〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 木澤 尚文

木澤尚文、2種類のカットボール習得を目指す

サンスポ

木澤尚文、2種類のカットボール習得を目指す

ヤクルトの木沢尚文投手がブルペンで30球を投じ、小さく曲がるカットボールを試投した。シュートが武器の4年目右腕は、カットボールの球速帯がこれまで140キロほど。

 

「スラット(スライダーとカットボールの中間)気味なので、左打者の体の近いところに投げ込めるようなカットがあればいい。真っすぐで来てグッて曲がるやつを」求めて挑戦中だ。

  

新たな変化球をものにして、今季もフル回転を目指す。

サンスポ




村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗

写真:サンスポ 村上宗隆が4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場も…打線がつながらず2連敗 主砲が〝定位置〟に戻ってきた。ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、12日のDeNA戦(横浜)以来、4試合ぶりに「4番・三塁」で先発出場。三回1死の第2打席に右前打を放った。    シーズン開幕前、4番打者の覚悟についてこう口にしていた。    「去年は打てずにチームも5位という成績。もちろん中軸を打っている中で、すごくチームの勝敗に関わる打順だと思います。一昨年とか、その前は僕が打って優勝できているので、それはつなが ...

石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け 

写真:サンスポ 石川雅規、入団1年目から23年連続勝利はお預け  一球一球に〝らしさ〟が詰まっていた。球界最年長の44歳左腕、ヤクルト・石川雅規投手が先発で今季初登板。味方の援護がないまま降板し、史上最長を更新する入団1年目から23年連続勝利はお預けとなったが、5回76球を投げ6安打無失点と好投した。   「ヒットを打たれても、ゼロというのはいいですけど、やっぱり5回というのが続くと、後ろの投手に迷惑をかけるので、一人でも多く、もう少し長いイニングを投げられるようなピッチングをしていきたい」   あれは彼 ...

山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」

写真:サンスポ 山田哲人、イースタン・リーグ西武戦で実戦復帰 2打数1安打に「違和感なくできた。順調に回復している」  下半身のコンディション不良で2軍調整中のヤクルト・山田哲人内野手(31)が16日、イースタン・リーグの西武戦(戸田)で実戦復帰した。「5番・DH」で先発出場し、2打数1安打だった。二回の第1打席は遊ゴロ。四回の第2打席は三塁強襲の内野安打を放ち、代走が送られた。    思ったよりも、しっかりと走れている  3月29日に行われた中日との開幕戦(神宮)以来の実戦となったが、「違和感なくできた ...

村上宗隆が待望の今季1号 開幕から54打席目「良い角度であがってくれた」

写真:サンスポ 村上宗隆が待望の今季1号 開幕から54打席目「良い角度であがってくれた」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が待望の今季1号をマークした。開幕から13試合目、54打席目での今季初アーチとなった。   「良い角度であがってくれました。先制することができて良かったです」  2試合連続で「2番・三塁」で先発出場。一回の第1打席に大貫の直球をたたいた。カウント3ー1からバックスクリーン左に運んで先制ソロとし、「良い角度であがってくれました。先制することができて良かったです」とコメントした。    プ ...

ヤフーレ、95年ブロス以来の来日初登板3戦3勝の球団記録なるか

写真:日刊スポーツ ヤフーレ、95年ブロス以来の来日初登板3戦3勝の球団記録なるか  14日横浜戦。ヤクルトは新外国人のヤフーレが先発。     ここまでヤフーレは3月31日中日戦、4月7日阪神戦に先発して2勝0敗。  外国人投手が来日初登板から3戦3勝すれば18年ヤングマン(巨人)以来でヤクルトでは95年ブロス以来2人目になる。ブロスは4月9日巨人戦、同16日広島戦、同23、30日阪神戦と、開幕から毎週日曜日に先発して4戦4勝した。同じく日曜日に先発するヤフーレがブロスに続けるか。 出典:日刊スポーツ ...

ヤクルト・青木宣親、走者一掃の逆転タイムリーに興奮

写真:サンスポ ヤクルト・青木宣親、走者一掃の逆転タイムリーに興奮  ヤクルトは打線が奮起し、逆転勝ち。連敗を「3」で止めた。    2点を追う六回、2死から走者をためると、ホセ・オスナ内野手(31)の適時打、青木宣親外野手(42)の3点二塁打で逆転に成功。    試合後の青木のヒーロインタビューは以下の通り。   --六回は2死からつないだ満塁のチャンスだった。どんな思いで打席に向かったか。 「前のバッター(サンタナ)がすごく粘ってたので、『ここで』っていう気持ちで打席に立ちました」 --サンタナが10 ...

村上宗隆、開幕から53打席目で今季初打点 プロ初の2番起用に応える「追加点が取れてよかった」

写真:サンスポ 村上宗隆、開幕から53打席目で今季初打点 プロ初の2番起用に応える「追加点が取れてよかった」  プロ7年目で初めて2番に座ったヤクルト・村上宗隆内野手(24)が開幕から12試合、53打席目で今季初となる打点をマークした。   良い流れで回ってきて追加点が取れてよかったです  4-2の七回1死満塁で迎えた第4打席。カウント1-1から石川のカーブを引っ張り、一、二塁間を破った。右前適時打とし「良い流れで回ってきて追加点が取れてよかったです」とコメントした。  村上は今季、前日12日のDeNA戦 ...

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

石川雅規、2軍戦で2回無失点 23年連続勝利へ着々

写真:サンスポ 石川雅規、2軍戦で2回無失点 23年連続勝利へ着々  球界最年長44歳のヤクルト・石川雅規投手が10日、イースタン・リーグの楽天戦に先発し、2回25球を投げ、1安打無失点。  先発予定だった9日の同カードが雨天中止となったためスライド登板し「イニング、球数は少なかったが、しっかり打者に入っていく準備はできた」と話した。  1956-77年の米田哲也(阪急など)を超える歴代最長の入団1年目から23年連続勝利がかかるシーズン。次戦は16-18日の中日戦(バンテリンドーム)の予定で「できる限りの ...

奥川恭伸、実戦復帰へ「来週中を目指して頑張りたい」

写真:サンスポ 奥川恭伸、実戦復帰へ「来週中を目指して頑張りたい」  コンディション不良で2軍調整中のヤクルト・奥川が10日、ブルペン入り。立った捕手に対し、力強い球を投げ、「投げ方も感覚もよかった」と振り返った。     当初は9―11日のイースタン・リーグ、楽天戦で実戦復帰する見通しだったが、状態が上がらず白紙となっていた。一度は足踏みしたが、調子が上向きで「僕としては来週中(の実戦復帰)を目指して頑張りたい」と見据えた。 出典:サンスポ NEWS

-ニュース, 木澤 尚文