〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース

選手会長・小川泰弘が1軍キャンプ打ち上げで手締めのあいさつ「チームスワローズは大きく成長していく」

キャンプの手締めの音頭をとるヤクルト・小川泰弘

キャンプの手締めの音頭をとるヤクルト・小川泰弘

 

【メディアニュース

ヤクルト選手会長・小川泰弘が1軍キャンプ打ち上げで手締めのあいさつ「チームスワローズは大きく成長していく」

  

ヤクルト春季キャンプ(27日、沖縄・浦添)2月1日にスタートしたキャンプを打ち上げた。午前中の練習後、マウンド周りに首脳陣、選手、スタッフが集まると、中心で選手会長の小川泰弘投手(32)があいさつ。リーグ3連覇と日本一奪還への号令をかけた。

 

「皆さん、キャンプお疲れ様でした。コロナも落ち着いて、ファンの方も戻って、活気のある中で充実したキャンプが送れたと思います。支えてくださったトレーナーの皆さん、裏方さん、コーチの皆さん、皆さんのおかげで選手は思い切って練習することができましたありがとうございます。今年のスローガンは『さあ、行こうか!』です。どんな時でも一人一人が野球への情熱と愛を持つ続け、我慢強く挑戦していけば、チームスワローズは大きく成長していくと思います。『さあ、行こうか』と心を新たにして戦い、今年も優勝、日本一を勝ち取りましょう」

 

最後は一本締めの音頭を取った小川。球団初の偉業達成へ、開幕までの1カ月間準備を整える。

 

出典:サンスポ

【おすすめ記事】

チェック!
プロ野球中継をネットで見る方法【無料あり】

続きを見る

チェック!
【2024年】神宮球場おすすめグルメ10選!

続きを見る

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-ニュース
-