〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 長岡 秀樹

長岡秀樹『母の日』も!好守&猛打賞 「結果を出すことが母への恩返し」

3安打と活躍した長岡
3安打と活躍した長岡

長岡秀樹『母の日』も!好守&猛打賞 「結果を出すことが母への恩返し」

降りしきる雨をぬぐい笑みを浮かべた。

ヤクルト・長岡秀樹内野手(21)が2―1の六回に2点適時打を放つなど3安打2打点。

「母の日」に孝行息子がバットで勝利に導く活躍をみせた。

   

結果を出すことが母への恩返しになる。点を取られた直後だったので、すぐに取り返せてよかった

大事な局面だった。1点差に詰め寄られた直後の六回。1死二、三塁で2番手・田島の外角直球を捉えて中前へ運んだ。

三回には中前打、五回は右前打をマークし、プロ初のサヨナラ本塁打を放った5日の「こどもの日」以来となる猛打賞(1試合3安打以上)。記念日に勝負強い打撃が光っている。

 

母には感謝しかない

いつも前向きで明るい性格の母・綾子さん(55)。長岡は「母には感謝しかない」と頭を下げる。

プロ1年目のオフはほとんど毎週末になると千葉の実家に帰省。好物の唐揚げなど母の手料理を食べて英気を養い、埼玉・戸田寮まで母に車で送ってもらう日々が続いた。

母が2軍の試合に観戦に来た際には必ずビデオでプレーを撮影してもらい、送ってもらった映像で打撃フォームを確認した。下積みの時間が1軍での活躍につながっている。

出典:サンスポ

    

Twitter

長岡秀樹が3安打猛打賞の活躍!

  

【おすすめ記事】

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-ニュース, 長岡 秀樹