〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

内山が逆転の3点タイムリーで殊勲打!太田が今季初ホームランで火ヤク庫点火!

ヤクルトの内山壮真が決勝の三点タイムリーツーベース

令和4年6月2日(木)東京ヤクルトスワローズは、千葉ロッテマリーンズと対戦し、7-3で勝利しました!

3点を追いかける6回にはキャプテン山田選手が3試合連続となるソロホームランを放つと、7回には太田選手が今季初ホームランで1点差に詰め寄ります。

更に8回には代打・川端選手がヒットで出塁、山田選手が四球を選び1,2塁のチャンスを作ります。すると、1アウトからオスナ選手がレフトへタイムリーヒットを放ち同点とすると、その後1死満塁から7番内山選手が走者一掃のタイムリーツーベースを放ち、6-3と逆転に成功します!更に代打・中村選手にもタイムリーが飛び出し、この回一挙5点をあげました!

投げては先発・スアレス投手が5回3失点とゲームを作り、木澤ー石山ー清水と無失点リレーでつなぎ、千葉ロッテマリーンズと対戦し、7-3で勝利しました!

スコアボード

 
ロッテ300000000362
ヤクルト00000115X7112

責任投手

勝利投手ヤクルト 石山 (2勝0敗0S)
敗戦投手ロッテ ゲレーロ (1勝2敗1S)
セーブ 

本塁打

ロッテ中村奨 4号(1回表2ラン)
ヤクルト山田 12号(6回裏ソロ)
太田 1号(7回裏ソロ)

バッテリー

ロッテ小島、東條、ゲレーロ、八木 - 佐藤都、柿沼
ヤクルトスアレス、木澤、石山、清水 - 内山壮

メディアレポート

6回の裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルト・山田が自身8度目となる3試合連続本塁打 六回に12号ソロ

本塁打を放ったヤクルト・山田哲人

主将がまた打った。3点を追う六回先頭で、山田が左翼席への12号ソロ。ロッテ先発・小島の内角スライダーを捉え「早く1点でも取って悪い流れを変えたかった」と汗を拭った。自身8度目となる3試合連続本塁打で、交流戦期間では初。過去3度本塁打王に輝いている得意の交流戦で、状態を上げてきた。

出典:サンスポ

7回表 ロッテの攻撃

木澤投手が2回無失点の好リリーフ!

木澤投手は6回から2番手として登板すると、2回を無失点に抑える好リリーフを見せました!

出典:東京ヤクルトスワローズ公式ホームページ

7回裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルト・太田が3年ぶりアーチ 「入るとは思いませんでした」

ヤクルトの太田賢吾が右越えソロ本塁打

ヤクルトは2点を追う七回1死で太田が右翼席への1号ソロ。体勢を崩されながらシンカーを捉えた。2019年以来、3年ぶりのアーチに「追い込まれていたのでゾーンを広くし、食らいついていく気持ちでした。入るとは思いませんでした」と驚きの表情だった。

出典:サンスポ

8回裏 ヤクルトの攻撃

オスナ選手が同点タイムリー!

オスナ選手は1点を追う8回、同点に追いつくタイムリーを放ち、勝負強さを見せました!

出典:東京ヤクルトスワローズ公式ホームページ

 

19歳の内山壮が八回に3点二塁打

ヤクルトの内山壮真が3点二塁打

ヤクルトが逆転勝ちで、このカード勝ち越した。一回に3点を奪われたが、六回に山田、七回に太田のソロ本塁打で1点差に。八回にはオスナの左前適時打で同点に追いつくと、19歳の内山壮の3点二塁打で勝ち越すなどこの回5点を奪い、突き放した。

出典:サンスポ

本日のヒーロー 

内山壮真選手

--ナイスバッティング

「ありがとうございます」

--お立ち台の景色は

「すごくうれしいです」

--八回、見事な3点二塁打

「なんとか芯に当たってくれて外野の頭を越えてくれたのですごくよかったかなと思います」

--打席に向かうまでの心境は

「いい形でつないでくれたので、自分もいい形でつなぎたいなと思って、打席に入りました」

--追い込まれてからの狙い球は

「真っすぐ一本で、狙いました」

--打った瞬間は

「うれしかったです」

--一塁走者の長岡が必死に本塁に戻ってきた

「もうちょっと余裕で還れるかなと(笑) ちゃんと走ってもらいます(笑)」

--2年目

「いい経験もさせてもらってこういう機会をいただいていることに感謝してこれからも頑張りたいなと思います」

--スタメンマスク

「しっかり反省するところは反省して。次に生かしていきたいなと思います」

--交流戦5カード連続の勝ち越し

「すごく雰囲気もいいですし、良い状態だと思います」

--どんな気持ちで試合に臨んでいるか

「チームの勝ちに貢献できるように必死にやってます」

--明日への意気込み

「交流戦しっかり戦い抜いて優勝できるように頑張りたいと思います」

出典:サンスポ

ハイライトムービー

 

おすすめ記事

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-試合結果
-, , , ,