〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース

ドラフト5位・北村恵吾が1号!高津監督12日DeNA戦デビュー示唆 

ヤクルトD5位・北村恵吾が1号! 高津監督「変な癖もなくいい打撃」 12日DeNA戦デビュー示唆

 長打力をアピール!! ヤクルトのドラフト5位・北村恵吾内野手(22)=中大=が10日の沖縄・浦添キャンプで実戦形式の打撃練習に臨み、〝プロ1号〟を放った。

 

 「入るとは思わなかったんですけど、いい感じに捉えられました」

 

 第3クール初日に初めてプロの投手と対戦。登板した6年目右腕の金久保の投球を振り抜き、左中間へ運んだ。大西、久保とも対戦し、計10スイングで1本塁打を含む3本の安打性の当たりを放った。長打力と勝負強い打撃で将来の主軸候補として期待される右打者。「感覚としてはいい感じにきている。崩さず順調にいけたら」とうなずいた。

 

 滋賀・近江高時代に44本塁打を放ち、中大時代にプレーした東都大学リーグでは通算6本塁打。打撃ケージ後方で見守った高津監督は「しっかり振れている。遠くまで飛ばす力もあるし、変な癖もなくいい打撃」と目を細め、今季初の対外試合となる12日のDeNA戦(浦添)で実戦デビューさせる可能性も示唆した。

 

 全体練習後には若手野手を中心に約30分間、臨時コーチの真中満氏(サンスポ専属評論家)による講義が行われ、北村も熱心に聞き入った。通算1122安打、2007年には代打でシーズン31安打のプロ野球記録を樹立した真中氏から打席での心構えを教わり「どういう考え方で打席に入るか。いろいろな考え方を持たないと打てない。今後の実戦で生かしていきたい」と成長を誓った。

 

 守備は一塁と二塁、三塁で練習している。「声も出して、自分の存在をもっとアピールしていきたい」。目標の開幕1軍入りへ猛打で突き進む。

 

出典:サンスポ

おすすめ記事

2024年6月15日(土) vs オリックス

オリックスは1点を追う3回裏、太田の適時打と西川の3ランで一挙4点を奪い逆転する。 続く4回に安達の適時打で加点すると、6回にも2本の適時打が飛び出し、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、投手陣が振るわなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 1 1 0 0 0 1 0 3 13 0 オリックス 0 0 4 1 0 2 0 2 X 9 19 0 責任投手 勝利投手 オリックス 東 (3勝3敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (1勝3敗0S) ...

ReadMore

武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!

写真:サンスポ 武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!  何とも言えない高揚感と喜びだったはずだ。ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が、2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりに登板。21年10月8日の阪神戦(神宮)以来、980日ぶりに勝利を挙げた。   高校野球を引っ張った同世代  同期で同学年の武岡龍世内野手(23)は「9番・二塁」で先発出場。同じく同期で同学年の長岡秀樹内野手(22)と二遊間を守り、奥川の後ろを守った。さらに、打っては三回先頭で右前打を放ち、長岡の二ゴ ...

ReadMore

奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた

写真:サンスポ 奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた  涙の復活勝利だ!!ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が14日、「日本生命セ・パ交流戦」のオリックス1回戦(京セラ)で2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりの登板を果たし、5回79球を投げて7安打1失点。右肘など度重なるけがを乗り越え、レギュラーシーズンで21年10月8日の阪神戦(同)以来、980日ぶりの白星を飾った。   /背番号18が立ち向かう\808日ぶりの1軍マウンド奥川恭伸が5回を投げきる& ...

ReadMore

2024年6月14日(金) vs オリックス

ヤクルトは初回、村上の適時打で先制に成功する。 その後は、3回表にサンタナの適時二塁打などで3点を挙げ、リードを広げた。 投げては、先発・奥川が5回1失点で3年ぶりの白星をマーク。 808日ぶり復帰マウンドを白星で飾った。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 3 0 0 0 0 0 1 5 8 1 オリックス 0 0 0 1 0 0 2 0 0 3 13 1 責任投手 勝利投手 ヤクルト 奥川 (1勝0敗0S) 敗戦投手 オリックス カスティーヨ (1勝 ...

ReadMore

村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」

写真:サンスポ 村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で先発し、一回2死二塁で先制の中前適時打を放った。   ムネナイス先制タイムリー!#村上宗隆 6/14/2024 pic.twitter.com/EboGx9ZPi9— ebappi (@ebappii) June 14, 2024   オリックス先発・カスティーヨが投じた4球目、149キロの直球をはじき返し「奥川が久々の先発で緊張もあると思 ...

ReadMore

-ニュース