〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

"村神様"と"代打の神様"の神コラボ! 川端慎吾が延長12回に勝ち越しの2点タイムリーを放つ!

ヤクルトは1-1の延長12回、2アウトながら村上宗隆が2塁打で出塁。続く内山、中村が四球で満塁のチャンス。

ここで代打の切り札・川端慎吾が勝ち越しの2点タイムリーを放ち勝ち越しに成功した。

先発のサイスニードは7回を1失点の好投。リリーフ陣も無失点リレーを続けたが、最終回に中日の猛反撃に会い、3-3のドローゲームとなった。

スコアボード

 101112
ヤクルト0001000000023101
中日000001000002390

責任投手

勝利投手 
敗戦投手 
セーブ 

本塁打

ヤクルト 
中日 

バッテリー

ヤクルトサイスニード、石山、清水、田口、木澤、久保、マクガフ - 中村
中日小笠原、ロドリゲス、R.マルティネス、清水、祖父江、藤嶋、福、森 - 木下

 

メディアレポート

4回の表 ヤクルトの攻撃

サンタナが初球を打ってセンターへの犠飛  スワローズが四試合ぶりの勝利に向けて先制!

7回の裏 中日の攻撃

ヤクルト・サイスニードは7回1失点 9勝目ならずも中村に感謝「上手くリードしてくれた」

ヤクルト・サイスニードは7回1失点と好投

ヤクルト・サイスニード投手(29)が7回5安打1失点と好投した。

1―0の六回、先頭の投手・小笠原に安打を許し、2死三塁から阿部に同点打を浴びて、同点のまま七回限りで降板した。

9勝目は逃した形になったが、「ここ数試合、なかなか良い流れの試合が出来ていなかったので何とかゲームをつくりたかった」と満足そう。

捕手の中村に「ストレートの走りも良く、上手くコンビネーションでリードしてくれて投げることが出来た」と感謝した。

出典:サンスポ

12回の表 ヤクルトの攻撃

ヤクルト・村上宗隆、王超え56号持ち越しもチャンスメーク 高津監督「よく2死走者なしから2点を取ったと思います」

12回表、ヤクルトの村上宗隆が右二塁打

ヤクルト・村上宗隆内野手(22)は3打数1安打3四球。シーズン日本選手最多の56号は持ち越しとなった。

第1、2打席は緩いボールを多投してきた小笠原の前に三振に倒れ、第3打席は四球。八回無死2塁で迎えた第4打席は敬遠四球で、第5打席も四球。

最後の延長十二回は2死から打席へ。フルカウントから右翼線へ二塁打を放ってチャンスを演出し、川端の適時打で生還した。

高津監督は、村上の粘り強い打撃から生まれた一時勝ち越しの場面を「2死で投手が代わってアウトになると勝ちがなくなる。よく2死走者なしから2点を取ったと思います」と評価した。

1964年の王貞治(巨人)がマークした記録の更新へ、残るは13試合だ。

出典:サンスポ

ヤクルト、延長十二回に〝神コラボ〟〝村神様〟から〝代打の神様〟川端慎吾が2点打

村上から頭をなでられた川端

延長十二回に2死から村上宗隆内野手(22)が右翼線へ二塁打を放ってチャンスメークすると、2死満塁から代打・川端慎吾内野手(34)が2点中前打を放った。

直後に追いつかれたが、クライマックスシリーズ(CS)進出が決まり、2位・DeNAが敗れて優勝へのマジックナンバーは「8」となった。

視線は鋭く、集中力を研ぎ澄ました。1―1の延長十二回2死満塁。代打・川端が初球を一閃して中前へ2点打を放つと、パチンと両手をたたいた。

「四球の後だったので必ずストライクを取りに来ると信じて思い切って打ちにいきました。適時打になってよかった」

〝村神様〟が好機を演出し、復活した〝代打の神様〟が一振りで決めた。中日投手陣に苦戦し、延長十一回まで得点はサンタナの犠飛だけ。

今季55号を放っている村上は中盤以降、勝負を避けられていたが、延長十二回に2死から右翼線へ二塁打。2四球で満塁となり、代打の切り札が大仕事を果たした。

試合後、高津監督は川端について「何とかしてやろうという気持ちを強く持っている。雰囲気を変えられるのは彼の仕事の一部。チームの何かを変えるピース」と期待した。

出典:サンスポ

ハイライトムービー

次の試合小川投手が7回を無失点の好投!息詰まる投手戦を制しマジック7!

続きを見る

前の試合川端慎吾が一軍復帰 代打出場で即結果を出す!

続きを見る

おすすめ記事

2024年6月15日(土) vs オリックス

オリックスは1点を追う3回裏、太田の適時打と西川の3ランで一挙4点を奪い逆転する。 続く4回に安達の適時打で加点すると、6回にも2本の適時打が飛び出し、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、投手陣が振るわなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 1 1 0 0 0 1 0 3 13 0 オリックス 0 0 4 1 0 2 0 2 X 9 19 0 責任投手 勝利投手 オリックス 東 (3勝3敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (1勝3敗0S) ...

ReadMore

武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!

写真:サンスポ 武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!  何とも言えない高揚感と喜びだったはずだ。ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が、2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりに登板。21年10月8日の阪神戦(神宮)以来、980日ぶりに勝利を挙げた。   高校野球を引っ張った同世代  同期で同学年の武岡龍世内野手(23)は「9番・二塁」で先発出場。同じく同期で同学年の長岡秀樹内野手(22)と二遊間を守り、奥川の後ろを守った。さらに、打っては三回先頭で右前打を放ち、長岡の二ゴ ...

ReadMore

奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた

写真:サンスポ 奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた  涙の復活勝利だ!!ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が14日、「日本生命セ・パ交流戦」のオリックス1回戦(京セラ)で2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりの登板を果たし、5回79球を投げて7安打1失点。右肘など度重なるけがを乗り越え、レギュラーシーズンで21年10月8日の阪神戦(同)以来、980日ぶりの白星を飾った。   /背番号18が立ち向かう\808日ぶりの1軍マウンド奥川恭伸が5回を投げきる& ...

ReadMore

2024年6月14日(金) vs オリックス

ヤクルトは初回、村上の適時打で先制に成功する。 その後は、3回表にサンタナの適時二塁打などで3点を挙げ、リードを広げた。 投げては、先発・奥川が5回1失点で3年ぶりの白星をマーク。 808日ぶり復帰マウンドを白星で飾った。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 3 0 0 0 0 0 1 5 8 1 オリックス 0 0 0 1 0 0 2 0 0 3 13 1 責任投手 勝利投手 ヤクルト 奥川 (1勝0敗0S) 敗戦投手 オリックス カスティーヨ (1勝 ...

ReadMore

村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」

写真:サンスポ 村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で先発し、一回2死二塁で先制の中前適時打を放った。   ムネナイス先制タイムリー!#村上宗隆 6/14/2024 pic.twitter.com/EboGx9ZPi9— ebappi (@ebappii) June 14, 2024   オリックス先発・カスティーヨが投じた4球目、149キロの直球をはじき返し「奥川が久々の先発で緊張もあると思 ...

ReadMore

-試合結果
-, ,