〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ブログ

ヤクルト・石川雅規の愛称が「カツオ」の理由

NPB現役投手で最多勝、小さな大投手、ヤクルト・石川雅規投手。

スワローズファンからは「カツオ」の愛称で親しまれていますが、その由来について調べてみました。

由来はサザエさんのカツオに似ているから

サザエさんのカツオ似の石川雅規

命名の経緯は短髪&童顔という風貌が国民的アニメ「サザエさん」の磯野カツオに似ているからと言われている。

本人もまんざらでなく気に入っているようで、アンダーシャツの首の部分やグラブには鰹をデザインしたマークが入っている。

ヤクルトの球団マスコットのつば九郎からは「かつおくん」と呼ばれている。

名付け親は青木宣親

命名は盟友、青木宣親。2005年オフの自主トレの際に名付けられたとされている。

サザエさんと共演

2019年8月13日のDeNA戦(神宮)では、球団設立とアニメ放映開始がそれぞれ50周年を迎えたヤクルト球団とアニメ「サザエさん」によるコラボイベントが実施された。

始球式での磯野サザエの投球に対して石川が打席に立つこととなり、磯野一家との共演となった。

サザエさん50周年コラボ企画の投球式で打席に立つヤクルト石川雅規<出典:日刊スポーツ>

 

球団公認グッズ・カツオボーイ

球団公式グッズのカツオボーイ

カツオの愛称が浸透した2008年の契約更改交渉の会見で自らプロデュース製作した「カツオボーイ」フィギュアを披露し、カツオの愛称は「球団公認」となった。

携帯サイト名もカツオボーイ

2010年に個人携帯サイト「カツオボーイ」を開設している。(現在は閉鎖)

同年2月には「ヤクルトはファンとの距離が近いチームだけど、もっと積極的に交流したい」という思いから、“メル友100人プロジェクト”を開始。

キャンプ中にサイトを通じ応援メッセージを送ったファンの中から抽選で100人に、石川から1人ずつ返信があるという企画。

出典:日刊スポーツ

宮城県気仙沼からカツオのたたきを贈られる

気仙沼 海の市に展示されているユニフォーム

2021年シーズン優勝後の11月に、気仙沼生鮮かつおプロモーション事業実行委員会が石川投手にカツオたたきを贈呈した。

日本一の気仙沼の”勝つ(カツ)”オを食べて日本一奪取を達成してもらいたいと、同実行委員長が語った。

石川投手は返礼として、直筆で「感謝!!」のメッセージをつづったレプリカユニフォームを贈っている。

ユニフォームは宮城県気仙沼市の気仙沼市場に隣接した商業施設「気仙沼 海の市」に展示されている。

出典:ヤフーニュース

まとめ

  • 愛称の由来はサザエさんのカツオに似ているから
  • 名づけ親は青木宣親
  • サザエさんともコラボ
  • 球団公認グッズ「カツオボーイ」
  • 自身のサイト名も「カツオボーイ」
  • カツオつながりで気仙沼からカツオを贈られた

 

 

 

  

【おすすめ記事】

2024年4月12日(金) vs DeNA

    ヤクルト先発サイスニードが5回3失点と試合を作るも、打線が採算のチャンスを活かせず連敗を喫した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0 DeNA 0 0 1 1 1 0 0 0 X 3 12 0 責任投手 勝利投手 DeNA 東 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S) セーブ DeNA 森原 (0勝0敗3S) 本塁打 ヤクルト   DeNA   バッテリー ヤクルト サイスニー ...

ReadMore

赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール

写真:サンスポ 赤羽、先発起用に応え先制犠飛!今季初打点でアピール  しっかりと起用に応えた。ヤクルト・赤羽由紘内野手(23)が「7番・二塁」で今季2度目の先発出場。二回の第1打席で先制の中犠飛を放ち、今季初打点をマークした。    0―0の二回。サンタナの二塁打と青木の進塁打で1死三塁の好機を迎えた。昨季、最多勝やベストナインなどに輝いた左腕・東に対して、赤羽は初球から2球続けて低めのチェンジアップを冷静に見極め、誘いに乗らず。フルカウントに持ち込み、最後は6球目の直球に力負けせず中堅へとはじき返し、三 ...

ReadMore

サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし

写真:サンスポ サイスニード、5回9安打3失点「悔いの残る結果」 開幕投手が3戦勝ち星なし  ヤクルトの開幕投手を務めたサイスニード投手(31)が今季3度目の先発も、5回9安打3失点でリードを許して降板。今季初勝利を手にすることはできなかった。   「ピンチの場面で自分をコントロールできず、悔いの残る結果になってしまった」   1点リードの三回2死から石上に二盗を許し、佐野に同点打を浴びると、四回はドラフト1位・度会(ENEOS)に勝ち越し打を許した。五回も3連打で満塁のピンチを招き、押し出し四球で手痛い ...

ReadMore

2024年4月9日(火) vs 巨人

    ヤクルト先発高橋が6回1失点の好投をするも、打線が菅野を打ち崩せず敗戦した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 巨人 0 0 0 0 0 1 0 1 3 5 10 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 責任投手 勝利投手 巨人 菅野 (2勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (0勝1敗0S) セーブ   本塁打 巨人   ヤクルト   バッテリー 巨人 菅野、中川、バルドナード、西舘、ケラー - 小林 ヤクルト 高橋、山本、木澤、宮川 ...

ReadMore

高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」

写真:サンスポ 高津監督、1失点粘投の高橋奎二に苦言「ボール先行」「リズム悪すぎる」 流れが勝敗を左右するだけに、1つの四球が大きかった。ヤクルトは2連敗で3カード連続負け越し。高津臣吾監督(55)は、粘りながらも流れを持ってこられなかった先発の高橋奎二投手(26)にあえて厳しい言葉を並べた。      「いつもとあまり変わらない、ボール先行の難しいピッチングになった。投手戦に持ち込んでと思ったけど、リズムが悪すぎるというか、これじゃあ一年間ローテーションを守れるかどうか、規定投球回にいけるかどうか。これ ...

ReadMore

-ブログ
-