〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 青木 宣親

ヤクルト・青木宣親、走者一掃の逆転タイムリーに興奮

写真:サンスポ

ヤクルト・青木宣親、走者一掃の逆転タイムリーに興奮

 ヤクルトは打線が奮起し、逆転勝ち。連敗を「3」で止めた。

 

 2点を追う六回、2死から走者をためると、ホセ・オスナ内野手(31)の適時打、青木宣親外野手(42)の3点二塁打で逆転に成功。

 

 試合後の青木のヒーロインタビューは以下の通り。

 

--六回は2死からつないだ満塁のチャンスだった。どんな思いで打席に向かったか。

「前のバッター(サンタナ)がすごく粘ってたので、『ここで』っていう気持ちで打席に立ちました」

--サンタナが10球粘った。

「ああいう粘りのある攻撃をしていこうと常に言ってたので、今日はそれがいい方向にいったんだと思います」

--タイムリーを打ったときの感触は。

「そのへんは神頼みというか、当たりは悪くなかったので『とにかく落ちてくれ』と。そういう気持ちでした」

--落ちた瞬間は。

「ファーストベースを踏み忘れそうになって、それぐらい興奮してたので、いい1本になりました」

--先発の吉村へ今季初勝利、チームの連敗を止める1打になった。

「ピッチャーに最近助けられてるので、野手としてはしっかり援護していきたいというふうに思ってます」

--ベテランとして、これからどんなプレーをみせてくれますか。

「今日のようなプレーができるように、とにかく一つ一つ戦っていきたい。まだ先は長いんで、一つずつやっていきたいと思います」

出典:サンスポ




田口の1軍復帰戦は1回1安打無失点 開幕翌日の2軍降格から復活も「うかうかしていられない」

写真:スポニチ 田口の1軍復帰戦は1回1安打無失点 開幕翌日の2軍降格から復活も「うかうかしていられない」  ヤクルトの田口麗斗投手(28)が、18日の阪神戦で1軍復帰登板を果たした。1点ビハインドの8回から3番手でマウンドに上がると、先頭の代打・森下にいきなり右前打を浴びた。その後、捕逸で無死二塁と得点圏に走者を背負ったものの、井上を空振り三振、中野は三ゴロ、近本を一ゴロに打ち取って無失点に抑えた。    2月のキャンプ中に左ふくらはぎを痛めて離脱  田口は2月のキャンプ中に左ふくらはぎを痛めて離脱した ...

ヤクルトが阪神に屈辱の零敗 打線が今季最少の3安打に封じられ高津監督は「何とかしないといけない」

写真:スポニチ ヤクルトが阪神に屈辱の零敗 打線が今季最少の3安打に封じられ高津監督は「何とかしないといけない」  ヤクルトが18日、敵地・甲子園で阪神に屈辱の零敗を喫した。  先発のヤフーレは0―0の4回に先頭・中野、近本と連続四球を与え、続く4番・大山に先制の左前適時打を浴びた。  その後は走者を出しながら粘りの投球。4四球と制球が安定しない中でも、6回1/3を3安打1失点でまとめた。  救援陣も星、田口とつないで最少失点に抑えたが、自慢の打線が今季ワーストタイの3安打で無得点と完全に沈黙した。   ...

吉村貢司郎、4勝目も反省「信頼を得るにはしっかり抑えていかないといけない」

写真:サンスポ 吉村貢司郎、4勝目も反省「信頼を得るにはしっかり抑えていかないといけない」  ヤクルト・吉村貢司郎投手ははストライク先行で試合をつくり、4勝目(2敗)を挙げた。5回2/3を4安打2失点(自責点0)。「真っすぐは押せていたので、そこらへんに関してはすごくよかった」と振り返った。 「打たれた球は逆球。(失策を)カバーしないといけなかった。」  六回に失策が絡んで走者を背負い、大山に適時打を許して降板した。「打たれた球は逆球。(失策を)カバーしないといけなかった。信頼を得るにはしっかり抑えていか ...

村上宗隆、6年連続2桁本塁打!「思い切って打ちにいった」甲子園で2年ぶりアーチ

写真:サンスポ 村上宗隆、6年連続2桁本塁打! 2戦連発の10号3ランに「思い切って打ちにいった」 甲子園で2年ぶりアーチ  主砲のバットから快音が鳴り止まらない。ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で先発し、1点リードの三回2死一、二塁で、右中間席へ2戦連発となる10号3ランを放った。    「バッティングカウントだったので、思い切って打ちにいきました」  阪神先発・青柳が投じた低めのシュートを完璧に捉え「バッティングカウント(2ボール)だったので、思い切って打ちにいきました」。15日の広島 ...

長岡秀樹が今季2度目の3番起用に応える先制打「コンパクトに打つことができた」

写真:サンスポ 長岡秀樹が今季2度目の3番起用に応える先制打「コンパクトに打つことができた」  ヤクルト・長岡秀樹内野手(22)が今季2度目となる「3番・遊撃」で起用され、首脳陣の期待に結果で応えた。    一回1死二塁で先制の中前適時打。阪神先発・青柳の144㌔直球をはじき返し「先制のチャンスだったので強引にいかず、コンパクトに打つことができました」とうなずいた。試合前時点での打率・295はリーグ3位と好調を維持している。 出典:サンスポ     NEWS

-ニュース, 青木 宣親