〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

松本直樹選手が2ランホームランを放つなど攻守にわたる活躍で勝利!

令和4年4月6日(水)、ヤクルトスワローズは本拠地神宮球場で中日ドラゴンズと第2戦目を戦い、2-1で勝利しました!

高梨投手は立ち上がり、好調大島選手から始まるドラゴンズ打線を3者凡退に切って取ると、続く2回もランナーを許しますが無失点に抑えます。

先制したい打線は2回の裏、長岡選手が技ありのヒットで出塁すると、2アウトから打席には今シーズン初スタメンの松本選手が打席に立ちます。

1ストライク2ボールから高めのストレートをコンパクトに振りぬいた打球は一直線にレフトスタンドへ!2ランホームランを放ち2-0と高梨投手を援護します!

ヤクルト・松本直樹が先制1号2ラン 中日戦で高梨を援護

ヤクルト・松本直樹捕手(28)が「8番・捕手」で先発出場し、二回2死一塁で迎えた第1打席に先制の1号2ランを放った。相手先発の福谷のカットボールを左翼席に運んだ。松本は「高梨さんに早く援護点を取ってあげたかった。2-0と有利カウントだったので思い切って打ちにいきました。援護できて良かったです」とコメントした。

出典:サンスポ

2点の援護をもらった高梨投手はその後6回までを被安打4、1失点に抑える好投を披露し、2-1のままリリーフへバトンタッチします。

7回のマウンドには石山投手が上がります。しかし、先頭の木下選手にヒットを許すと、2つのフォアボールで2アウトながら満塁のピンチを招きます。

ここでマウンドに上がるのは、前回登板で満塁のピンチを1球で抑えた田口投手。好調岡林選手を打席に迎え、今日一番のプレッシャーのかかる場面でした。

岡林選手に投じたその初球。アウトコースへのゆるいスライダーをひっかけさせ、見事ファーストゴロに打ち取り、今回もわずか1球で火消しに成功しました!

ヤクルト田口 2試合連続で1球で火消し 高津監督「いい仕事をしてくれる」

ヤクルト・田口麗斗投手(26)が2試合連続で見事な1球火消しを見せた。2―1の7回2死満塁。3番手でマウンドへ上がった。左腕はピンチにも冷静。岡林に対し初球に外角スライダーを投じて、一ゴロに打ち取り、雄叫びを上げた。

 岡林の5回2死二塁の場面でも初球を打って左飛。捕手の松本直は「この場面でも積極的にくるだろうと思って、初球から勝負だなと思ってリードしようと思っていました。1球でアウトはラッキーですけど、しっかりとお互いに意思疎通ができていた」と振り返った。

 2日のDeNA戦でも同点の6回1死満塁で登板し、関根を二ゴロ併殺打に打ち取っていた。2試合連続で1球火消し。高津監督は「いい仕事をしてくれますね。度胸が据わっているというか、熱い男ですけど、すごく落ち着いているようには見えます」と評価した。

出典:サンスポ

その後、8回には前日決勝ホームランを許した清水投手が満を持してマウンドに上がると、見事無失点に抑え雪辱を果たしました。

2-1のまま迎えた9回のマウンドには守護神マクガフ投手が上がります。

8番京田選手を空振り三振、代打鵜飼選手をサードゴロ、先頭に返り大島選手を空振り三振と圧倒的なピッチングでチームを勝利に導きました。

高梨投手は開幕から無傷の2連勝!女房役の松本選手とお互いに信頼し合い、素晴らしいバッテリーワークでチームを勝利に導きました!

【ヒーロートーク】ヤクルト・高梨、女房役に感謝「本当に“松本様様”」

--1点差のゲームを勝ちきった。今の思いは

「松本(直樹)が本当によくリードしてくれたのですごいいい形で投げられたと思います」

--松本のリードはどうだった

「試合前からコミュニケーションを多くとって、こういうふうに進めていきましょうっていうのをしっかり話していたので、いい形で投げられたと思います」

--7、8回にはピンチも。どんな思いで見ていた

「本当にいいピッチャーたちなので、安心して、信じて見てました」

--松本には見事な本塁打も。どんな思いだった

「リードも打つ方でもすごい助けてもらったなという印象なので。本当に“松本様様”だなと思います」

--松本と組んで2戦2勝。どんな存在か

「松本のミットを見て、信じて投げ込んでるだけなので、すごいいいリードをしてくれていますし、すごい信頼できるキャッチャーだなと思います」

--いい相棒

「はい」

--今後に向けて抱負を

「まだまだシーズンは長いので、1試合1試合、今日のようなピッチングをして、チームに勝ちをつけられるような投球を多くできたらなと思っています」

出典:サンスポ

 

【ヒーロートーク】ヤクルト・松本「高梨さんの良さを生かすということを第一に」

--勝利に導いた2ラン。入った瞬間はどんな思いだった

「甘いボールが来たら、ちゃんと振ろうと思ってました」

--3年ぶり、プロ2本目の本塁打。どんな思いで打席に入った

「2死一塁で僕だったので、長打を打てればいいかなと思って入ったんですけど、長打が出てよかったです」

--リード面も光ったが、高梨とはどんな話をして試合に入ったのか

「まずは高梨さんの良さを生かすということを第一に考えて、2人で話し合って試合に臨みました」

--高梨はどんな存在

「僕が特に何かしてるわけではないんですけど、この2戦すごく気持ちが入っていて、強いボールを投げ込んでくれるので、僕は特に何もしていません」

--ファンに意気込みを

「多くのファンの皆さんのご声援でホームランになったと思います。これからも頑張ります。よろしくお願いします」

出典:サンスポ

ハイライト動画

イニング結果

 
中日000100000150
ヤクルト02000000X271

出典:スポーツナビ

塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」

サンスポ 塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」 ヤクルト・塩見泰隆外野手(30)が「1番・中堅」で先発し、3打数2安打1打点と気を吐いた。 18日の中日との練習試合と合わせて5打数4安打3打点の活躍に、高津監督は「天才の上は何だろう? 超人だね」と高評価。レギュラー再奪取を目指す背番号9は「たまたまの部分が多い。超人と言えば糸井さん(元阪神)。監督もふざけて言っているので、(本気で)そう言ってもらえるぐらいの選手になりたい」と意気込んだ。 サンスポ NEWS

ReadMore

村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」

サンスポ 村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・DH」で今季初実戦に臨んだ。2打数無安打に終わったが、表情は決して暗くはなかった。   「ちょっと力んじゃいましたけど、打って、走るということができたので、よかったです。次は守れるように、体と相談しながらやっていければと思います」   二回先頭の第1打席は一ゴロ、四回無死二塁の第2打席は二ゴロと、いずれも右方向へのゴロに倒れた。ただ、左臀部の張りで一時別メニュー調整を強いられて ...

ReadMore

ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」

スポーツ報知 ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」  ヤクルトのドラフト2位・松本健吾投手=トヨタ自動車=が実戦初登板。2回3安打で無失点デビューを飾ったルーキーは「ホッとしました」と笑みを浮かべた。  0―1の3回からマウンドへ。「1イニング目は緊張もあって、硬さもあった」と、1死から茂木、田中和に連打を浴びてピンチを招いたが、フランコを三ゴロ併殺に仕留めてスコアボードに0を刻んだ。  続く4回は2死から伊藤裕に右中間二塁打を許したが、村林を遊ゴロに抑え、「2イニング目はしっかり自 ...

ReadMore

石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」

サンスポ 石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」 ヤクルト春季キャンプ(20日、沖縄・浦添)球界最年長の44歳、石川雅規投手が20日、沖縄・浦添キャンプでライブBP(実戦形式の打撃練習)に初登板。打者18人に計44球を投げ安打性の打球は3本に抑えた。   「やっぱり基本は真っすぐ。真っすぐをコーナーに投げられたので、そこはよかったかな」   真骨頂は長岡に投じたこの日の44球目だ。125キロの直球で打者を詰まらせ、ファウルとした。   ベテラン左腕と実戦形式で2度目の顔合わせとなった ...

ReadMore

石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調

日刊スポーツ 石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調 ヤクルト石川雅規投手(44)が、実戦形式のライブBPに初登板した。   並木、丸山和らを相手に44球を投げ、安打性は3本。新球「パックル」はこの日は封印したが、順調な仕上がりを示した。   「ある程度、自分のボールを投げられたかなと思います。今年初めてのバッターとの対戦ということでいい緊張感の中で投げられた」と話した。    日刊スポーツ NEWS

ReadMore

-試合結果
-, ,