〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

【試合結果】2023年6月18日(日) vs オリックス

小澤怜史投手が6回3安打無失点の好投
小澤怜史投手が6回3安打無失点の好投

 

小澤投手が6回無失点の好投も6連敗を喫する

オリックスが4連勝。オリックスは0-0で迎えた7回表、頓宮のソロで先制に成功する。

さらに2死満塁から福田が押し出し四球を選ぶと、続くゴンザレスがグランドスラムを放ち、相手を突き放した。

投げては、先発・宮城が6回無失点の好投で今季6勝目。敗れたヤクルトは、打線がつながりを欠いた。

            

スコアボード

 
オリックス000000600670
ヤクルト000000000080

責任投手

勝利投手オリックス 宮城 (6勝2敗0S)
敗戦投手ヤクルト 星 (1勝2敗0S)
セーブ 

本塁打

オリックス頓宮 7号(7回表ソロ)
ゴンザレス 9号(7回表満塁)
ヤクルト 

バッテリー

オリックス宮城、宇田川、小木田 - 森、若月
ヤクルト小澤、星、丸山翔、今野、市川 - 中村

  

試合結果

先発・小澤投手は6回無失点の好投を披露

初回、先発・小澤投手は先頭・福田選手に安打を打たれるも、後続を打ち取り、無失点に抑えると、2回も安打を打たれますが、無失点に封じる投球を見せます。

 

小澤投手は3回から5回まで3イニング連続で三者凡退に仕留めるなど、6回無失点に封じる好投を見せます。

 

7回、オリックス・頓宮選手に痛恨の一発を浴びる

0対0の7回、2番手・星投手は先頭・頓宮選手に左中間へ7号ソロを運ばれ、先制を許します。

 

Twitter

  

その後、一死三塁とされたところで、3番手・丸山翔投手にスイッチ。二死後、宗選手に死球、代打・茶野選手に四球を与え、満塁とされると、福田選手に押し出し四球を与え、0対2となります。ここで4番手・今野投手に交代。ゴンザレス選手にライトスタンドへ9号満塁ホームランを浴び、0対6と突き放されます。

 

市川投手は2回連続で三者凡退に抑える

8回、5番手・市川投手は三者凡退に仕留めると、9回も連続で三者凡退に打ち取る好リリーフを見せます。

 

打線がつながらず敗戦を喫する

打線はその裏、三者凡退に倒れ、試合終了。

先発・小澤投手が6回無失点の好投を見せるも、7回にリリーフ陣が捕まり、6点を先制されます。打線は再三のチャンスを生かせず、0対6で敗れました。

           

ハイライト

  

      

【おすすめ記事】

吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」

写真:日刊スポーツ 吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」  ヤクルト吉村貢司郎投手(26)が、23日の広島戦(神宮)で9連戦の先陣を切る。今季は先発した3試合ともに6回以上投げ、1勝1敗、防御率2・84と安定。 順番通りなら20日のDeNA戦だったが、ローテ再編で中9日で大事な9連戦の初戦を任された。    この日は神宮外苑で最終調整し「しっかりと自分のピッチングをして、勝ちにつなげられればいいなと思います」と意気込んだ。 出典:日刊スポーツ     NEWS

ReadMore

小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ

写真:サンスポ 小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ  巻き返しのピースがそろい始めた。上半身のコンディション不良で離脱していたヤクルト・小川泰弘投手(33)が22日、1軍に合流。神宮外苑で行われた投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。  「けがをしたことはすごく残念ですが、必要な時間だと自分に言い聞かせてトレーニングしてきた。ここからが大事だと思う。1試合でも多くいい投球ができるように」 「結果を恐れずに投げていきたい」  チームは23日の広島戦(神宮)から9連戦が予定されている。前半戦 ...

ReadMore

2024年4月21日(日) vs DeNA

    村上選手が4号ソロを放つも、序盤の失点が響き、3対8で敗戦。      スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 3 4 0 1 0 0 0 0 0 8 8 0 ヤクルト 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3 5 0 責任投手 勝利投手 DeNA 大貫 (1勝3敗0S) 敗戦投手 ヤクルト ヤフーレ (3勝1敗0S) セーブ   本塁打 DeNA 牧 2号(4回表ソロ) ヤクルト 村上 4号(4回裏ソロ) バッテリー DeNA 大貫、松本凌、中川颯 - 伊藤 ヤ ...

ReadMore

丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667

写真:サンスポ 丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667  ヤクルト・丸山和郁外野手(24)が6点を追う八回2死一、三塁の好機に代打で登場し、中前への適時打をマークした。下手投げ右腕の中川の初球を捉えた。   「きた球にタイミングを合わせることに集中しました」  「無心で打席に入りました。頑張って打とうという気持ちはもちろんありますけど、そういう気持ちを抑えて、欲を出さないように。きた球にタイミングを合わせることに集中しました」    チームは2連敗。最下位で波に乗り切れない ...

ReadMore

山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打

写真:サンスポ 山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打  雨が降る神宮で必死に声援を送るファンの期待に応える一打だった。  下半身のコンデイション不良から20日に1軍復帰して2戦目のヤクルト・山田哲人内野手(31)が、二回に復帰後初安打となる左前適時打をマーク。今季初打点を挙げた。   「点差があるので1点ずつみんなで返していきます」  2試合続けて「6番・二塁」で先発出場。0-7の二回無死一、二塁で迎えた第1打席だった。  力強い「やまーだてつと」コールが球場 ...

ReadMore

-試合結果