〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

サイスニード ニュース

狩人サイスニード「野球に通じる」オフに100キロの熊と250キロのヘラジカ狩る

日刊スポーツ

狩人サイスニード「野球に通じる」オフに100キロの熊と250キロのヘラジカ狩る

ブルペンの1レーンが静寂に包まれた。ヤクルトのサイスニード投手(31)は、狩場のごとく、息を潜めた。他の投手が投げるたびにうなる中で「声を出すキャラではない」。ナタを振り下ろすように、右腕がしなった。直球、スライダー、チェンジアップ、カットボール、ナックルカーブの全球種を42球。球審をどかし、大塚ブルペン捕手と1対1で向き合った。「自分のストライクゾーンを意識して、そこの確認で投げたかった」。こだわりを詰め、ミットに照準を定めた。

   

アラスカで狩猟生活

「生まれながらだよ」のハンター。オフも野生に身を置いた。夫人のハンナさんの出身地・アラスカで、2日をかけて約100キロの熊、6日をかけて250キロ前後のヘラジカをハント。熊はスパイスを混ぜ、ソーセージに。ヘラジカはステーキなどで平らげ、命に感謝した。「めちゃうまいよ。においもない」と流ちょうな日本語で笑った。

  




 

どのチームもハントしていくことが必要

将来的には、ジビエ料理店の開業も夢見る右腕。今回のハンティングでは1日に10時間の耐久戦もあったという。狩った鹿を兄と担ぎながら、急斜面を10キロ歩いた。「野球に通じる。体力、忍耐力がつく」。セ界にうごめく“獲物”は虎、コイ、星、ウサギ(?)、そして竜。「どのチームもハントしていくことが必要」と、えり好みはしない。

  

監督から言われたところで投げるというのが自分の仕事

モンスターハンターより、リアルが好きな狩人。来日4年目のシーズンが始まる。「開幕投手に選ばれれば光栄。ただ、監督から言われたところで投げるというのが自分の仕事」。これまで危険な目に遭ったことは? 「サイスニードの方が危険だよ」。狙った獲物は逃さない。

日刊スポーツ

   

塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」

サンスポ 塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」 ヤクルト・塩見泰隆外野手(30)が「1番・中堅」で先発し、3打数2安打1打点と気を吐いた。 18日の中日との練習試合と合わせて5打数4安打3打点の活躍に、高津監督は「天才の上は何だろう? 超人だね」と高評価。レギュラー再奪取を目指す背番号9は「たまたまの部分が多い。超人と言えば糸井さん(元阪神)。監督もふざけて言っているので、(本気で)そう言ってもらえるぐらいの選手になりたい」と意気込んだ。 サンスポ NEWS

村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」

サンスポ 村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・DH」で今季初実戦に臨んだ。2打数無安打に終わったが、表情は決して暗くはなかった。   「ちょっと力んじゃいましたけど、打って、走るということができたので、よかったです。次は守れるように、体と相談しながらやっていければと思います」   二回先頭の第1打席は一ゴロ、四回無死二塁の第2打席は二ゴロと、いずれも右方向へのゴロに倒れた。ただ、左臀部の張りで一時別メニュー調整を強いられて ...

ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」

スポーツ報知 ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」  ヤクルトのドラフト2位・松本健吾投手=トヨタ自動車=が実戦初登板。2回3安打で無失点デビューを飾ったルーキーは「ホッとしました」と笑みを浮かべた。  0―1の3回からマウンドへ。「1イニング目は緊張もあって、硬さもあった」と、1死から茂木、田中和に連打を浴びてピンチを招いたが、フランコを三ゴロ併殺に仕留めてスコアボードに0を刻んだ。  続く4回は2死から伊藤裕に右中間二塁打を許したが、村林を遊ゴロに抑え、「2イニング目はしっかり自 ...

石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」

サンスポ 石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」 ヤクルト春季キャンプ(20日、沖縄・浦添)球界最年長の44歳、石川雅規投手が20日、沖縄・浦添キャンプでライブBP(実戦形式の打撃練習)に初登板。打者18人に計44球を投げ安打性の打球は3本に抑えた。   「やっぱり基本は真っすぐ。真っすぐをコーナーに投げられたので、そこはよかったかな」   真骨頂は長岡に投じたこの日の44球目だ。125キロの直球で打者を詰まらせ、ファウルとした。   ベテラン左腕と実戦形式で2度目の顔合わせとなった ...

石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調

日刊スポーツ 石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調 ヤクルト石川雅規投手(44)が、実戦形式のライブBPに初登板した。   並木、丸山和らを相手に44球を投げ、安打性は3本。新球「パックル」はこの日は封印したが、順調な仕上がりを示した。   「ある程度、自分のボールを投げられたかなと思います。今年初めてのバッターとの対戦ということでいい緊張感の中で投げられた」と話した。    日刊スポーツ NEWS

村上宗隆が21日の楽天戦で今季初実戦へ 高津臣吾監督が「DHで出る」と起用を明言

スポーツ報知 村上宗隆が21日の楽天戦で今季初実戦へ 高津臣吾監督が「DHで出る」と起用を明言 ヤクルト・高津臣吾監督が浦添キャンプの20日、村上宗隆内野手を21日の楽天との練習試合(浦添)に先発出場させることを明かした。     同監督は「あす(21日)、DHで出ます。100%ではないでしょうけれど、そのくらいはできると。守備にはつかない。打って、走ってというくらいはできるというところです」と説明し「4番・DH」で今季実戦初出場する見込みだ。     村上は7日、左でん部痛のために早退し、その後は別メニ ...

松本健吾、21日楽天戦で初実戦「早くバッターに投げてみたい」

サンスポ 松本健吾、21日楽天戦で初実戦「早くバッターに投げてみたい」 ヤクルト春季キャンプ(19日、沖縄・浦添)ヤクルトのドラフト2位・松本健吾投手(24)=トヨタ自動車=が4度目の休養日を迎えたキャンプで、プロ初実戦となる21日の楽天戦(浦添)に向け、決意を込めた。   「すごく楽しみ。早くプロのバッターに投げてみたい気持ちがすごくあります」   先発ローテーション入りを目標に掲げる右腕は、社会人時代の恩師の教えを胸にプロの一歩を踏み出す。   中日で通算90勝を挙げ、現在はトヨタ自動車のテクニカルア ...

中村悠平が「確実性が上がっている」と警戒するライバル球団の打者は…

スポーツ報知 中村悠平が「確実性が上がっている」と警戒するライバル球団の打者は…  ヤクルト・中村悠平捕手が19日、浦添キャンプの休日を返上して室内練習場で打ち込んだ。出場を予定する21日の練習試合、楽天戦(浦添)に向けて調整した。  今キャンプではハードな練習を終えた後、チーム宿舎に戻ると時間を見つけてはYouTubeなどで他球団の動画をチェックしている。気になるのは昨季、日本一に輝いた阪神。その中でも佐藤輝を「調子がいい。打ち方がコンパクトになって、確実性が上がってきている。動画を見る限りは、いい感じ ...

塩見 今季初実戦で2安打2打点 高津監督絶賛「天才です!」

サンスポ 塩見 今季初実戦で2安打2打点 高津監督絶賛「天才です!」 ヤクルトの塩見が今季初実戦で2安打2打点と存在感を見せつけた。   「1番・中堅」で先発出場し、初回にいきなり左翼線二塁打。続く西川の二ゴロが失策となる間に、先制のホームを踏んだ。  2回1死満塁では中前へ2点適時打を放ち「どんな形でもヒットが出たのは良かった」と振り返った。    高津監督は3月の侍ジャパンの強化試合に選出されているリードオフマンを「天才です!」と絶賛した。 サンスポ NEWS

奥川恭伸、ただいま!691日ぶり1軍登板 2回0封!150キロ

サンスポ 奥川恭伸、ただいま!691日ぶり1軍登板 2回0封!150キロ 1軍のマウンドに帰ってきた!! 右肘痛からの復帰を目指すヤクルト・奥川恭伸投手(22)が18日、中日との練習試合(浦添)に先発し、今季初実戦に臨んだ。   球団計測で最速150キロを記録し、2回2安打無失点、1奪三振と好投した。   練習試合とはいえ、1軍戦での登板は2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来691日ぶり。   石川・星稜高の1学年後輩、内山壮真捕手(21)と星稜バッテリーを組み、曲がり幅の違うスライダーを新たに試すな ...

西川遥輝、移籍後初実戦でアピール「早い段階で打席に立ててよかった」

サンスポ 西川遥輝、移籍後初実戦でアピール「早い段階で打席に立ててよかった」 楽天から加入した西川遥輝外野手(31)が「2番・右翼」で移籍後初実戦に臨んだ。   自身初のピンストライプに袖を通し、一回無死二塁では二塁手の失策を誘って出塁し、二回は見逃し三振。四回から左翼の守備にも就いた。   早い時期に実戦感覚を養っておきたかったといい「練習の仕方も変わってくる。立たないと分からないことがいっぱいあるので、早い段階で打席に立ててよかった」とうなずいた。 サンスポ NEWS

塩見泰隆、初実戦で2安打2打点「まぐれです」

サンスポ 塩見泰隆、初実戦で2安打2打点「まぐれです」 (練習試合、ヤクルト4ー2中日、18日、沖縄・浦添)これが、燕のリードオフマンだ!!    ヤクルト・塩見泰隆外野手(30)が「1番・中堅」で先発し、今季初実戦で2打数2安打2打点。「まぐれです。修正するところはたくさんある」と謙虚に振り返った。    ファーストスイングで好結果を出した 持ち味である積極性を発揮した。一回は2ボールから高めの直球を左翼線二塁打とし、二回1死満塁では3球目を中前適時打。いずれもその打席のファーストスイングで好結果を出し ...

-サイスニード, ニュース