〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 濱田 太貴 赤羽 由紘

ヤクルトの仲良しコンビ「ハマハネ」に注目!濱田太貴&赤羽由紘互いに「負けられない」

サンスポ

ヤクルトの仲良しコンビ「ハマハネ」に注目!濱田太貴&赤羽由紘互いに「負けられない」

 ヤクルトに新たな名コンビ誕生か!? 最近、SNSでは、ファンが仲のいい選手のツーショット写真などをアップして盛り上がっている。山田と村上の「テツムネ」や内山と長岡の「ソマヒデ」などいろいろだ。

 

 2月に沖縄・浦添で行われていた1軍キャンプで、超仲良しなコンビを発見した。浜田太貴外野手(23)と赤羽由紘内野手(23)だ。ともに2000年生まれ。入団年は1年違うが、浜田にとっては初めてあった同学年の野手ということもあって、徐々に仲良くなっていった。

 

「逆ですね。ハマハネです」

 キャンプ期間中、この2人のツーショットをよく見かけた。行き帰りのタクシー、ロッカールームから球場に歩いていくとき、グラウンドから引き揚げるときなど本当に何度も見た。赤羽が「一緒にいて楽ですね」と明かすと、浜田も「気も使わないし、それが一番ですね」とうなずいた。

 コンビ名は何にしようか…。最初に頭に浮かんだのは「アカハマ」だったが、浜田には「逆ですね。ハマハネです」と言われた。ここに、仲良し同学年コンビ「ハマハネ」の誕生だ。

  

みんな、僕らが仲いいのは知っていますね。基本一緒にいるので

 実は2人、沖縄に行く際の飛行機も隣同士だったという。仲の良さを知った球団スタッフの粋な計らいだったのかもしれないが…。

 赤羽「席で待っていたら、隣に浜田が来て、『嘘でしょ?』ってなりました」

 浜田「みんな、僕らが仲いいのは知っていますね。基本一緒にいるので」

  

 チーム宿舎の部屋も、前だったという。お互いに寝坊を防止するため、毎朝声を掛け合うよう約束していた。ただ、ここで2人の性格の違いが出た。赤羽が証言する。

 「僕は結構自己中(自己中心的)というか、どんどん時間も早くなるんですけど、あいつはマイペースなので。浜田が合わせてくれれますね。そこでうまくいっています」

 

ただ、浜田にも〝言い分〟がある。

 「あいつはせっかちです。めちゃくちゃせっかちです。『早くしろ、早くしろ』って。めっちゃ合わせます。いつも朝、時間になってないのに部屋に来るんですよ。自分は準備しているので、あいつは待っています」

 

 性格は真逆のように見えるが、仲良しな2人。買い物に出掛ける際も、ご飯を食べるタイミングも一緒だったといい、赤羽は「気持ち悪いですかね。周りから見たら。ずーっと一緒にいるので」と苦笑いを浮かべた。

 

こだわり始めたらすごいです

 浜田が明かした赤羽の意外な一面は「せっかち」なところだった。では、赤羽が知る浜田の意外な部分とは何なのか。

 「こだわり始めたらすごいです。ゴルフクラブもキャロウェイにしたら一式そろえましたし、最近はテーラーメードにはまって全部そろえていました。くつも服もそろうまでずっと買いますね」

 浜田に真相を聞いてみると、「そうですね。釣りもです。ルアーを同じので色違いをいっぱい持っています。ウェアも気になりますね。ズボンと上着が別々のメーカーだと気になります」と明かしてくれた。凝り性というのか、こだわりが強いというのか。いずれにせよ、プロ野球選手にとってはプラスな面だろう。

  

 赤羽は内野手登録ながら、外野も守ることができる。仲がいいが、ポジションを奪い合うライバルでもある。グラウンドに立てば、仲の良さは関係ない。

 浜田「あいつには負けられないですね」

 赤羽「同い年ですし、もちろん負けたくないですね」

サンスポ




今季最多の15安打11点で快勝 村上が一回に2ラン、オスナはソロ&満塁弾の2本

写真:サンスポ 今季最多の15安打11点で快勝 村上が一回に2ラン、オスナはソロ&満塁弾の2本  ヤクルトが今季最多の15安打11点で快勝した。  一回に村上の2ランなどで3点先行。その後も加点し、オスナが九回に満塁からこの日2本目の本塁打を放ち、突き放した。  高橋奎が今季初勝利。中日の柳は四回途中まで6失点と乱れた。 出典:サンスポ NEWS

高橋奎二、粘りのピッチ5回8安打3失点で今季初白星

写真:サンスポ 高橋奎二、粘りのピッチ5回8安打3失点で今季初白星  セ・リーグ最下位のヤクルトは18日、中日6回戦(バンテリンドーム)に11―5で勝利し、連敗を止めた。  2試合連続で4番に座った村上宗隆内野手(24)が一回、今季初の〝4番弾〟となる先制の2号2ラン。  3月29日の開幕戦(対中日、神宮)以来となる猛打賞をマークし、勝利に導いた。投げては、高橋奎二投手(26)が5回8安打3失点の粘投で今季初勝利を挙げた。   5回8安打3失点の力投で今季初勝利  粘り強く白星をたぐり寄せた。高橋奎は5回 ...

村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗

写真:サンスポ 村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗 主砲が〝定位置〟に戻ってきた。ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、12日のDeNA戦(横浜)以来、4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場。三回1死の第2打席に右前打を放った。    シーズン開幕前、4番打者の覚悟についてこう口にしていた。    「去年は打てずにチームも5位という成績。もちろん中軸を打っている中で、すごくチームの勝敗に関わる打順だと思います。一昨年とか、その前は僕が打って優勝できているので、それはつなが ...

石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け 

写真:サンスポ 石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け  一球一球に〝らしさ〟が詰まっていた。球界最年長の44歳左腕、ヤクルト・石川雅規投手が先発で今季初登板。味方の援護がないまま降板し、史上最長を更新する入団1年目から23年連続勝利はお預けとなったが、5回76球を投げ6安打無失点と好投した。   「ヒットを打たれても、ゼロというのはいいですけど、やっぱり5回というのが続くと、後ろの投手に迷惑をかけるので、一人でも多く、もう少し長いイニングを投げられるようなピッチングをしていきたい」   あれは彼 ...

山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」

写真:サンスポ 山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」  下半身のコンディション不良で2軍調整中のヤクルト・山田哲人内野手(31)が16日、イースタン・リーグの西武戦(戸田)で実戦復帰した。「5番・DH」で先発出場し、2打数1安打だった。二回の第1打席は遊ゴロ。四回の第2打席は三塁強襲の内野安打を放ち、代走が送られた。    思ったよりも、しっかりと走れている  3月29日に行われた中日との開幕戦(神宮)以来の実戦となったが、「違和感なくできた ...

-ニュース, 濱田 太貴, 赤羽 由紘