〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース

【阪神大震災29年】3度被災…元阪神、ヤクルトの歳内宏明氏 子供たちに伝える「生きる意味」

1995年1月17日に発生した阪神大震災から、きょう17日で29年

現役時代は阪神、ヤクルトで活躍した歳内宏明さん(30)は3度の震災を経験した。

 歳内さんは3度、大震災を経験している。帰省中だった今年の元日は妻の実家・福井県で能登半島地震に襲われた。13年前の3月11日に発生した東日本大震災当時は聖光学院2年。そして阪神大震災は、地元・兵庫県尼崎市で両親とともに悪夢を見た。

 
水道やガスも止まった。1週間は店を開けられなかった

「阪神大震災は1歳半の時でした。家族にケガもなく、家の被害も、そこまでなかったと聞いています」
 鉄筋の集合住宅だった実家は揺れに耐えた一方、350メートルほどしか離れていない父方の祖母・初子さん(87)が住む木造の自宅兼酒屋は大きな打撃を受けた。商品の陳列棚は倒れ、酒、酢、油の瓶が床に散乱。浴室のタイルもひび割れた。初子さんは「水道やガスも止まった。1週間は店を開けられなかった」と回想。後年、歳内さんは「傷んだ住宅の修繕費用に充ててほしい」と、阪神入団時の契約金の一部を祖母に贈っている。

 

子供たちへ「野球の楽しさ」に加えて「生きる意味」も伝えていく


 21年限りで現役を引退し、現在は阪神のアカデミーコーチとして奮闘する。「“この子、うまいな”と思うことも多い。みんなが少しでも野球を好きになってくれればうれしい」。震災と隣り合わせの人生を送ってきた歳内さんはこの先も子供たちへ「野球の楽しさ」に加えて「生きる意味」も伝えていく。能登半島地震により今、野球を奪われた北陸の少年少女たちが、一日でも早く、笑顔でプレーできる日常が戻ることを祈りながら白球を追う。 (八木 勇磨)

 ◇歳内 宏明(さいうち・ひろあき)1993年(平5)7月19日生まれ、兵庫県出身の30歳。聖光学院(福島)では2、3年夏の甲子園に出場。11年ドラフト2位で阪神入団。19年オフに退団し、20年は独立リーグの四国・香川でプレー。同年9月にヤクルトでNPBに復帰し21年限りで引退。NPB通算64試合3勝6敗、防御率4・18。現役時は1メートル84、90キロ。右投げ右打ち。

スポニチアネックス

    

  

【おすすめ記事】

塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」

サンスポ 塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」 ヤクルト・塩見泰隆外野手(30)が「1番・中堅」で先発し、3打数2安打1打点と気を吐いた。 18日の中日との練習試合と合わせて5打数4安打3打点の活躍に、高津監督は「天才の上は何だろう? 超人だね」と高評価。レギュラー再奪取を目指す背番号9は「たまたまの部分が多い。超人と言えば糸井さん(元阪神)。監督もふざけて言っているので、(本気で)そう言ってもらえるぐらいの選手になりたい」と意気込んだ。 サンスポ NEWS

ReadMore

村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」

サンスポ 村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・DH」で今季初実戦に臨んだ。2打数無安打に終わったが、表情は決して暗くはなかった。   「ちょっと力んじゃいましたけど、打って、走るということができたので、よかったです。次は守れるように、体と相談しながらやっていければと思います」   二回先頭の第1打席は一ゴロ、四回無死二塁の第2打席は二ゴロと、いずれも右方向へのゴロに倒れた。ただ、左臀部の張りで一時別メニュー調整を強いられて ...

ReadMore

ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」

スポーツ報知 ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」  ヤクルトのドラフト2位・松本健吾投手=トヨタ自動車=が実戦初登板。2回3安打で無失点デビューを飾ったルーキーは「ホッとしました」と笑みを浮かべた。  0―1の3回からマウンドへ。「1イニング目は緊張もあって、硬さもあった」と、1死から茂木、田中和に連打を浴びてピンチを招いたが、フランコを三ゴロ併殺に仕留めてスコアボードに0を刻んだ。  続く4回は2死から伊藤裕に右中間二塁打を許したが、村林を遊ゴロに抑え、「2イニング目はしっかり自 ...

ReadMore

石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」

サンスポ 石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」 ヤクルト春季キャンプ(20日、沖縄・浦添)球界最年長の44歳、石川雅規投手が20日、沖縄・浦添キャンプでライブBP(実戦形式の打撃練習)に初登板。打者18人に計44球を投げ安打性の打球は3本に抑えた。   「やっぱり基本は真っすぐ。真っすぐをコーナーに投げられたので、そこはよかったかな」   真骨頂は長岡に投じたこの日の44球目だ。125キロの直球で打者を詰まらせ、ファウルとした。   ベテラン左腕と実戦形式で2度目の顔合わせとなった ...

ReadMore

石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調

日刊スポーツ 石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調 ヤクルト石川雅規投手(44)が、実戦形式のライブBPに初登板した。   並木、丸山和らを相手に44球を投げ、安打性は3本。新球「パックル」はこの日は封印したが、順調な仕上がりを示した。   「ある程度、自分のボールを投げられたかなと思います。今年初めてのバッターとの対戦ということでいい緊張感の中で投げられた」と話した。    日刊スポーツ NEWS

ReadMore

-ニュース