〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 青木 宣親

青木宣親が激走三塁打! 「思い入れのある」早大先輩・和田から中堅フェンス直撃打

サンスポ

青木宣親が激走三塁打! 「思い入れのある」早大先輩・和田から中堅フェンス直撃打

 まだまだ元気!! ヤクルトは5日、ソフトバンクとのオープン戦(ペイペイドーム)に4-5でサヨナラ負けを喫した。

 「5番・右翼」で先発した球界野手最年長、青木宣親外野手(42)が早大の1学年先輩、和田毅投手(43)から中越え三塁打を放ち、健在ぶりをアピール。投げては昨季限りでソフトバンクを戦力外となった嘉弥真新也投手(34)が八回に4番手で登板し、1回1安打無失点に抑えた。

  

本当にいい当たりだった、特別、思い入れのある先輩です

 全力でグラウンドを駆け回り、笑顔で拳を上げた。球界野手最年長の42歳、青木が健在ぶりをアピールした。二回先頭で中堅フェンス直撃の三塁打。早大の1学年先輩、和田の直球を捉え、うなずいた。

 「本当にいい当たりだった。大学時代に後ろを守っていたので特別、思い入れのある先輩です。去年だってスピードが上がっていると(記事で)見ましたし、しっかり打ち返せるようにという気持ちでいきました」

 

 その背中を追いかけ、プロの世界に飛び込んだ。宮崎・日向高時代は決して名が知れた選手ではなく、指定校推薦で進学。入学当初は故障ばかりだったというが「プロに行きたかったですし、4年後に笑える自分でいるためにはやっぱり練習をするしかなかった。大学4年間は野球漬けだった」と体を鍛え、がむしゃらに白球を追い、黙々とバットを振った。

 

和田さんがこうやってまだ一線でやってますし、うちの石川さんもそう。そういった方の姿に感じることはあります

 「周りにプロに入るようなすごい選手が多かったのも大きかった」。同学年に鳥谷敬(元阪神など)、比嘉寿光(元広島)、由田慎太郎(元オリックス)、1学年下に田中浩康(元ヤクルトなど)、2学年下には武内晋一(元ヤクルト)らプロの道に進んだ選手が数多くいた。絶対的エースだった和田もその一人。今もなお向上心の尽きない先輩の姿には刺激をもらっている。

 

 日米通算21年目。西川(前楽天)の加入もあり、外野のレギュラー争いは激しさを増すが、負けるつもりはない。オフシーズンから下半身からの連動を意識して振り込んできており、開幕に向けて上々の仕上がりだ。

  

 高津監督は「試合途中で退いても、ベンチでずっと声を出している。彼がいいお手本を示していくれている」とチームへの影響力を高く評価した。先輩の背中を追い、必死にプロへの門をこじ開けた男は、21年がたち、厳しい世界で戦う後輩たちに背中で見せている。

サンスポ




村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗

写真:サンスポ 村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗 主砲が〝定位置〟に戻ってきた。ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、12日のDeNA戦(横浜)以来、4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場。三回1死の第2打席に右前打を放った。    シーズン開幕前、4番打者の覚悟についてこう口にしていた。    「去年は打てずにチームも5位という成績。もちろん中軸を打っている中で、すごくチームの勝敗に関わる打順だと思います。一昨年とか、その前は僕が打って優勝できているので、それはつなが ...

石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け 

写真:サンスポ 石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け  一球一球に〝らしさ〟が詰まっていた。球界最年長の44歳左腕、ヤクルト・石川雅規投手が先発で今季初登板。味方の援護がないまま降板し、史上最長を更新する入団1年目から23年連続勝利はお預けとなったが、5回76球を投げ6安打無失点と好投した。   「ヒットを打たれても、ゼロというのはいいですけど、やっぱり5回というのが続くと、後ろの投手に迷惑をかけるので、一人でも多く、もう少し長いイニングを投げられるようなピッチングをしていきたい」   あれは彼 ...

山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」

写真:サンスポ 山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」  下半身のコンディション不良で2軍調整中のヤクルト・山田哲人内野手(31)が16日、イースタン・リーグの西武戦(戸田)で実戦復帰した。「5番・DH」で先発出場し、2打数1安打だった。二回の第1打席は遊ゴロ。四回の第2打席は三塁強襲の内野安打を放ち、代走が送られた。    思ったよりも、しっかりと走れている  3月29日に行われた中日との開幕戦(神宮)以来の実戦となったが、「違和感なくできた ...

村上宗隆が待望の今季1号 開幕から54打席目「良い角度であがってくれた」

写真:サンスポ 村上宗隆が待望の今季1号 開幕から54打席目「良い角度であがってくれた」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が待望の今季1号をマークした。開幕から13試合目、54打席目での今季初アーチとなった。   「良い角度であがってくれました。先制することができて良かったです」  2試合連続で「2番・三塁」で先発出場。一回の第1打席に大貫の直球をたたいた。カウント3ー1からバックスクリーン左に運んで先制ソロとし、「良い角度であがってくれました。先制することができて良かったです」とコメントした。    プ ...

ヤフーレ、95年ブロス以来の来日初登板3戦3勝の球団記録なるか

写真:日刊スポーツ ヤフーレ、95年ブロス以来の来日初登板3戦3勝の球団記録なるか  14日横浜戦。ヤクルトは新外国人のヤフーレが先発。     ここまでヤフーレは3月31日中日戦、4月7日阪神戦に先発して2勝0敗。  外国人投手が来日初登板から3戦3勝すれば18年ヤングマン(巨人)以来でヤクルトでは95年ブロス以来2人目になる。ブロスは4月9日巨人戦、同16日広島戦、同23、30日阪神戦と、開幕から毎週日曜日に先発して4戦4勝した。同じく日曜日に先発するヤフーレがブロスに続けるか。 出典:日刊スポーツ ...

-ニュース, 青木 宣親