〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 星 知弥

星知弥、回転力UPでフル回転だ「8割の力で出力を出せるように」

星知弥投手がシーズン通してフル回転することを誓った

栃木・那須郡出身のヤクルト・星知弥投手(29)や清水昇投手(27)ら「チーム栃木」の選手が19日、宇都宮市の清原球場で自主トレーニングを行った。星は昨年12月に韓国で動作解析を実施。投球時の回転運動をさらに速くして出力を上げ、シーズン通してフル回転することを誓った。

 

左足が着いたときに右の腰で押し込むようなイメージ

回転力アップでフル回転だ!! 栃木・那須郡出身の星は、地元での自主トレに「本当にうれしい」と充実した表情。昨年12月に2年連続で韓国の動作解析を行う施設「SSTC」を訪れ、腰の回旋運動を改善していることを明かした。

「回旋運動が昨年(2022年)データを取ったときよりも若干遅かったので、1月は速い動きを多めにして、投球につなげていけるようにしている。腰の回転です。(左足が)着いたときに右の腰で押し込むようなイメージ。前(捕手側)に突っ込んじゃうと、回旋が使えなくなる」

 

8割の力でそれくらいの出力を出せるようにしたい

重要なのは下半身から上半身への連動。武器である伸びる直球の出力をさらに上げるためには、上半身に頼りすぎないことも大事になる。「一球一球全力で投げる感じだったんですけど、8割の力でそれくらいの出力を出せるようにしたい。だいぶいい感じで投げられる」と回旋を意識した投法に手応え十分だ。

昨季はキャリアハイの47試合に登板したが、途中離脱も経験。「納得している結果ではなかった。今年は一年間働けるように」と誓った。

サンスポ

2024/6/15

武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!

写真:サンスポ 武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!  何とも言えない高揚感と喜びだったはずだ。ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が、2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりに登板。21年10月8日の阪神戦(神宮)以来、980日ぶりに勝利を挙げた。   高校野球を引っ張った同世代  同期で同学年の武岡龍世内野手(23)は「9番・二塁」で先発出場。同じく同期で同学年の長岡秀樹内野手(22)と二遊間を守り、奥川の後ろを守った。さらに、打っては三回先頭で右前打を放ち、長岡の二ゴ ...

2024/6/15

奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた

写真:サンスポ 奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた  涙の復活勝利だ!!ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が14日、「日本生命セ・パ交流戦」のオリックス1回戦(京セラ)で2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりの登板を果たし、5回79球を投げて7安打1失点。右肘など度重なるけがを乗り越え、レギュラーシーズンで21年10月8日の阪神戦(同)以来、980日ぶりの白星を飾った。   /背番号18が立ち向かう\808日ぶりの1軍マウンド奥川恭伸が5回を投げきる& ...

2024/6/14

村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」

写真:サンスポ 村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で先発し、一回2死二塁で先制の中前適時打を放った。   ムネナイス先制タイムリー!#村上宗隆 6/14/2024 pic.twitter.com/EboGx9ZPi9— ebappi (@ebappii) June 14, 2024   オリックス先発・カスティーヨが投じた4球目、149キロの直球をはじき返し「奥川が久々の先発で緊張もあると思 ...

2024/6/14

奥川、2年ぶりの一軍戦は5回1失点 980日ぶりの白星権利持ち降板

写真:ベースボールキング 奥川、2年ぶりの一軍戦は5回1失点 980日ぶりの白星権利持ち降板 ヤクルトの奥川恭伸投手(23)が14日、敵地・京セラD大阪でのオリックス戦に先発登板。5回7安打1失点の好投で勝利投手の権利をつかみ、3点リードの6回から救援陣にマウンドを譲った。    右肘痛など度重なるケガに苦しみ、2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来の一軍登板となった奥川。その立ち上がり、1番・廣岡に右中間への大飛球を許したが、右翼・丸山和が好捕し最初のアウトを奪った。その後、一塁・オスナの失策などで二 ...

2024/6/13

山田、6試合ぶりの一発 左翼席へ4号2ラン

写真:サンスポ 山田、6試合ぶりの一発 左翼席へ4号2ラン ヤクルトは2点を追う四回2死一塁で、7番・山田が左翼席への4号2ランを放った。   【文句なしの一発】山田哲人が同点ホームラン! pic.twitter.com/rydLqJcEXs— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) June 13, 2024 カウント1―1からソフトバンクの先発左腕・大関が投じたスライダーを完璧に捉え、6日の西武戦(神宮)以来、6試合ぶりの一発。「バッティングカウントだったので、思い切って仕掛けに ...

2024/6/12

鈴木叶、プロ初出場で逆転タイムリー 「全力プレーでこれからも頑張るので、応援よろしくお願いします」

写真:サンスポ ドラフト4位・高卒1年目の捕手・鈴木叶がプロ初安打初適時打 ヤクルトが大勝。0―1の四回に長岡の適時打で追い付き、プロ初出場の新人、18歳の鈴木が勝ち越しの2点打を放った。五回は村上の14号3ランで加点した。今季初登板の山野は7回1失点で白星。ソフトバンクは大津が誤算だった。鈴木のインタビューは以下の通り。   18歳 高卒ルーキーが魅せる❗️#鈴木叶 フルベースでレフトへのタイムリーヒットで勝ち越し🔥パ主催の交流戦が見放題📡お申 ...

2024/6/12

ドラフト4位・高卒1年目の捕手・鈴木叶がプロ初安打初適時打

写真:スポーツ報知 ドラフト4位・高卒1年目の捕手・鈴木叶がプロ初安打初適時打  ヤクルトのドラフト4位・鈴木叶捕手=常葉大菊川高=がプロ初安打を放った。    1―1の4回2死満塁で大津のスライダーを左前に運んだ。記念の一打は貴重な2点適時打となった。一塁上では右拳を突き上げてベンチに向かって笑顔を見せた。   18歳 高卒ルーキーが魅せる❗️#鈴木叶 フルベースでレフトへのタイムリーヒットで勝ち越し🔥パ主催の交流戦が見放題📡お申込みはこちら ...

2024/6/12

村上宗隆、34打席ぶり14号3ラン 離脱中の同期・塩見泰隆の誕生日祝う

写真:サンスポ 村上宗隆、34打席ぶり14号3ラン 離脱中の同期・塩見泰隆の誕生日祝う  久しぶりの感触だった。ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で先発し、2点リードの五回1死一、二塁で右中間席に14号3ランをたたき込んだ。   【打った瞬間スタンドイン】村上宗隆の一発!お目覚めのスリーラン! pic.twitter.com/o3Yq9AEBpX— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) June 12, 2024    完璧な当たりだった。打った瞬間、スタンドインを確 ...

2024/6/12

7回突如として乱れ無念の降板の吉村貢司郎「連打の場面は他の選択肢あった」と反省

写真:日刊スポーツ 7回突如として乱れ無念の降板の吉村貢司郎「連打の場面は他の選択肢あった」と反省  ヤクルト吉村貢司郎投手(26)が、6回0/3 6安打4失点で4敗目を喫した。2点リードの7回に一挙4点を奪われて逆転負けとなった。「連打の場面は他の選択肢があったのかな。反省したい」と悔やんだ。      6回まで2安打無失点と抑えながら、終盤に猛打を誇るソフトバンク打線につかまった。7回先頭の2番今宮に落ちきらなかったフォークを拾われ中前に運ばれると、そこから3番栗原、4番山川、5番近藤と4連打で同点に ...

2024/6/11

逆転負けでカード初戦1勝8敗“魔の火曜日”に高津臣吾監督「勝率が悪い理由が詰まった今日だった」

写真:スポーツ報知 逆転負けでカード初戦1勝8敗“魔の火曜日”に高津臣吾監督「勝率が悪い理由が詰まった今日だった」  ヤクルトは逆転負けを喫し借金が再び7となった。吉村貢司郎投手が6回0/3を4失点で4敗目となった。  カード初戦の火曜日は1勝8敗となった。高津臣吾監督は「立ち上がりからスチール(丸山和の盗塁死)で足が動いてなかったり、初回にエラーをしたり、火曜日の勝率が悪い理由が詰まった今日だった」と振り返った。    /Lefty Sniper AKIRA\皆が待っていた瞬間中村晃が畳み掛ける ...

2024/6/11

ヤクルト育成1位の高橋翔聖、小川GM明かす「日本人としてドラフト指名」までの舞台裏

写真:日刊スポーツ ヤクルト育成1位の高橋翔聖、小川GM明かす「日本人としてドラフト指名」までの舞台裏  ヤクルトの23年ドラフト会議で育成1位の台湾・鶯歌工商(いんぐこうしょう)の最速151キロ右腕・高橋翔聖投手(18)が10日、都内の球団事務所で入団会見に臨んだ。  登録名は「翔聖」。台湾語と日本語の二刀流。質疑応答は「普段はあまり使わない」日本語で全て済ませた。  台湾の現役高校生が日本の球団からドラフト指名されるのは史上初。「早く支配下を勝ち取って2桁勝利できる投手になりたい」と意気込んだ。   ...

2024/6/11

ヤクルト育成D1位・高橋翔聖が入団会見 台湾育ちの151キロ右腕

写真:サンスポ ヤクルト育成D1位・高橋翔聖が入団会見 台湾育ちの151キロ右腕  ヤクルトから育成ドラフト1位指名された高橋翔聖投手(18)=台湾・鶯歌工商高=が10日、東京・北青山の球団事務所で入団会見に臨んだ。  台湾の現役高校生が日本の球団からドラフト指名を受け獲得されるのは史上初。登録名は「翔聖」となった。  父が台湾国籍、母が日本国籍で、両国籍を持つ右腕。台湾・台北で生まれ育っており、会見冒頭では「普段、日本語はあんまり使わないので、ちょっと緊張しています」と初々しい笑顔を浮かべた。     ...

-ニュース, 星 知弥