〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 清水 昇

清水昇が再浮上へ進化 カットボールや緩いカーブ駆使し鷹封じ

サンスポ

清水昇が再浮上へ進化 カットボールや緩いカーブ駆使し鷹封じ

 ヤクルト・清水昇投手(27)が6日、ソフトバンクとのオープン戦(ペイペイドーム)の五回に3番手で登板。

 オフシーズンから取り組んでいるカットボールや緩いカーブを使って、1回を三者凡退に抑えた。

「曲がり球に対してバッターの反応を見ていても、すごくいい。ここからは出力を上げること、押し引き(緩急)が大事だと思う」

 

110キロ台の緩いカーブなどで打者を翻弄

 今までの清水ではない。変化し、進化していく。昨季まで投球の約9割を直球とフォークボールが占めていた。2020、21年と2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得したが、昨季終盤は狙い撃ちされる場面が目立ち、1勝8敗と負け越し。自らの殻を破るためにも、投球に〝味変〟を加えている。

 先頭の井上に対し、直球で空振りを奪った後に110キロ台の緩いカーブを見せ、フォークで遊直に打ち取った。続く谷川原はカットボールでカウントを稼ぎ、フォークで二ゴロに。9番・三森はカーブで投ゴロに抑え、新たな姿で封じた。

サンスポ




村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗

写真:サンスポ 村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗 主砲が〝定位置〟に戻ってきた。ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、12日のDeNA戦(横浜)以来、4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場。三回1死の第2打席に右前打を放った。    シーズン開幕前、4番打者の覚悟についてこう口にしていた。    「去年は打てずにチームも5位という成績。もちろん中軸を打っている中で、すごくチームの勝敗に関わる打順だと思います。一昨年とか、その前は僕が打って優勝できているので、それはつなが ...

石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け 

写真:サンスポ 石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け  一球一球に〝らしさ〟が詰まっていた。球界最年長の44歳左腕、ヤクルト・石川雅規投手が先発で今季初登板。味方の援護がないまま降板し、史上最長を更新する入団1年目から23年連続勝利はお預けとなったが、5回76球を投げ6安打無失点と好投した。   「ヒットを打たれても、ゼロというのはいいですけど、やっぱり5回というのが続くと、後ろの投手に迷惑をかけるので、一人でも多く、もう少し長いイニングを投げられるようなピッチングをしていきたい」   あれは彼 ...

山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」

写真:サンスポ 山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」  下半身のコンディション不良で2軍調整中のヤクルト・山田哲人内野手(31)が16日、イースタン・リーグの西武戦(戸田)で実戦復帰した。「5番・DH」で先発出場し、2打数1安打だった。二回の第1打席は遊ゴロ。四回の第2打席は三塁強襲の内野安打を放ち、代走が送られた。    思ったよりも、しっかりと走れている  3月29日に行われた中日との開幕戦(神宮)以来の実戦となったが、「違和感なくできた ...

村上宗隆が待望の今季1号 開幕から54打席目「良い角度であがってくれた」

写真:サンスポ 村上宗隆が待望の今季1号 開幕から54打席目「良い角度であがってくれた」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が待望の今季1号をマークした。開幕から13試合目、54打席目での今季初アーチとなった。   「良い角度であがってくれました。先制することができて良かったです」  2試合連続で「2番・三塁」で先発出場。一回の第1打席に大貫の直球をたたいた。カウント3ー1からバックスクリーン左に運んで先制ソロとし、「良い角度であがってくれました。先制することができて良かったです」とコメントした。    プ ...

ヤフーレ、95年ブロス以来の来日初登板3戦3勝の球団記録なるか

写真:日刊スポーツ ヤフーレ、95年ブロス以来の来日初登板3戦3勝の球団記録なるか  14日横浜戦。ヤクルトは新外国人のヤフーレが先発。     ここまでヤフーレは3月31日中日戦、4月7日阪神戦に先発して2勝0敗。  外国人投手が来日初登板から3戦3勝すれば18年ヤングマン(巨人)以来でヤクルトでは95年ブロス以来2人目になる。ブロスは4月9日巨人戦、同16日広島戦、同23、30日阪神戦と、開幕から毎週日曜日に先発して4戦4勝した。同じく日曜日に先発するヤフーレがブロスに続けるか。 出典:日刊スポーツ ...

-ニュース, 清水 昇