〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 高橋 奎二

高橋が5回無失点 前倒しの今季初登板で快投演じる

先発で好投したヤクルト・高橋奎二
先発で好投したヤクルト・高橋奎二

高橋が5回無失点 WBC帰国後、前倒しの今季初登板で快投演じる

一段と大きくなった姿で帰ってきた。WBC日本代表として世界一に輝いたヤクルト・高橋が今季初先発。5回68球を投げ4安打無失点、4奪三振と力を見せつけた。

  

チームメイトのファインプレーにも助けられた

「楽しみです。けがをせずに1年間投げることが大事。日本代表のメンバーみんなで、セ・リーグ、パ・リーグを盛り上げられたら一番いいです」

WBC優勝の熱はまだ冷めやらぬ開幕5戦目。高橋がマウンドに上がると最速151キロを計測した直球を軸にテンポよく投げ込んだ。二回1死二塁では福永の右翼線方向への打球を右翼手・内山がダイビングキャッチ、三回2死二塁では大島に左前打を浴び、本塁生還を狙った二塁走者のビシエドを左翼手・青木、遊撃手・長岡の連係で素早い送球をみせ、アウトに仕留めるなど好守にも助けられた。

 

前倒しの今季初登板で快投

予定よりも早い1軍マウンドだった。WBCから帰国後初登板となった3月29日のイースタン・リーグ、西武戦(戸田)では4回1失点。最速154キロを計測し、4奪三振をみせた投球に当初は複数回、2軍戦で調整する予定だったが、登板後の状態を見極めた上で今季初先発が決定した。

 

WBC決勝ラウンドでは登板機会なし うれしさ半分、悔しさ半分

WBCでの登板は3月12日のオーストラリア戦で、2番手として2回1安打無失点と好投した1度のみ。準決勝、決勝はブルペン待機したが出番はなかった。うれしさ半分、悔しさ半分。2026年の第6回WBCに向けて「3年後は先発として活躍したい」と意気込み、成長した姿をみせた。

出典:サンスポ

    

Twitter

  

  

【おすすめ記事】

奥川恭伸、リーグ戦再開ローテ再編に向けて「本拠地で投げたい」28日から阪神3連戦で登板見込み

写真:スポーツ報知 奥川恭伸、リーグ戦再開ローテ再編に向けて「本拠地で投げたい」28日から阪神3連戦で登板見込み  ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が17日、本拠地のファンに白星を届ける快投を誓った。  度重なる故障を乗り越え、14日のオリックス戦(京セラD)で980日ぶりの復活勝利を挙げた右腕は「本拠地で投げたいですね。たくさんの人の前で投げて、活躍する姿を見せたいです」と決意新た。21日からのリーグ戦再開を前に先発ローテが再編されることもあり、28日からの阪神3連戦(神宮)中の登板が見込まれる。     ...

ReadMore

2024年6月16日(日) vs オリックス

ヤクルトが逆転勝利。 ヤクルトは2点ビハインドで迎えた9回表、山田の適時打などで同点とする。 なおも続く攻撃で、2死二塁から武岡が適時打を放ち、勝ち越しに成功した。投げては、4番手・大西が今季3勝目。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 0 0 0 1 0 0 3 5 9 0 オリックス 0 1 0 0 2 1 0 0 0 4 11 1 責任投手 勝利投手 ヤクルト 大西 (3勝1敗0S) 敗戦投手 オリックス マチャド (2勝2敗7S) セーブ ヤクル ...

ReadMore

青木宣親「いけると思ったので」球界野手最年長42歳が勝利呼び込む盗塁

写真:サンスポ 青木宣親「いけると思ったので」球界野手最年長42歳が勝利呼び込む盗塁 )球界野手最年長の42歳、ヤクルト・青木宣親外野手の足が逆転勝利を呼び込んだ。 3ー4の九回1死一、三塁で代打で登場。遊ゴロを放って同点の打点を挙げた直後だった。次打者の武岡への初球で二盗に成功し、両手を掲げてガッツポーズ。武岡の右翼線適時二塁打で勝ち越しのホームを踏んだ。   盗塁成功後の青木さん可愛かったなあ☺️📸2023.06.09#青木宣親#swallows pic.t ...

ReadMore

山田哲人、逆転劇の口火打!「リーグ戦に戻っても、きょうみたいな試合ができたら」

写真:サンスポ 山田哲人、逆転劇の口火打!「リーグ戦に戻っても、きょうみたいな試合ができたら」 「7番・DH」で先発したヤクルト・山田哲人内野手が逆転の流れをつくった。   キャプテンのタイムリーーー😭😭😭💚💚💚☂️☂️☂️2024/06/16#swallows#山田哲人 pic.twitter.com/dOnwQJSPOm&m ...

ReadMore

武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!

写真:サンスポ 武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献! ヤクルトは2―4の九回に山田の右前適時打、代打青木の内野ゴロで同点。なお2死二塁塁から武岡の右翼線二塁打で勝ち越した。大西が3勝目。 【 ヤ ン ス ワ 大 活 躍 】武岡龍世が決勝打!逆転のタイムリーヒット! pic.twitter.com/vZK0RN3qZC— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) June 16, 2024 オリックスは山下が9三振を奪い、5回1失点にまとめたが、抑えのマチャドが崩 ...

ReadMore

-ニュース, 高橋 奎二