〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 青木 宣親

青木宣親が早大の1学年先輩・和田から三塁打 球界野手最年長の42歳が健在ぶりをアピール

サンスポ

青木宣親が早大の1学年先輩・和田から三塁打

〝先輩撃ち〟だ!! 球界野手最年長のヤクルト・青木宣親外野手(42)が「5番・右翼」で先発出場。二回先頭の第1打席に、早大の1学年先輩・和田から中堅フェンス直撃の三塁打を放った。

 

球界野手最年長の42歳が健在ぶりをアピール

 1ストライクからの2球目だった。139キロの直球をはじき返し、全力疾走で三塁に到達。塁上で手を挙げて笑顔を見せ、続く中村の右前適時打で生還した。1月に42歳を迎えた日米通算21年目のベテランが、健在ぶりをアピールした。

 プロで活躍する土台を作ったのが、早大時代だった。宮崎・日向高時代は決して名が知れた選手ではなく、指定校推薦で進学。「大学4年間は野球漬けだった。プロに行きたかったですし、4年後に笑える自分でいるためにはやっぱり練習をするしかなかった」とがむしゃらに白球を追い、黙々とバットを振った。

 

「周りにプロに入るようなすごい選手が多かったのも大きかった」と青木。同学年には鳥谷敬(元阪神など)、比嘉寿光(元広島)、由田慎太郎(元オリックス)、1学年下には田中浩康(元ヤクルトなど)、2学年下には武内晋一(元ヤクルト)らプロの道に進んだ選手が数多くいた。和田もその一人。ともに汗を流した先輩から放った一打は、また特別な一本になったに違いない。

外野のレギュラー争いは激しいが、若手に負けるつもりはない。次に和田と相対する可能性があるのは交流戦。再戦を果たし、勝利に導く殊勲打を放つためにも元気な姿を見せ続ける。

  

サンスポ




吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」

写真:日刊スポーツ 吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」  ヤクルト吉村貢司郎投手(26)が、23日の広島戦(神宮)で9連戦の先陣を切る。今季は先発した3試合ともに6回以上投げ、1勝1敗、防御率2・84と安定。 順番通りなら20日のDeNA戦だったが、ローテ再編で中9日で大事な9連戦の初戦を任された。    この日は神宮外苑で最終調整し「しっかりと自分のピッチングをして、勝ちにつなげられればいいなと思います」と意気込んだ。 出典:日刊スポーツ     NEWS

小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ

写真:サンスポ 小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ  巻き返しのピースがそろい始めた。上半身のコンディション不良で離脱していたヤクルト・小川泰弘投手(33)が22日、1軍に合流。神宮外苑で行われた投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。  「けがをしたことはすごく残念ですが、必要な時間だと自分に言い聞かせてトレーニングしてきた。ここからが大事だと思う。1試合でも多くいい投球ができるように」 「結果を恐れずに投げていきたい」  チームは23日の広島戦(神宮)から9連戦が予定されている。前半戦 ...

丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667

写真:サンスポ 丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667  ヤクルト・丸山和郁外野手(24)が6点を追う八回2死一、三塁の好機に代打で登場し、中前への適時打をマークした。下手投げ右腕の中川の初球を捉えた。   「きた球にタイミングを合わせることに集中しました」  「無心で打席に入りました。頑張って打とうという気持ちはもちろんありますけど、そういう気持ちを抑えて、欲を出さないように。きた球にタイミングを合わせることに集中しました」    チームは2連敗。最下位で波に乗り切れない ...

山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打

写真:サンスポ 山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打  雨が降る神宮で必死に声援を送るファンの期待に応える一打だった。  下半身のコンデイション不良から20日に1軍復帰して2戦目のヤクルト・山田哲人内野手(31)が、二回に復帰後初安打となる左前適時打をマーク。今季初打点を挙げた。   「点差があるので1点ずつみんなで返していきます」  2試合続けて「6番・二塁」で先発出場。0-7の二回無死一、二塁で迎えた第1打席だった。  力強い「やまーだてつと」コールが球場 ...

村上宗隆がリーグトップに並ぶ4号ソロ DeNA・大貫から通算10本目

写真:サンスポ 村上宗隆がリーグトップに並ぶ4号ソロ DeNA・大貫から通算10本目  「4番・三塁」で先発出場したヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、1-8の四回先頭でリーグトップに並ぶ4号ソロをマークした。    カウント1-2から真ん中寄りのスライダーを捉え、バックスクリーンに運んだ。DeNA・大貫からはこれで通算10本目の一発となり、相性の良さを示した。 出典:サンスポ NEWS

-ニュース, 青木 宣親