〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

プロ野球開幕

ニュース

山田哲人、新打撃フォームお披露目「いい方向だった」 

山田哲人、新打撃フォームお披露目「いい方向だった」 背筋を伸ばした新打法で64スイング

ヤクルト春季キャンプ(1日、沖縄・浦添)山田哲人内野手(30)は構えた際の足幅を狭めた新フォームを披露。3月の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、燕の侍が準備を進める。

浦添の日差しと風を受け、心地良くバットを振った。山田が村上とともに昼食時間の特打を行い、新打撃フォームを初披露。ファンがスマホ片手に見入る中、足幅を狭め、背筋を伸ばした新打法で64スイングし、快音を響かせた。

「タイミングの取り方だったり、体重の移動でしっくりくる部分があった。外で打っていなかったので、若干不安はあったけど、いい方向だったなと思える感じがしたのでよかった」

構えた際に足幅はキュッと、背筋はピンと、かかとはフワッとだ。昨季は打率・243、23本塁打、65打点に終わり、オフシーズンに自身の打撃フォームを見つめ直し、試行錯誤。体重移動の際に「割れ」(ステップ時の上半身と下半身の開き)をつくり、打球に力を伝えるため、足幅を肩幅ほどに狭めるフォームを試すことを決断した。

ヤクルトファンがつめかけた沖縄・浦添キャンプ

新フォームでは背筋はしっかりと伸びていた。タイミングの取り方などを理想に近づける過程で「自然にああなった」と説明。さらに、左足のかかとは地面から浮いており「体重移動がしやすいというか、体重も右足に乗るし、スムーズにいくのかなと思って」と今後もベストな形を模索する。

過去最速クラスの仕上がりだ。3月の第5回WBCの日本代表に選出されている山田は高津監督に志願し、今季初実戦となる12日のDeNAとの練習試合(浦添)に出場予定。例年2月下旬から初実戦に臨んでいるだけに異例の早さといえる。

「(新たな打撃フォームの)方向性があっているのかの確認とか、打撃投手だけでは分からないことがあるので早く実戦はしたい。レベルアップを優先的にという意識でやりたい」と狙いを明かした山田。WBC後には球団初のリーグ3連覇と日本一奪還を懸けたシーズンが控える。〝シン・山田哲人〟で、いざ世界一と日本一を目指す。

出典:サンスポ

おすすめ記事

新加入の西川遥輝がオープン戦からアピール成功!

ベースボールキング ヤクルトに新加入の西川遥輝がオープン戦からアピール成功!江本孟紀氏「十分にスタメン取れるくらいの打撃をしていますね」と活躍に熱視線  24日に沖縄・浦添で行われたヤクルト対阪神のオープン戦で、楽天から加入した西川遥輝がマルチヒットでアピールに成功。高津臣吾監督も「出塁してくれることは非常に大きいですね。今日の打順でいうとクリーンアップが待っているわけですから、得点につながる機会も多くなるでしょうし。彼は色々プレッシャーをかけられる選手なので、非常にいい2安打だったと思いますね」と高評価 ...

ReadMore

村上宗隆がバックスクリーン場外弾で打ち上げ 「シーズンで活躍するための準備はできた」

サンスポ 村上宗隆がバックスクリーン場外弾で打ち上げ 「シーズンで活躍するための準備はできた」  豪快に締めた!! V奪回を目指すヤクルトは28日、1軍の沖縄・浦添キャンプを打ち上げた。村上宗隆内野手(24)はフリー打撃で33スイング中8本の柵越えをマーク。うち1本は、バックスクリーンの上で跳ねて場外に消えていく特大弾だった。リーグ5位からの巻き返しへ、主砲の活躍は必要不可欠。2度目の三冠王達成へ「完璧ではないですけど、シーズンで活躍するための準備はできた」とうなずいた。     土台固めは済んだ。さらに ...

ReadMore

高津監督のキャンプ総括は50点 「さらに厳しく、体も心も強く鍛えていかないといけない」

サンスポ 高津監督のキャンプ総括は50点 「さらに厳しく、体も心も強く鍛えていかないといけない」  ラストサバイバルだ!! ヤクルト・高津臣吾監督(55)が沖縄・浦添キャンプを打ち上げて総括。田口や奥川ら故障での離脱者を出したことで「50点」と振り返り、開幕に向けての危機感を募らせた。  「やり残したこともたくさんある。これで満足しているようではなかなかシーズンで勝つことは難しい。さらに厳しく、体も心も強く鍛えていかないといけない」    3月29日の中日との開幕戦(神宮)に向けて「最後の1週間はフル(メ ...

ReadMore

浦添キャンプを打ち上げ 選手会長の清水昇「リーグ優勝と日本一」

サンスポ 浦添キャンプを打ち上げ 選手会長の清水昇「ヤり返せ!という思いを胸にセ・リーグ優勝と日本一」  ヤクルトが28日、沖縄・浦添キャンプを打ち上げた。選手会長の清水昇投手を中心に手締めを行った。  充実の1か月を終えたチームを代表して清水があいさつした。  「皆さんキャンプ、お疲れ様でした。このキャンプを無事過ごすにあたって松本市長をはじめ浦添市の関係者の皆様、ホテル関係者の皆様、球場スタッフの皆様のおかげでやることができました。次に技術向上に付き添ってくださった、監督、コーチ、裏方さん、選手の体を ...

ReadMore

新外国人・エスパーダが本領発揮 田口離脱の危機にアピール合戦が過熱

サンスポ 新外国人・エスパーダが本領発揮 田口離脱の危機にアピール合戦が過熱  俺こそが守護神だ!! ヤクルトは27日、韓国・KIAと練習試合(浦添)を行い、5―1で勝利した。五回からは石山泰稚投手(35)、清水昇投手(27)、新外国人のホセ・エスパーダ投手(27)=前パドレス=が1イニングずつ登板。昨季33セーブを挙げた抑えの田口麗斗投手(28)が故障で離脱しているだけに、ポジション争いは必至。高津臣吾監督(55)は明言を避けたが、抑えの座をかけた戦いが過熱する。    今は何も考えていないです  誰が ...

ReadMore

-ニュース
-