〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

村上宗隆が史上最年少50本塁打到達「この番号をもらった時から目標にしていました」

ヤクルト先発はサイスニード。

立ち上がりからテンポの良い投球で、3回まで中日打線をヒット0に抑える。

すると3回の裏、ヤクルトの背番号55・村上宗隆が、日本人選手としては松井秀喜以来となる50号スリーランを放ち、ヤクルトは先制に成功する。

3点の援護をもらったサイスニードは試合中盤に崩れることなく好投を続け、7回を3安打無失点に抑える素晴らしい好投でリリーフ陣にマウンドを託す。

その後は石山ー今野の無失点リレーでつなぎ、村上宗隆が歴史的な偉業を成し遂げた試合を勝利で飾った。

スコアボード

 
中日000000000041
ヤクルト00310010X570

責任投手

勝利投手ヤクルト サイスニード (8勝5敗0S)
敗戦投手中日 大野雄 (6勝8敗0S)
セーブ 

本塁打

中日 
ヤクルト村上 50号(3回裏3ラン)

バッテリー

中日大野雄、祖父江、谷元、福 - 石橋
ヤクルトサイスニード、石山、今野 - 中村

メディアレポート

始球式

真田ナオキがヤクルト・村上の50本塁打を祝福 「まさか、自分が始球式をした試合で…」

始球式を行った真田ナオキ

大の燕党で知られる演歌歌手、真田ナオキ(32)が2日、東京・新宿区の神宮球場で行われたプロ野球、ヤクルト―中日で初の始球式に挑んだ。

始球式後には「ヤクルトは、大好きな球団で人生の大半を占めると言ってもいいくらい、応援している球団です。レコード大賞で最優秀新人賞を頂いたとき以上に、マウンドで震えが止まりませんでした」と大興奮。

投球の点数については「68点」と辛口だったが「楽しかったしうれしかったです!」と終始笑顔があふれていた。

出典:サンスポ

3回の裏 ヤクルトの攻撃

村上宗隆「良い角度であがってくれました」 22歳7カ月での50号到達は最年少記録を更新

ヤクルトの村上宗隆が右越え3ラン本塁打

ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が0―0の三回1死一、三塁から右翼中段へ50号3ランを放った。

「打ったのはカットボール。先制のチャンスだったので犠牲フライでもという気持ちで打席に入りました。良い角度であがってくれました。先制できて良かったです」

日本選手の50号到達は2002年の松井秀喜(巨人)以来20年ぶり。

22歳7カ月で大台に乗せ、1964年の王貞治(巨人)の24歳3カ月を上回る最年少記録を更新した。

出典:サンスポ

7回の表 中日の攻撃

サイスニードが7回無失点で8勝目 「村上がヤクルトの選手で良かった」

ヤクルトの先発のサイスニード

ヤクルト・先発のサイスニード投手(29)が7回無失点と好投し、8勝目(5敗)を挙げた。

六回を終えた時点で100球を超えていたが七回も続投。

「全体的に状態良く、いろんな球でストライクも取れたし、中村のリードに助けられて7回無失点で投げることが出来て良かった」。

120球を投げて被安打3、与四球1と中日打線を封じ込め、2番手の石山にバトンをつないだ。

村上宗隆内野手(22)が0―0の三回1死一、三塁から右翼中段へ50号3ランを放って、序盤に3点の援護をもらってのマウンド。

「村上がヤクルトの選手で良かった」と〝村神様〟のご加護に感謝していた。

出典:サンスポ

ヒーローインタビュー

サイスニード 投手

--7回無失点

「アリガトウゴザイマス。真っすぐをちゃんと投げること意識したことがいい結果につながった」

--涼しくなって投げやすかったのでは

「そうですね。暑くなかったので、とても投げやすかったですことも良かったですが、なによりチームが勝ったことがうれしいです」

--三回に村上の50号で援護をもらった

「村上は日本でいちばんいい打者。彼とチームメートで対戦する必要がなくて本当にうれしい。ムラカミ、ダイ、ダイ、ダイ、ダイスキ!」

出典:サンスポ

村上宗隆 選手

--50号本塁打の感触

「いったと思いました」

--確信していた

「いつも程じゃなかったですけど、良い角度で上ってくれたので入ったかなと思いました」

--どんな思いでバッターボックスに

「なんとか先制点を取りたいなと思っていた。最低限の仕事はしようと、なんとか外野に持っていこうという意識で打席に立ちました」

--同じ背番号「55」の松井秀喜さんに並ぶ50号

「この番号をもらった時から目標にしていました。数字で並べたのはすごく誇りに思います。まだまだ先の、自分の中での目標を達成できるように頑張りたいなと思います」

--先の目標とは

「数字的なことじゃないんですけど、僕は日々成長を掲げているので、1本のヒット、ホームランに満足せず、明日、明後日と常に成長したいなと思っています。それが僕の目標なので応援よろしくお願いします」

--ラストスパートに向けて

「残り試合が少なくなってきて、変なプレッシャーをかけられながら日々試合をしてるんですけど、プレッシャーに負けずにチーム一丸となって勝ちをもぎ取って、突っ走っていきます」

出典:サンスポ

ハイライトムービー

次の試合村上宗隆が3安打猛打賞でリーグ最多安打に並ぶ

続きを見る

前の試合延長12回をドロー!オスナが猛打賞&特大ホームラン「完璧に捉えることができました」

続きを見る

おすすめ記事

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-試合結果
-,