〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

プロ野球開幕

ニュース 村上 宗隆

村上宗隆が打線に点火 先制2号2ランから貧打にサヨナラ

1回に先制2ランを放ったヤクルト・村上宗隆
1回に先制2ランを放ったヤクルト・村上宗隆

村上宗隆が打線に点火 先制2号2ランから貧打にサヨナラ 今季チーム最多の6得点

薄闇の神宮の空に会心のアーチを架けた。スタンドインするより早く、大歓声が白球の行方を教えてくれる。ヤクルト・村上宗隆内野手(23)が一回に先制の2号2ランを放った。

 

山田が右中間へ二塁打を放ってチャンスメーク

「コンパクトにうまく打つことができました。先制できてよかったです」。一回2死から山田が右中間へ二塁打を放ってチャンスメーク。絶好の先制機を逃さなかった。DeNA先発・浜口に対し、カウント1―1からの3球目、134キロ高めの直球をコマのような軸回転で一閃。打った瞬間それと分かる弾道で、右中間席中段へほうり込んだ。

 

37打席ぶりのホームラン

猛打が鳴りを潜めていた。試合前時点でチーム打率・168は12球団ワースト。その4番に座る村上自身も、6日の中日戦(バンテリンドーム)の第3打席で中前打を放ってから3試合14打席で安打がなかった。本塁打は3月31日の広島との開幕戦(神宮)で1号2ランを放って以来。9試合、37打席ぶりの感触を確かめるようにダイヤモンドを一周した。

  

指揮官の期待に応えるように主砲がお目覚めの一撃

前カードの阪神3連戦(甲子園)では3試合で計4得点にとどまり、高津監督は「来週は野手が頑張りますよ」と〝予言〟。指揮官の期待に応えるように主砲がお目覚めの一撃を放つと、打線がつながり二回までに4得点を挙げ、試合の主導権を握った。

出典:サンスポ

    

Twitter

村上宗隆が先制のツーラン!

  

【おすすめ記事】

高津監督、シーズンまでに勝ち癖つける! 

サンスポ 高津監督、シーズンまでに勝ち癖つける! さあ増田〝恩返し〟の時「結果を出して開幕1軍を」  V奪回へ、準備期間といえども勝利にこだわる-。ヤクルトは4日、ペイペイドームでピックアップ練習を行い、5、6日のソフトバンクとのオープン戦に備えた。    勝つコツというか、チームが勝ってこれでいいんだと分かってシーズンに入っていけたら  オープン戦は3勝1分けで首位タイ。視察した高津臣吾監督(55)は29日の中日との開幕戦(神宮)に向けて「勝つコツというか、チームが勝ってこれでいいんだと分かってシーズン ...

ReadMore

サイスニード、通訳と2人で焼き肉を食べて英気

サンスポ サイスニード、通訳と2人で焼き肉を食べて英気  5日のソフトバンクとのオープン戦に先発予定のヤクルト・サイスニードはダッシュなどで調整した。  来日直前まで米アラスカ州で過ごし、例年シーズンを通して半袖で過ごす加入4年目の助っ人右腕は「アラスカはマイナス30度だったから、今は気持ちいい」と笑顔。  4日は通訳と2人で焼き肉を食べて英気を養った。「球数(を増やし)、球の精度を磨いて開幕の準備をしたい」と冷静に先を見据えた。   サンスポ NEWS

ReadMore

松本健吾、5日ソフトバンク戦登板へ「貪欲にやっていきたい」

サンスポ 松本健吾、5日ソフトバンク戦登板へ「貪欲にやっていきたい」  ひたすらアピールしていくしかない。ヤクルトのドラフト2位・松本健吾投手(24)=トヨタ自動車=が4日、ペイペイドームで行われた一部選手による練習に参加。29日のレギュラーシーズン開幕に向け、がむしゃらに結果を追い求めていく決意を示した。  「アピールする立場というか、しっかり結果を出していかないといけない。本当にこのチームの力になるために貪欲にやっていきたい」    5日のソフトバンクとのオープン戦で登板予定  最速152キロ右腕は5 ...

ReadMore

【試合結果】2024年3月3日(日) vs 中日

    ヤクルトは、村上が第1打席で2ランを記録。打線をけん引する主砲が、持ち前の打棒を発揮した。             スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 1 0 4 0 0 0 0 6 9 0 中日 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 7 0 責任投手 勝利   敗戦   セーブ   本塁打 ヤクルト 村上 1号(1回表2ラン)山田 1号(2回表ソロ) 中日   バッテリー ヤクルト 高橋、ヤフーレ、ロドリゲス、木澤 - 中村、松本直 中日 小笠原 ...

ReadMore

高橋奎二、開幕投手譲らん! 3回完全で猛アピール

スポーツ報知 高橋奎二、開幕投手譲らん! 3回完全で猛アピール  ヤクルト・高橋奎二投手が3回をパーフェクトに抑え存在感を見せつけた。最速151キロの直球を軸に、120キロ台前半のカーブとコンビネーションで凡打の山を築いた。  2日の同カードでは小川、吉村がそろって3回無失点の好投を見せたが、高橋奎も開幕投手の座を譲らない姿勢を結果で示した。   スポーツ報知 NEWS

ReadMore

-ニュース, 村上 宗隆