〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース

ヤクルト2軍施設移転先 守谷市の新総合公園計画が一部明らかに

守谷総合公園の基本計画図案 

総合公園を6.8ha拡張/ヤクルトと夏に協定/守谷市

茨城県守谷市は、プロ野球チーム「東京ヤクルトスワローズ」の2軍施設を誘致するために整備する守谷市総合公園(仮称)の計画を変更した。

 

整備面積を変更 20.8ヘクタール拡張

1月の地元説明会で約14haだった公園面積を、市民野球場やサッカー場の追加、多目的広場の拡大、ヤクルト施設のレイアウト変更などにより6.8ha拡張し約20.8haとした。

ヤクルト球団(東京都港区)と3月までに結ぶ予定だった基本協定の締結時期は夏になる見通しだ。

 

ファーム施設完成は計画通り2027年1月を目指す

協定締結後のスケジュールに変更はなく、ヤクルト2軍施設ゾーンの27年1月の完成を目指す。

 

ファーム施設規模も増強

今回の区域面積の変更により、整備する施設の規模も変更した。

区域東側の「ヤクルト球団使用予定部」約7.2haには1万6000㎡の球場や1万4000㎡のサブグラウンド、6000㎡の屋内練習場、3万6000㎡のその他広場・外構・駐車場などの整備を想定する。


 西側の「その他の公園施設」エリア約13.6haには、1万4000㎡の市民野球場や1万㎡のサッカー場、3500㎡の屋内運動施設、3000㎡のインクルーシブ遊具広場、2万9000㎡の多目的広場、8000㎡の調整池、6万8500㎡のその他園路・外構・駐車場などの整備を見込む。

出典:建設通信デジタル

  

【おすすめ記事】

吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」

写真:日刊スポーツ 吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」  ヤクルト吉村貢司郎投手(26)が、23日の広島戦(神宮)で9連戦の先陣を切る。今季は先発した3試合ともに6回以上投げ、1勝1敗、防御率2・84と安定。 順番通りなら20日のDeNA戦だったが、ローテ再編で中9日で大事な9連戦の初戦を任された。    この日は神宮外苑で最終調整し「しっかりと自分のピッチングをして、勝ちにつなげられればいいなと思います」と意気込んだ。 出典:日刊スポーツ     NEWS

ReadMore

小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ

写真:サンスポ 小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ  巻き返しのピースがそろい始めた。上半身のコンディション不良で離脱していたヤクルト・小川泰弘投手(33)が22日、1軍に合流。神宮外苑で行われた投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。  「けがをしたことはすごく残念ですが、必要な時間だと自分に言い聞かせてトレーニングしてきた。ここからが大事だと思う。1試合でも多くいい投球ができるように」 「結果を恐れずに投げていきたい」  チームは23日の広島戦(神宮)から9連戦が予定されている。前半戦 ...

ReadMore

2024年4月21日(日) vs DeNA

    村上選手が4号ソロを放つも、序盤の失点が響き、3対8で敗戦。      スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 3 4 0 1 0 0 0 0 0 8 8 0 ヤクルト 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3 5 0 責任投手 勝利投手 DeNA 大貫 (1勝3敗0S) 敗戦投手 ヤクルト ヤフーレ (3勝1敗0S) セーブ   本塁打 DeNA 牧 2号(4回表ソロ) ヤクルト 村上 4号(4回裏ソロ) バッテリー DeNA 大貫、松本凌、中川颯 - 伊藤 ヤ ...

ReadMore

丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667

写真:サンスポ 丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667  ヤクルト・丸山和郁外野手(24)が6点を追う八回2死一、三塁の好機に代打で登場し、中前への適時打をマークした。下手投げ右腕の中川の初球を捉えた。   「きた球にタイミングを合わせることに集中しました」  「無心で打席に入りました。頑張って打とうという気持ちはもちろんありますけど、そういう気持ちを抑えて、欲を出さないように。きた球にタイミングを合わせることに集中しました」    チームは2連敗。最下位で波に乗り切れない ...

ReadMore

山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打

写真:サンスポ 山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打  雨が降る神宮で必死に声援を送るファンの期待に応える一打だった。  下半身のコンデイション不良から20日に1軍復帰して2戦目のヤクルト・山田哲人内野手(31)が、二回に復帰後初安打となる左前適時打をマーク。今季初打点を挙げた。   「点差があるので1点ずつみんなで返していきます」  2試合続けて「6番・二塁」で先発出場。0-7の二回無死一、二塁で迎えた第1打席だった。  力強い「やまーだてつと」コールが球場 ...

ReadMore

-ニュース