〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース

新外国人・エスパーダが本領発揮 田口離脱の危機にアピール合戦が過熱

サンスポ

新外国人・エスパーダが本領発揮 田口離脱の危機にアピール合戦が過熱

 俺こそが守護神だ!! ヤクルトは27日、韓国・KIAと練習試合(浦添)を行い、5―1で勝利した。五回からは石山泰稚投手(35)、清水昇投手(27)、新外国人のホセ・エスパーダ投手(27)=前パドレス=が1イニングずつ登板。昨季33セーブを挙げた抑えの田口麗斗投手(28)が故障で離脱しているだけに、ポジション争いは必至。高津臣吾監督(55)は明言を避けたが、抑えの座をかけた戦いが過熱する。

  

今は何も考えていないです

 誰が、その座に就くのか。浦添でアピール合戦が繰り広げられた。高津監督は現時点で抑えを任せる投手について明言は避けたが、選手個々の特性を見極め、開幕前に決定することを明かした。

 「別に隠してるわけでもないですし、田口が(開幕に)間に合うというわけでもないですけど、今は何も考えていないです。数日前にはもちろん答えを出すとは思いますけど、選手のいいところを見て、失敗を見て、考えていきたい」

 

守護神の座は誰が座るのか

 昨季、リーグ2位の33セーブを挙げた田口が下半身のコンディション不良を訴え、キャンプ途中に離脱。現在は宮崎・西都での2軍キャンプでキャッチボールなどを行っている。今季も守護神の筆頭候補ではあるが、開幕に間に合うかは不透明。万が一、間に合わなかった場合の代役を準備しておく必要がある。

サンスポ




村上宗隆、今季初の〝4番弾〟 思い出の地・名古屋で「うまく打つことができました」

写真:サンスポ 村上宗隆、今季初の〝4番弾〟 思い出の地・名古屋で「うまく打つことができました」  鮮やかな弾道を描き、左翼席最前列に飛び込んだ。ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が2試合続けて「4番・三塁」で先発すると、一回2死一塁の第1打席に先制の2号2ラン。今季初の〝4番弾〟を放った。   「逆らわずにうまく打つことができました」    〝定位置〟での一発は、特別だったに違いない。一塁ベースを回った主砲は、力を誇示するかのように右手で左胸をたたいた。  中5日で先発した中日・柳の外角直球を一閃。14日 ...

高橋奎二、粘りのピッチ5回8安打3失点で今季初白星

写真:サンスポ 高橋奎二、粘りのピッチ5回8安打3失点で今季初白星  セ・リーグ最下位のヤクルトは18日、中日6回戦(バンテリンドーム)に11―5で勝利し、連敗を止めた。  2試合連続で4番に座った村上宗隆内野手(24)が一回、今季初の〝4番弾〟となる先制の2号2ラン。  3月29日の開幕戦(対中日、神宮)以来となる猛打賞をマークし、勝利に導いた。投げては、高橋奎二投手(26)が5回8安打3失点の粘投で今季初勝利を挙げた。   5回8安打3失点の力投で今季初勝利  粘り強く白星をたぐり寄せた。高橋奎は5回 ...

村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗

写真:サンスポ 村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗 主砲が〝定位置〟に戻ってきた。ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、12日のDeNA戦(横浜)以来、4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場。三回1死の第2打席に右前打を放った。    シーズン開幕前、4番打者の覚悟についてこう口にしていた。    「去年は打てずにチームも5位という成績。もちろん中軸を打っている中で、すごくチームの勝敗に関わる打順だと思います。一昨年とか、その前は僕が打って優勝できているので、それはつなが ...

石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け 

写真:サンスポ 石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け  一球一球に〝らしさ〟が詰まっていた。球界最年長の44歳左腕、ヤクルト・石川雅規投手が先発で今季初登板。味方の援護がないまま降板し、史上最長を更新する入団1年目から23年連続勝利はお預けとなったが、5回76球を投げ6安打無失点と好投した。   「ヒットを打たれても、ゼロというのはいいですけど、やっぱり5回というのが続くと、後ろの投手に迷惑をかけるので、一人でも多く、もう少し長いイニングを投げられるようなピッチングをしていきたい」   あれは彼 ...

山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」

写真:サンスポ 山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」  下半身のコンディション不良で2軍調整中のヤクルト・山田哲人内野手(31)が16日、イースタン・リーグの西武戦(戸田)で実戦復帰した。「5番・DH」で先発出場し、2打数1安打だった。二回の第1打席は遊ゴロ。四回の第2打席は三塁強襲の内野安打を放ち、代走が送られた。    思ったよりも、しっかりと走れている  3月29日に行われた中日との開幕戦(神宮)以来の実戦となったが、「違和感なくできた ...

-ニュース