〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

コロナ禍のヤクルト2年ぶり5連敗 サンタナが1軍復帰即活躍も

離脱から復帰したサンタナ選手がマルチ安打を放った

令和4年7月17日(日)東京ヤクルトスワローズは、横浜スタジアムで横浜DeNAベイスターズと対戦しました。

初回、2死3塁のチャンスで4番村上選手がタイムリーツーベースを放ち、先制に成功します。

長期離脱から復帰したサンタナ選手がヒットでつなぐと、6番オスナ選手がセンターへタイムリーを放ち、この回2点を先制します。

しかし、先発のサイスニード投手は投球に精彩を欠き、4回を5失点でマウンドを降りると、続く2番手宮台選手もDeNA打線につかまり、失点を許します。

その後、7回からは久保投手が2回を無失点に抑えるなどリリーフ陣が好投しましたが、2-10で敗北しました。

スコアボード

 
ヤクルト200000000280
DeNA10400500X10150

責任投手

勝利投手DeNA 濵口 (4勝3敗0S)
敗戦投手ヤクルト サイスニード (4勝3敗0S)
セーブ 

本塁打

ヤクルト 
DeNA桑原 2号(1回裏ソロ)

バッテリー

ヤクルトサイスニード、宮台、杉山、久保 - 古賀
DeNA濵口、入江、砂田、三上 - 戸柱

メディアレポート

 

1回の表 ヤクルトの攻撃

村上宗隆が今季84打点で前半戦の球団新記録 一回に先制適時二塁打!

村上宗隆内野手(22)が一回2死三塁で先制の右翼線適時二塁打

「先制のチャンスだったので強引にいかずコンパクトに打ちました」と振り返った。

オールスター前の前半戦で84打点とし、16日に並んだ2003年のラミレスの83打点(シーズン最終124打点)を抜いて球団最多記録に。最終的にシーズン141打点ペースだ。松元監督代行も「厳しい配球をされる中で、あそこで打てるのは、さすがの村上ですね」とたたえた。

出典:サンスポ

コロナ禍のヤクルト2年ぶり5連敗 サンタナが1軍復帰即活躍も

一回に遊撃内野安打を放つヤクルト・サンタナ

苦しい状況が続くヤクルトに、心強い助っ人が帰ってきた。2軍で調整していたドミンゴ・サンタナ外野手(29)が1軍に昇格し、「5番・右翼」で先発出場。1点を先制した直後の一回2死二塁では遊撃内野安打を放ち、好機を広げた。

チームは多数の新型コロナウイルス感染者が出て、青木や山田、塩見ら主力を欠いている。試合前の直近3試合では計6得点と得点力不足を露呈。若き4番・村上が打つ以外はなかなか得点パターンがなかっただけに、助っ人の1軍復帰はこの上ない朗報だ。

サンタナは4月上旬に下半身のコンディション不良で登録を抹消され、同下旬に米国で左半月板のクリーニング手術を受けた。7月上旬に再来日した際には「ワクワクしています。一日も早くチームの力となれるよう頑張ります」とコメント。その後は、ファームで調整を続けてきた。

コロナ禍で2軍戦も中止が相次ぎ、実戦出場のないまま迎えた1軍でのぶっつけ本番。それでも、松元監督代行が「リハビリ段階では、いつ1軍に来てもいいぐらいの段階には上がってきている」と状態の良さを明かしていた通り、2打席目の四回先頭では左前打を放つなど健在ぶりを見せた

出典:サンスポ

7回の裏 DeNAの攻撃

久保投手が2回無失点

 

久保投手は7回途中から4番手として登板すると、2回を無失点に封じる投球を見せました。

出典:東京ヤクルトスワローズ公式HP

ハイライトムービー

次の試合オスナ&サンタナがアベックホームラン サンタナ「復帰して早い段階で本塁打を打てて良かった。村上に負けないように、どんどん打っていけるように」

続きを見る

前の試合村上31号2ラン!降雨で一時中断後に打った瞬間、確信のアーチ

続きを見る

おすすめ記事

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-試合結果
-,