〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

【試合結果】2023年9月6日(水) vs 巨人

小澤投手が6回1失点の好投で6勝目!
小澤投手が6回1失点の好投で6勝目!

 

ヤクルトは1点をリードされた6回、村上の同点ホームランを皮切りに一挙6得点で逆転に成功する。

その後リリーフ陣が最少失点でつなぎ、先発・小澤が今季6勝目をマークした。

       

スコアボード

 
巨人000010100291
ヤクルト00000400X480

責任投手

勝利投手ヤクルト 小澤 (6勝4敗0S)
敗戦投手巨人 バルドナード (2勝1敗0S)
セーブヤクルト 田口 (1勝3敗30S)

本塁打

巨人 
ヤクルト村上 26号(6回裏ソロ)

バッテリー

巨人ビーディ、松井、バルドナード、田中千、菊地、今村 - 大城卓
ヤクルト小澤、木澤、山本、星、田口 - 古賀

 

  

試合結果

小澤投手が粘りのピッチングで6勝目!6回に一挙4点を奪い逆転勝利を飾る

先発の小澤投手は初回、一死から門脇選手に二塁打を浴びますが、後続の丸選手、岡本選手を立て続けにファウルフライに打ち取り、ピンチを切り抜けます。

 

好投を続けていた先発の小澤投手ですが、5回に二死一、二塁のピンチを招くと、岡本選手にレフトへタイムリーを浴び、先制点を献上。なおも二死一、二塁とピンチは続きますが、大城選手をファウルフライに仕留め、最少失点で切り抜けます。

 

小澤投手は5回に同点タイムリーを許しますが、6回6安打1失点の好投で試合を作ります。

 

小澤投手が粘りのピッチングで6勝目
小澤投手が粘りのピッチングで6勝目
(画像:東京ヤクルトスワローズ公式)

 

小澤投手の好投に応え打線が爆発!

1点を追う打線はその裏、一死から村上選手がセンターへ26号ソロを放ち、1対1の同点に追いつきます。

 

Twitter

村上宗隆が同点ホームランをバックスクリーンに叩き込む!

 

さらにサンタナ選手の内野安打などでチャスを広げると、二死二塁のチャンスで長岡選手がセンターへタイムリー二塁打を放ち、2対1と勝ち越しに成功。

 

長岡選手が勝ち越しタイムリー!
長岡選手が勝ち越しタイムリー!
(画像:東京ヤクルトスワローズ公式)

 

なおも二死二塁の場面で古賀選手が四球を選び出塁すると、代打・青木選手がレフトへタイムリー二塁打、内山選手がレフトへタイムリーを放ち、連続タイムリーで4対1と逆転に成功します。

  

  

無死満塁のピンチを招くも最少失点で切り抜ける

3点リードで迎えた7回は2番手・木澤投手がマウンドへ。梶谷選手に四球を与えると、門脇選手、丸選手に連打を浴び、無死満塁のピンチを招きます。ここで岡本選手にレフトへ犠牲フライを打たれ、2対4と追い上げられます。その後、二死二、三塁となると、ここで3番手・山本投手へスイッチ。山本投手は吉川尚選手をセンターフライに打ち取ります。

  

8回は4番手・星投手がしっかりと三者凡退に封じると、9回は5番手・田口投手が走者を出しながらも無失点に封じ、試合終了。

 

先発・小澤投手が粘りのピッチングで試合をつくると、打線も6回に村上選手の26号、長岡選手の勝ち越しタイムリーなどで一挙4点を奪い逆転に成功!その後は継投陣がリードを守り切り、4対2で勝利しました。

    

ハイライト

小澤怜史 投手

  

長岡秀樹 選手

 

ハイライト

 

       

【おすすめ記事】

2024年7月13日(土) vs 広島

広島がサヨナラ勝利。 広島は両軍無得点で迎えた延長11回裏、石原のソロが飛び出し、試合を決めた。 投げては、先発・大瀬良が6回無失点の好投。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 計 安 失 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1 9 1 責任投手 勝利投手 広島 黒原 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 田口 (1勝3敗7S) セーブ   本塁打 ヤクルト   広島 石原 3号(11回裏 ...

ReadMore

ヤクルト延長負けで8連敗 田口「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった」

写真:サンスポ ヤクルト延長負けで8連敗 田口「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった」 ヤクルトは延長サヨナラ負けで今季ワーストを更新する8連敗。十一回に登板した田口が、先頭の石原に左越えの本塁打を浴びた。打たれた守護神は「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった。反省してまた頑張る」と頭を下げた。   延長負けで8連敗 田口「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった」 - サンスポヤクルトはサヨナラ負け。十一回に登板した田口が、先頭の石原に左越えの本塁打を浴びた。打たれた守護神は「投げミス。一番悪い結果を ...

ReadMore

村上宗隆、自己ワースト1試合5三振 チーム3人目

写真:サンスポ 村上宗隆、自己ワースト1試合5三振 チーム3人目 広島がサヨナラ勝ち。0―0の延長十一回、先頭で打席に立った途中出場の石原が3号本塁打で試合を決めた。大瀬良が6回無失点と好投。七回以降も救援5投手が無失点でつなぎ、黒原が2勝目。ヤクルトは打線に元気がなく8連敗。 ヤクルト・村上が自己ワーストの1試合5三振。延長イニングの三振は参考記録扱いだが、ヤクルト(前身を含む)選手の1試合5三振は1997年7月2日の小早川毅彦(対巨人、延長で1三振)、2011年9月15日の館山昌平(対広島、投手)に次 ...

ReadMore

2024年7月12日(金) vs 広島

広島は1点ビハインドの3回裏、小園の適時二塁打で同点とする。 そのまま迎えた5回には、秋山のソロが飛び出し、勝ち越しに成功した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 6 1 広島 2 0 1 0 1 0 0 0 X 4 10 0 責任投手 勝利投手 広島 床田 (8勝5敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 石川 (1勝2敗0S) セーブ 広島 栗林 (0勝3敗23S) 本塁打 ヤクルト   広島 秋山 3号(5回裏ソロ) バッテ ...

ReadMore

長岡秀樹が2打席連続で無安打で打点マーク 押し出し四球&犠飛

写真:サンスポ 長岡秀樹が2打席連続で無安打で打点マーク 押し出し四球&犠飛  ヤクルト・長岡秀樹内野手(22)が「6番・遊撃」で先発し、2打席連続で無安打ながら打点をマークした。   ふいにこっち向くからびっくりした#長岡秀樹#swallows pic.twitter.com/G8qaPa82Re— まき (@maki____0513) July 12, 2024    一回2死満塁の第1打席では押し出し四球を選び、3日のDeNA戦(横浜)以来7試合ぶりの打点を挙げると、2―2とした三回1死 ...

ReadMore

-試合結果