〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

小川投手が6回3失点の好投も痛恨の逆転負けを喫する

打線は2回、先頭の村上が2塁打を放ち、続くサンタナ選手が連打。1,3塁とチャンスを拡大する。

その後、相手のエラーも絡みヤクルトが3点の先制に成功する。

ヤクルト先発・小川投手はストレート主体の攻めの投球で5回までを1失点の好投を見せる。

しかし、6回に2点タイムリーを浴び惜しくも降板。

同点のまま迎えた9回、中日・土田選手にサヨナラタイムリーを浴び痛恨の逆転負けを喫した。

スコアボード

 
ヤクルト030000000371
中日001002001X471

責任投手

勝利投手中日 R.マルティネス (3勝3敗26S)
敗戦投手ヤクルト 清水 (5勝3敗0S)
セーブ 

本塁打

ヤクルト 
中日 

バッテリー

ヤクルト小川、石山、梅野、木澤、清水 - 内山壮
中日大野雄、ロドリゲス、R.マルティネス - 木下

メディアレポート

6回の表 ヤクルトの攻撃

村上宗隆が令和初&史上最年少の三冠王へ 2試合連続のマルチ安打

村上選手が2試合連続のマルチ安打

19日(金)、バンテリンドームでの中日ドラゴンズ戦。村上選手は2回に二塁打を放つと、6回にはライトへ安打。2試合連続のマルチ安打を記録しています。

出典:東京ヤクルトスワローズ公式HP

6回の裏 中日の攻撃

小川泰弘は六回途中で降板で久々の6勝目ならず

小川泰弘は六回、同点2点適時打を浴びて降板した

久しぶりの勝利の味を求め、腕を振った。ヤクルト・小川泰弘投手(32)が中日戦に先発。

常々「攻めの投球をしてチームに勢いを与えたい」と口にしてきた右腕が、それを体現した。

一回先頭から9人連続で初球ボールなし。立ち上がりからストライク先行で攻めた。

主体となったのは、何度も見直してきた直球だ。最速146キロながら切れは抜群で、両サイドへ低く制球。三回1死二塁から岡林に右前適時打を浴びたが、最少失点で切り抜けた。

小川は苦しんでいた。6月は4試合に登板して3勝0敗、防御率1・55の好成績で月間MVP賞を受賞。

そのまま波に乗るるかと思われたが、6月28日の広島戦(マツダ)以降、白星から遠ざかった。原因を自己分析。原点である直球の改善が必要だった。

「やっぱりストレートの質が落ちているというところで、ストレートがいかないと変化球も利かないですし、そこをもう一度なんとか持ち直して乗り越えていきたい」

マウンドで最大出力を出すために試合前練習はノースローで調整し、ロングダッシュなどで汗を流した。「やっぱり投手は直球」と原点の球種を磨いてきた小川。

ただ、最大のピンチとなった六回1死満塁では、木下に内角直球を左前へ運ばれ同点とされて降板した。 5回1/3を5安打3失点。6勝目が遠い。

出典:サンスポ

ハイライトムービー

前の試合オスナ選手がチャンスで2点タイムリー!9回を石山投手が締める好投!

続きを見る

おすすめ記事

吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」

写真:日刊スポーツ 吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」  ヤクルト吉村貢司郎投手(26)が、23日の広島戦(神宮)で9連戦の先陣を切る。今季は先発した3試合ともに6回以上投げ、1勝1敗、防御率2・84と安定。 順番通りなら20日のDeNA戦だったが、ローテ再編で中9日で大事な9連戦の初戦を任された。    この日は神宮外苑で最終調整し「しっかりと自分のピッチングをして、勝ちにつなげられればいいなと思います」と意気込んだ。 出典:日刊スポーツ     NEWS

ReadMore

小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ

写真:サンスポ 小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ  巻き返しのピースがそろい始めた。上半身のコンディション不良で離脱していたヤクルト・小川泰弘投手(33)が22日、1軍に合流。神宮外苑で行われた投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。  「けがをしたことはすごく残念ですが、必要な時間だと自分に言い聞かせてトレーニングしてきた。ここからが大事だと思う。1試合でも多くいい投球ができるように」 「結果を恐れずに投げていきたい」  チームは23日の広島戦(神宮)から9連戦が予定されている。前半戦 ...

ReadMore

2024年4月21日(日) vs DeNA

    村上選手が4号ソロを放つも、序盤の失点が響き、3対8で敗戦。      スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 3 4 0 1 0 0 0 0 0 8 8 0 ヤクルト 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3 5 0 責任投手 勝利投手 DeNA 大貫 (1勝3敗0S) 敗戦投手 ヤクルト ヤフーレ (3勝1敗0S) セーブ   本塁打 DeNA 牧 2号(4回表ソロ) ヤクルト 村上 4号(4回裏ソロ) バッテリー DeNA 大貫、松本凌、中川颯 - 伊藤 ヤ ...

ReadMore

丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667

写真:サンスポ 丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667  ヤクルト・丸山和郁外野手(24)が6点を追う八回2死一、三塁の好機に代打で登場し、中前への適時打をマークした。下手投げ右腕の中川の初球を捉えた。   「きた球にタイミングを合わせることに集中しました」  「無心で打席に入りました。頑張って打とうという気持ちはもちろんありますけど、そういう気持ちを抑えて、欲を出さないように。きた球にタイミングを合わせることに集中しました」    チームは2連敗。最下位で波に乗り切れない ...

ReadMore

山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打

写真:サンスポ 山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打  雨が降る神宮で必死に声援を送るファンの期待に応える一打だった。  下半身のコンデイション不良から20日に1軍復帰して2戦目のヤクルト・山田哲人内野手(31)が、二回に復帰後初安打となる左前適時打をマーク。今季初打点を挙げた。   「点差があるので1点ずつみんなで返していきます」  2試合続けて「6番・二塁」で先発出場。0-7の二回無死一、二塁で迎えた第1打席だった。  力強い「やまーだてつと」コールが球場 ...

ReadMore

-試合結果
-,