〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

面白い記事

ヤクルトで流行の「謎のポーズ」由来まとめ 塩見泰隆が発案者

2022交流戦の最中、「謎のポーズ」が大流行

2022年シーズン交流戦は、東京ヤクルトスワローズが14勝4敗で全チームに勝ち越す「完全優勝」を果たした。

また、18試合制となった2015年以降では歴代最高勝率(.778)を記録した。

その交流戦の最中、とある謎のポーズがチームで流行し始めた。

ホームランを打つと謎のポーズでお出迎え 出典:ヤフーニュース

選手が本塁打を打つ度に、ベンチで選手やコーチが一斉に親指、人さし指、中指で指鉄砲のような形を作り、エアハイタッチをする。

いったいいつ、誰が始めたものなのだろうか。

オスナ選手を謎のポーズで迎えるベンチ 出典:サンスポ

山田選手もやっている 出典:ヤフーニュース

5月28日の楽天戦で初登場

最初にこのポーズが確認されたのは、5月28日(土)、東北楽天ゴールデンイーグルスとの交流戦。

この日は塩見泰隆選手が3打席連続ホームランを達成するなど、効果的に得点を重ねて8-1で勝利した試合だった。

参考3打席連続弾の塩見泰隆「交流戦での優勝を目指して頑張りたい」

続きを見る

初回のヤクルトの攻撃、先頭バッターの塩見選手が先制のソロホームランを放ち、ベンチに戻ってきた時「謎のポーズ」が初めて確認されました。

先頭打者ホームランで初登場

本塁打を放ちポーズを決める塩見 出典:日刊スポーツ

二打席連続ホームランの時も謎のポーズ

二打席連続本塁打でポーズを決める塩見 出典:デイリー

三打席連続ホームランでも謎のポーズ

三打席連続本塁打でポーズを決めご満悦な塩見 出典:サンスポ

実際の映像

謎のポーズの由来は「特に意味はない」

6月12日にスポーツ報知がこんな記事を掲載しました。

【ヤクルト】逆転に強いヤクルトから感じる「“高校球児”の『あきらめない気持ち』」担当記者が見た

先制のソロホームランを放ち謎のポーズで高橋投手とタッチする塩見

<一部抜粋>

5月27日の楽天戦(楽天生命)で、塩見が3打席連発を放った際に、突如生まれた親指、人さし指、中指を伸ばした拳銃のような「謎ポーズ」(名前はまだない)。特に意味はなくて…カッコつけてやってみたら、はやっちゃってと笑ったが、すっかりチームの定番となった。高津監督も「常ににぎやか。みんなで(野球を)エンジョイしてます」と目を細める。

出典:スポーツ報知

どうやらカッコつけてやってみたら流行ってしまったそうです(笑)

ポイント

これをチームで流行らせられるのが塩見選手ですね

三打席連続ホームランという偉業をやってのけた塩見選手のポーズですから、他の選手もあやかりたい気持ちがあったのでしょうか。

塩見選手と言えば馬のポーズ

2021年に流行った塩見選手のポーズと言えば、両手を曲げた馬のようなポーズですね。

ヤクルトで流行の謎ポーズ由来は「ゴルシ」?発端塩見に直撃

今季ヤクルトで、両拳を招き猫のように掲げる謎のポーズが流行している。今季途中から塩見が始め、他の選手にも浸透。本塁打を放った選手が、ベンチに戻るときハイタッチ代わりにやってきた。今では高津監督含め、全員でやるのがお決まり。ベンチの明るい雰囲気を作り出している。

人気スマホゲーム「ウマ娘」の登場人物、ゴールドシップの印象的な決めポーズ「ゴルシポーズ」とそっくり。楽天田中将もSNS上でプレーを公言していることもあり、ヤクルト内でも“トレーナー”がいるかと思われた。発端の塩見にポーズについて尋ねると「通称フェラーリのポーズとか、ナポレオンのポーズと言うんですけど」と意外な答えが返ってきた。

偶然が流行を呼んだ。塩見は「最初僕が塁上でガッツポーズをしたときに、手首が曲がっていたんですよ。『ダサいから止めろ』と哲(山田)さんか、ムネ(村上)か慎吾(川端)さんに言われて」と説明した。見栄えを良くするために、片手から両手でのポーズに変えたところ、馬のような形になった。塩見は「僕はフェラーリだと思っているんですけど、慎吾さんはナポレオンだと。馬ポーズでもありますし…」と名称は未確定のままだ。

出典:日刊スポーツ

ポイント

馬のポーズの正式名称は未だないようです

「ウマ娘」のゴルシポーズとは

ゴールドシップとは、「ウマ娘プリティダービー」に登場するキャラクターの一人。

実在した名馬、ゴールドシップを擬人化したキャラクターである。

「ゴルシポーズ」とは、ゲーム内でゴールドシップが1着を取った時にだけ見せてくれる勝利のポーズのこと。

ゴールドシップ

シオミヤスタカ

元ネタの元ネタ

荒ぶるゴールドシップ

一度だけ登場曲をウマ娘仕様にしたことがある

2021年11月1日のシーズン最終戦(VS広島)、第2打席でウマ娘プリティ―ダービーの「ウマ娘-うまぴょい伝説」を登場曲にしている。

ポイント

馬のポーズに正式名称が付く日が来るかもですね!

まとめ

まとめ

  • 謎のポーズは塩見選手考案
  • 謎のポーズの由来は「特になくてカッコつけたら流行った」
  • 塩見選手と言えば馬のポーズ
  • 馬のポーズの正式名称は未だない
  • 今後の塩見選手の活躍に期待!

おすすめ記事

村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」

写真:サンスポ 村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、一回2死一塁の第1打席にバックスクリーン左へ12号2ランをたたき込んだ。    【 村 神 様 降 臨 】本塁打ランキング独走!村上宗隆が第12号先制ホームラン! pic.twitter.com/Mke1V6AFsy— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) May 24, 2024  中日先発・涌井が投じた初球、135キロのシンカーを完璧に捉え「とにかく先制したかった ...

ReadMore

山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」

写真:サンスポ 山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」  山崎晃大朗外野手(30)が1軍に合流。今季初めて出場選手登録され、「1番・右翼」に名を連ねた。9年目の今季は春季キャンプを2軍でスタート。イースタン・リーグでは26試合に出場し、打率・221だった。    自分はよくも悪くも空気が読めないので、ハツラツとやっていきたい  同じ外野手である塩見が故障で離脱し、丸山和は脳振盪(しんとう)特例措置で23日に出場選手登録を外れた。緊急事態で声がかかり、「いつ連絡がきてもい ...

ReadMore

2024年5月23日(木) vs DeNA

DeNAは1-0で迎えた4回表、オースティンのソロなどで2点を追加する。 続く5回にはオースティンがこの日2本目となる適時打を放ち、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、打線が終盤に追い上げを見せるも及ばなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 1 0 0 2 1 0 0 0 1 5 11 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3 10 0   責任投手 勝利投手 DeNA 石田健 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (1勝2敗0S) セ ...

ReadMore

高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」

写真:サンスポ 高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」  ヤクルト・高橋奎二投手(27)が約1カ月ぶりに先発し、4回⅓を7安打4失点で2敗目を喫した。    序盤から3四死球を与えてピンチを広げ「真っすぐでカウントがとれなかった。変化球もストライクが入っていなかったし、そこが反省点」と唇をかんだ。    高津監督は「解説のしようがない。打たれた走者を四球で進塁させ、失点につなげてしまう。ピッチングとしてはちょっとレベルが低い」と苦言を呈した。 出典:サンスポ    

ReadMore

橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点

写真:サンスポ 橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点  ヤクルトの育成選手、橋本星哉捕手(23)が支配下登録される方針であることが23日、分かった。近日中にも球団と支配下登録を結ぶとみられる。    身長178㌢と小柄ながら強肩強打  橋本は、大阪・興国高から中央学院大に進み、2023年育成ドラフト1位で入団。身長178㌢と小柄ながら強肩強打の持ち主で、1年目の昨季はイースタン・リーグで70試合に出場し、打率・282、2本塁打、14打点。オフシーズンは長 ...

ReadMore

-面白い記事
-