〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース

青木宣親、若手に「負けたら駄目。僕もプロ野球選手なので」 球界最年長野手42歳今季も“壁”になる

青木宣親 球界最年長野手42歳今季も“壁”になる

 5日に42歳となったヤクルトの青木宣親が今季も若手の“壁”となる決意を示した。

 宮崎・日向で行っていた村上らとの自主トレを終えたベテランは「出てきてほしいですけど」とライバルとなる後輩の台頭を願いつつも、「僕のプレー機会は奪わないでほしいですね。もちろん負けたら駄目。僕もプロ野球選手なので」ときっぱり。球界最年長野手として21年目も存在感を見せつける。

スポーツ報知

    

【おすすめ記事】

塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」

サンスポ 塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」 ヤクルト・塩見泰隆外野手(30)が「1番・中堅」で先発し、3打数2安打1打点と気を吐いた。 18日の中日との練習試合と合わせて5打数4安打3打点の活躍に、高津監督は「天才の上は何だろう? 超人だね」と高評価。レギュラー再奪取を目指す背番号9は「たまたまの部分が多い。超人と言えば糸井さん(元阪神)。監督もふざけて言っているので、(本気で)そう言ってもらえるぐらいの選手になりたい」と意気込んだ。 サンスポ NEWS

ReadMore

村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」

サンスポ 村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・DH」で今季初実戦に臨んだ。2打数無安打に終わったが、表情は決して暗くはなかった。   「ちょっと力んじゃいましたけど、打って、走るということができたので、よかったです。次は守れるように、体と相談しながらやっていければと思います」   二回先頭の第1打席は一ゴロ、四回無死二塁の第2打席は二ゴロと、いずれも右方向へのゴロに倒れた。ただ、左臀部の張りで一時別メニュー調整を強いられて ...

ReadMore

ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」

スポーツ報知 ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」  ヤクルトのドラフト2位・松本健吾投手=トヨタ自動車=が実戦初登板。2回3安打で無失点デビューを飾ったルーキーは「ホッとしました」と笑みを浮かべた。  0―1の3回からマウンドへ。「1イニング目は緊張もあって、硬さもあった」と、1死から茂木、田中和に連打を浴びてピンチを招いたが、フランコを三ゴロ併殺に仕留めてスコアボードに0を刻んだ。  続く4回は2死から伊藤裕に右中間二塁打を許したが、村林を遊ゴロに抑え、「2イニング目はしっかり自 ...

ReadMore

石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」

サンスポ 石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」 ヤクルト春季キャンプ(20日、沖縄・浦添)球界最年長の44歳、石川雅規投手が20日、沖縄・浦添キャンプでライブBP(実戦形式の打撃練習)に初登板。打者18人に計44球を投げ安打性の打球は3本に抑えた。   「やっぱり基本は真っすぐ。真っすぐをコーナーに投げられたので、そこはよかったかな」   真骨頂は長岡に投じたこの日の44球目だ。125キロの直球で打者を詰まらせ、ファウルとした。   ベテラン左腕と実戦形式で2度目の顔合わせとなった ...

ReadMore

石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調

日刊スポーツ 石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調 ヤクルト石川雅規投手(44)が、実戦形式のライブBPに初登板した。   並木、丸山和らを相手に44球を投げ、安打性は3本。新球「パックル」はこの日は封印したが、順調な仕上がりを示した。   「ある程度、自分のボールを投げられたかなと思います。今年初めてのバッターとの対戦ということでいい緊張感の中で投げられた」と話した。    日刊スポーツ NEWS

ReadMore

-ニュース