〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース 尾仲 祐哉

尾仲祐哉投手がスクランブル登板

急遽、先発登板となったヤクルト・尾仲祐哉
急遽、先発登板となったヤクルト・尾仲祐哉

尾仲祐哉、プロ初先発で3回1失点 ピーターズに代わり急遽登板に「自分にとってはチャンスだった」

ヤクルト・尾仲祐哉投手(28)がプロ初先発し、3回2安打1失点で降板した。この日、先発予定だった新外国人左腕、ディロン・ピーターズ投手(30)に何らかのアクシデントが発生し、球場に訪れたものの登板を回避。尾仲は急遽(きゅうきょ)役目が回ってきた。

  

思い切ってどんどん腕を振っていこうという気持ちでマウンドに上がりました

「急遽、先発という流れになりましたが、自分にとってはチャンスだったので、思い切ってどんどん腕を振っていこうという気持ちでマウンドに上がりました。今後、長いイニングを投げることがあると思うので、しっかり調整していきたい」

  

粘り強く得点を許さず、最少失点でバトンを渡す

一回は、先頭・近本を左飛に打ち取ったが、続く中野の打球を中堅手・浜田が追いついたかに見えたが二塁打に。続くノイジーの右翼への打球をサンタナがスライディングキャッチして二塁に送球し併殺が完成したかと思われたが、リプレー検証の結果、判定が覆って一、三塁とピンチを招いた。4番・大山には初球の144キロを中犠飛とされ、先制点を献上。ただ、その後は粘り強く得点を許さず、最少失点で切り抜けて四回から大西にバトンを渡した。

出典:サンスポ

    

  

【おすすめ記事】

塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」

サンスポ 塩見泰隆が2戦合計4安打3打点 高津監督は高評価「天才の上は何だろう? 超人だね」 ヤクルト・塩見泰隆外野手(30)が「1番・中堅」で先発し、3打数2安打1打点と気を吐いた。 18日の中日との練習試合と合わせて5打数4安打3打点の活躍に、高津監督は「天才の上は何だろう? 超人だね」と高評価。レギュラー再奪取を目指す背番号9は「たまたまの部分が多い。超人と言えば糸井さん(元阪神)。監督もふざけて言っているので、(本気で)そう言ってもらえるぐらいの選手になりたい」と意気込んだ。 サンスポ NEWS

ReadMore

村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」

サンスポ 村上宗隆が今季初実戦で2打数無安打も「打って、走ることができたのでよかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・DH」で今季初実戦に臨んだ。2打数無安打に終わったが、表情は決して暗くはなかった。   「ちょっと力んじゃいましたけど、打って、走るということができたので、よかったです。次は守れるように、体と相談しながらやっていければと思います」   二回先頭の第1打席は一ゴロ、四回無死二塁の第2打席は二ゴロと、いずれも右方向へのゴロに倒れた。ただ、左臀部の張りで一時別メニュー調整を強いられて ...

ReadMore

ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」

スポーツ報知 ドラフト2位・松本健吾が2回0封デビュー「ホッとしました」  ヤクルトのドラフト2位・松本健吾投手=トヨタ自動車=が実戦初登板。2回3安打で無失点デビューを飾ったルーキーは「ホッとしました」と笑みを浮かべた。  0―1の3回からマウンドへ。「1イニング目は緊張もあって、硬さもあった」と、1死から茂木、田中和に連打を浴びてピンチを招いたが、フランコを三ゴロ併殺に仕留めてスコアボードに0を刻んだ。  続く4回は2死から伊藤裕に右中間二塁打を許したが、村林を遊ゴロに抑え、「2イニング目はしっかり自 ...

ReadMore

石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」

サンスポ 石川雅規、ライブBP初登板「真っすぐをコーナーに投げられた」 ヤクルト春季キャンプ(20日、沖縄・浦添)球界最年長の44歳、石川雅規投手が20日、沖縄・浦添キャンプでライブBP(実戦形式の打撃練習)に初登板。打者18人に計44球を投げ安打性の打球は3本に抑えた。   「やっぱり基本は真っすぐ。真っすぐをコーナーに投げられたので、そこはよかったかな」   真骨頂は長岡に投じたこの日の44球目だ。125キロの直球で打者を詰まらせ、ファウルとした。   ベテラン左腕と実戦形式で2度目の顔合わせとなった ...

ReadMore

石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調

日刊スポーツ 石川雅規「自分のボールを投げられたかな」ライブBP初登板 バックルは封印も順調 ヤクルト石川雅規投手(44)が、実戦形式のライブBPに初登板した。   並木、丸山和らを相手に44球を投げ、安打性は3本。新球「パックル」はこの日は封印したが、順調な仕上がりを示した。   「ある程度、自分のボールを投げられたかなと思います。今年初めてのバッターとの対戦ということでいい緊張感の中で投げられた」と話した。    日刊スポーツ NEWS

ReadMore

-ニュース, 尾仲 祐哉