〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース

ヤクルトが八回に逆転許す 高津監督「止められなかったところは僕の判断ミスもある」

写真:サンスポ

ヤクルトが八回に逆転許す 高津監督「止められなかったところは僕の判断ミスもある」

 ヤクルトは1点リードの八回に逆転を許し、2連敗を喫した。

 セットアッパーの清水昇投手(27)が2死一塁から4番・堂林に四球を与えると、続く上本に同点の右前適時打を浴びた。

 

 代わった嘉弥真新也投手(34)=前ソフトバンク=も代打・松山、矢野に連打を浴び、2投手で計4失点。

 

高津臣吾監督(55)のコメントは以下の通り。




――八回に清水が捕まり、2試合連続で敗戦投手となった

「まあ清水を出したことは、特に間違いじゃないと思いますけどね。そのあと、止められなかったというところは、僕のちょっと判断ミスもあったかなと思いますね」

 

――清水の状態はどう見ているか

「どうでしょう。そんなにいつもと変わりはないと思いますね」

 

――今後も八回を任せる

「いや、特に考えてないですね」

 

――嘉弥真も左打者に打たれるなど苦しい投球が続く

「まあ、そうですね。1人抑えてほしいと思って指名はしているんですけどね。なかなか簡単じゃないですね」

 

――今後を戦ううえでもリリーフ陣の踏ん張りが必要になる

「まあ、(高橋)奎二があれだけ投げたので、先発があれだけ投げたので、きょうは逃げ切らなきゃいけないゲームだったと思いますね。いろいろなところでちょっと、悔いが残るというか、そんなゲームですね」

 

――高橋は7回5安打2失点。いい投球だった

「真っすぐでも、変化球でも、空振りたくさんとれたので。空振りだけがあれじゃないですけど、少し制球重視でね、いつもと違う大人のピッチングをできたかなと思いますけどね」

 

――七回の守備。長岡の失策で流れが変わった

「まあ、エラーはしようと思ってするわけじゃないので、全力でやったプレーの結果なので、それは練習してうまくなるしかないと思います。流れが変わったかどうかは別として、そんな感じだと思います」

 

――序盤はチームを助ける守備もあった

「きょうは間違いなくあっちによく打球が飛ぶ、左側によく打球が飛ぶ。奎二が投げるわけなので、序盤はよくたくさん、難しいフライも含めて、よく頑張ったと思いますけどね」

 

――明日(5日)から神宮に戻っての阪神戦。切り替えも必要

「ズルズルいかないことが大事だと思います。これが1つ負け、2つ負け、去年はこのままズルズル、ズルズル行ってしまったというところがあるので、気持ちを切り替え、相手も替わるし、また原点に戻って、基礎に戻って、やれることをしっかりやる、難しいことを頑張るというところはもう一回確認したいと思いますね」

出典:サンスポ




吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」

写真:日刊スポーツ 吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」  ヤクルト吉村貢司郎投手(26)が、23日の広島戦(神宮)で9連戦の先陣を切る。今季は先発した3試合ともに6回以上投げ、1勝1敗、防御率2・84と安定。 順番通りなら20日のDeNA戦だったが、ローテ再編で中9日で大事な9連戦の初戦を任された。    この日は神宮外苑で最終調整し「しっかりと自分のピッチングをして、勝ちにつなげられればいいなと思います」と意気込んだ。 出典:日刊スポーツ     NEWS

小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ

写真:サンスポ 小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ  巻き返しのピースがそろい始めた。上半身のコンディション不良で離脱していたヤクルト・小川泰弘投手(33)が22日、1軍に合流。神宮外苑で行われた投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。  「けがをしたことはすごく残念ですが、必要な時間だと自分に言い聞かせてトレーニングしてきた。ここからが大事だと思う。1試合でも多くいい投球ができるように」 「結果を恐れずに投げていきたい」  チームは23日の広島戦(神宮)から9連戦が予定されている。前半戦 ...

丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667

写真:サンスポ 丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667  ヤクルト・丸山和郁外野手(24)が6点を追う八回2死一、三塁の好機に代打で登場し、中前への適時打をマークした。下手投げ右腕の中川の初球を捉えた。   「きた球にタイミングを合わせることに集中しました」  「無心で打席に入りました。頑張って打とうという気持ちはもちろんありますけど、そういう気持ちを抑えて、欲を出さないように。きた球にタイミングを合わせることに集中しました」    チームは2連敗。最下位で波に乗り切れない ...

山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打

写真:サンスポ 山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打  雨が降る神宮で必死に声援を送るファンの期待に応える一打だった。  下半身のコンデイション不良から20日に1軍復帰して2戦目のヤクルト・山田哲人内野手(31)が、二回に復帰後初安打となる左前適時打をマーク。今季初打点を挙げた。   「点差があるので1点ずつみんなで返していきます」  2試合続けて「6番・二塁」で先発出場。0-7の二回無死一、二塁で迎えた第1打席だった。  力強い「やまーだてつと」コールが球場 ...

村上宗隆がリーグトップに並ぶ4号ソロ DeNA・大貫から通算10本目

写真:サンスポ 村上宗隆がリーグトップに並ぶ4号ソロ DeNA・大貫から通算10本目  「4番・三塁」で先発出場したヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、1-8の四回先頭でリーグトップに並ぶ4号ソロをマークした。    カウント1-2から真ん中寄りのスライダーを捉え、バックスクリーンに運んだ。DeNA・大貫からはこれで通算10本目の一発となり、相性の良さを示した。 出典:サンスポ NEWS

-ニュース