〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

石川投手が21年連続の白星!青木選手とおじさんコンビでお立ち台!

令和4年4月23日(土)東京ヤクルトスワローズは、本拠地神宮球場で阪神タイガースと対戦し、1ー0で勝利しました!

スコアボード

 
阪神00000004
ヤクルト0100X13

メディアレポート

1回表 阪神の攻撃

今シーズン初白星をかけて石川投手がマウンドへ。

1アウト満塁のピンチを招きますが、5番ロハス選手をファウルフライ、6番小野寺選手をインコースのストレートで三振に切って取り、無失点に抑えます。

1回裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルトの先頭は太田選手。塩見選手に代わり高らかにファンファーレを鳴らしながら出走します。

結果は見逃し三振に終わりますが、今日は何かやってくれそうな予感がします。

3回表 阪神の攻撃

2アウトから3番佐藤選手の痛烈なライトへのライナーを太田選手がダイビングキャッチ!

ビッグプレーが飛び出します!

4回裏 ヤクルトの攻撃

0-0で迎えた4回裏、好投の石川投手を援護したいヤクルト打線は2番青木選手からの攻撃。

高めのストレートを振りぬき先制のソロホームラン!

40歳青木がようやく今季1号「何とか先に…」先制ソロで先輩石川を援護

一塁ベース前でスタンドインを確認するとガッツポーズで喜びを表し、「(先発の石川が)いいピッチングをしているので、なんとか先に先制してあげたかった。」とコメントした。

出典:ヤフーニュース

先制ソロを放った青木を笑顔で迎える石川

出典:デイリー

5回表 阪神の攻撃

先頭の中野選手に出塁を許します。

続く梅野選手が2-2からランエンドヒットを仕掛けますが、ショート長岡選手の華麗な守備で併殺打に打ち取ります。

6回表 阪神の攻撃

1番近本選手から始まる攻撃を3者凡退に打ち取ります。

石川投手は6回を投げて無失点。勝利投手の権利を持ったままマウンドをリリーフ陣に託します。

石川 史上3人目の新人年から21年連続勝利へ6回無失点の粘投

ヤクルトの石川雅規投手(42)が、今季初勝利を目指して6回3安打無失点の粘投。先発の役割を全うし、マウンドを降りた。

出典:デイリー

8回表 阪神の攻撃

8番梅野選手の1,2間への深い打球をセカンド山田選手が見事なポジショニングでアウトに仕留める!

9回表 阪神の攻撃

守護神マクガフ投手がマウンドに上がります。

見事三者凡退に切って取りゲームセット!

ヒーローインタビュー

出典:ヤフーニュース

青木宣親

――ナイスバッティングでした!歓声がすごいです。ナイスバッティングでした!

 「えっ?ごめん…ほんとに聞こえないっす」(苦笑い)

 ――ナイスバッティングでした

 「えっ?」

 ――ナイスバッティングでした!

 「ありがとうございまぁ~~~す!!!ありがとう~~~!みんな、ありがとう~っ!めちゃめちゃうれしいで~す!」

 ――ズバリ、聞きたいと思います。4回、先頭で回ってきた打席。打った感触はどうだったんでしょう?

 「いやぁ~あの。長らくホームラン打ってなかったんで。ちょっとお願い…入って!入って!って思いながら走ってました。ま、良かったです、入って、はい」

 ――まさにあの1本が決勝点ということになりましたが、きょうは石川投手がナイスピッチングを続けていました。やっぱり勝ちを付けたいという思いもあったんじゃないですか?

 「いや、もちろんですね。ほんと、クラブハウスでもロッカー隣で。なかなか勝てない石川さんをね、ちょっとこう…元気のない石川さん見てたんで。なんか、きょう良かったです、ほんと。石川じいさんのために頑張りました!

 ――ダイヤモンドを一周してベンチに帰って、石川さんと何か会話はされました?どんな話を?

 「いや、あの…。石川さんもなんか、マウンドを下りた後もやっぱり勝ちたいって思いが強いのか、なんかこうそわそわしてましたね。フフ。まぁ、いいピッチングしてたんで、そのへんはね、満足してると思うんですけど。でも、やっぱり勝ちが付いたことは本当に石川さんにとってね、またチームにとっても良かったと思います」

 ――入団から投打でスワローズを支えてきた2人ですよね。2人で勝った1勝だと思います。非常に気持ちという面でも大きいんじゃないでしょうか

 「そうですね。自分もちょっと開幕してからなかなか結果が出なかったんで。いつもいつも『きょうこそは』『きょうこそは』っていうね、なんかそういう気持ちでプレーはしてたんですけど。きょう、その瞬間がきたこと、本当にうれしく思います」

 ――きょうは神宮に今シーズン最多2万6000人を超えるファンの皆さんが入場。応援というのも力になったと思います。まず野手を代表してファンの皆さんにメッセージをお願いします

 「いや、もういつもたくさんのファンの皆さんの前でプレーすることを本当に幸せに感じています。いつもいつも神宮球場に来て、試合を見て、楽しんで、ストレス解消してくださ~い!」

石川雅規

――やってくれました!6回無失点、今シーズン初勝利。ナイスピッチングでした!

 「ありがとうございます」

 ――まず、きょうのマウンドです。今シーズン初勝利が懸かって上がりましたが、どんなことを心がけてマウンドに上がったんでしょうか

 「いや、ほんとにあの…今季1勝というのをね、なんとか目指して。勝利ボールをね、なんとか家族に持って帰りたいなという思いがありましたし、さっき青木が『石川おじさん』(実際は『石川じいさん』)と言いましたけども『青木おじさん』が打ってくれたんで、僕もあの…気合が入りました!

 ――4回の、そのおじさんのホームラン。やっぱり、その1点っていうのが好投につながったんじゃないでしょうか

 「そうですね。青木おじさんがほんと打ってくれたんで。すごく勇気をもらえましたし、さっき青木も言ってましたけど、ロッカー隣なので。青木も苦しんでたんで、あの1本で本当にこれからノリ(青木)がね、どんどん乗っていくんじゃないかなと思ってます」

 ――きょうは守り、バックも好守備がありましたし、あとはリリーフ陣もなんとか石川さんに勝ちをという、そういう思いも伝わってきました。その点いかがでしょう

 「そうですね、いつもなんか変なプレッシャーかけてんじゃないかなってちょっと気になってはいたんですけども。本当に(19歳の捕手・内山)壮真がいいリードしてくれましたし、試合前からいろいろ話しながらマウンドでそれを出すことができましたし、本当にバックも…本当にナイスプレーをして盛り立ててくれたんで、本当に最高のゲームができました」

 ――これで、また大記録です。入団から21年連続勝利。史上3人目の快挙ということになりました。この記録に関してはいかがでしょう

 「ありがとうございます。いや、1人ではね、なかなか…というか、できない数字だと思うので。本当にいつも応援してくれるファンの皆さんと、サポートしてる裏方さんはじめ監督、コーチのおかげで、こういうふうにきょうもマウンドに立つことができました。本当にありがとうございます」

  ――きょうは40代2人。まさにベテランデーということで、今後に向けてファンの皆さんも応援してくれるはずです。メッセージをいただけますか

 「きょうも本当にたくさんの皆さん、本当に神宮球場に足を運んでいただいてどうもありがとうございました。まだまだ青木も僕もまだまだ若い人に負けないという気持ちで1戦1戦頑張ります。これからも熱いご声援よろしくお願いします」

 

出典:ヤフーニュース

ハイライト動画

おすすめ記事

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-試合結果
-, , , , , ,