を披露

石川投手は3回、5回と得点圏に走者を背負うなど苦しい投球となりますが、粘りを見せ、6回1失点に抑えます。

 

Twitter

 

石川投手が6回6安打1失点に抑える粘りの投球
石川投手が6回6安打1失点に抑える粘りの投球
(画像:東京ヤクルトスワローズ公式)

 

清水投手が2番手で登板 無失点に抑える好投

7回、2番手・清水投手がマウンドへ。先頭・伊藤選手に安打を打たれるも、後続を打ち取り、無失点に抑えます。

   

内山選手のスリーベースと宮本選手の犠牲フライで同点に追いつく

1点を追う打線は8回、先頭・内山選手が三塁打を放つと、一死後、宮本選手のセンターへの犠牲フライで1対1の同点に追いつきます。

 

宮本選手が同点の犠牲フライを放つ
宮本選手が同点の犠牲フライを放つ
(画像:東京ヤクルトスワローズ公式)

  

8回 木澤投手が無失点に抑え打線の援護を待つ

その裏、3番手・木澤投手は一死から走者を出すも、無失点に封じます。

 

チャンスを作るもあと一本が出ず

1対1の9回、打線は長岡選手の安打などで一死一、二塁としますが、後続が倒れ、勝ち越しとはなりません。

  

9回裏 石山投手が無失点に抑え延長戦に突入

その裏、4番手・石山投手は先頭・大和選手に安打を打たれるなど、二死一、二塁のピンチを背負いますが、桑原選手を空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けます。試合は1対1のまま、延長戦に突入します。

  

打線は10回、二死から宮本選手の安打、村上選手の四球で一、二塁としますが、後続が倒れ、得点を奪えません。

  

大和選手にサヨナラ打を許しゲームセット

その裏、5番手・阪口投手は一死から佐野選手に四球、牧選手に二塁打を打たれるなど、満塁とされると、大和選手にライトへタイムリーを浴び、1対2でサヨナラ負け。

   

ハイライト

 

       

【おすすめ記事】

ヤクルト・小川泰弘のニックネーム「ライアン」の由来

小川泰弘とは 小川 泰弘(おがわ やすひろ、1990年5月16日 - )は、愛知県渥美郡赤羽根町(現:田原市)出身のプロ野球選手(投手)。   右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。背番号は「29」。   2012年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け、11月28日に契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した(金額は推定)。 プロ1年目から大器の片鱗を見せる活躍をする。   リーグ最多勝となる16勝目を挙げ、26登板、16勝4敗、勝率.800、防御率2.93、135奪三振、4完投 ...

ReadMore

2024年5月18日(土) vs 阪神

阪神が投手戦を制した。阪神は4回裏、大山の適時打で試合の均衡を破る。 投げては、先発・ビーズリーは今季初勝利を挙げた。 敗れたヤクルトは先発・ヤフーレが好投を見せるも、打線が援護できなかった。 スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 阪神 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1 4 0   責任投手 勝利投手 阪神 ビーズリー (1勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト ヤフーレ (4勝3敗0S) セーブ 阪神 岩崎 (2勝1敗 ...

ReadMore

田口の1軍復帰戦は1回1安打無失点 開幕翌日の2軍降格から復活も「うかうかしていられない」

写真:スポニチ 田口の1軍復帰戦は1回1安打無失点 開幕翌日の2軍降格から復活も「うかうかしていられない」  ヤクルトの田口麗斗投手(28)が、18日の阪神戦で1軍復帰登板を果たした。1点ビハインドの8回から3番手でマウンドに上がると、先頭の代打・森下にいきなり右前打を浴びた。その後、捕逸で無死二塁と得点圏に走者を背負ったものの、井上を空振り三振、中野は三ゴロ、近本を一ゴロに打ち取って無失点に抑えた。    2月のキャンプ中に左ふくらはぎを痛めて離脱  田口は2月のキャンプ中に左ふくらはぎを痛めて離脱した ...

ReadMore

ヤクルトが阪神に屈辱の零敗 打線が今季最少の3安打に封じられ高津監督は「何とかしないといけない」

写真:スポニチ ヤクルトが阪神に屈辱の零敗 打線が今季最少の3安打に封じられ高津監督は「何とかしないといけない」  ヤクルトが18日、敵地・甲子園で阪神に屈辱の零敗を喫した。  先発のヤフーレは0―0の4回に先頭・中野、近本と連続四球を与え、続く4番・大山に先制の左前適時打を浴びた。  その後は走者を出しながら粘りの投球。4四球と制球が安定しない中でも、6回1/3を3安打1失点でまとめた。  救援陣も星、田口とつないで最少失点に抑えたが、自慢の打線が今季ワーストタイの3安打で無得点と完全に沈黙した。   ...

ReadMore

石山泰稚のニックネーム「石山本願寺」の由来

石山 泰稚とは 写真:サンスポ 石山 泰稚(いしやま たいち、1988年9月1日 - )は、秋田県秋田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。   「糸を引くような球」と表現されるほど美しくコントロールされた直球が武器。    石山本願寺の由来 石山泰稚のニックネームである「石山本願寺」について調べてみると、なぜ彼が「石山本願寺」と呼ばれているのかがわかる。     画像:歴史人 石山本願寺とは、戦国時代初期から安土桃山時代にかけて、大阪に存在した浄土真宗本願寺派の総本山である ...

ReadMore

-試合結果