〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

ニュース

返礼品に「村神様」バット 岐阜・養老町ふるさと納税、町おこし期待 

村上宗隆選手モデルのバットを手に活躍を喜ぶ名和民夫さん

返礼品に「村神様」バット 岐阜・養老町ふるさと納税、町おこし期待

 プロ野球の日本選手のシーズン最多56本塁打を放ち、史上最年少で三冠王を獲得したヤクルトの村上宗隆内野手(22)。使用するバットは、岐阜県養老郡養老町のミズノテクニクス養老工場で作られる特注品だ。村上選手のバットを手がける同社の名和民夫さん(55)は「大活躍に微力ながら関われたなら、こんなにうれしいことはない」と喜んだ。

 プロ1年目から村上選手のバット作りを担い、春季キャンプから年間を通じて約100本を提供する。長さはやや長めの86センチで、重さは880~900グラム。20グラムの幅は相手投手などに合わせて本人が選ぶためのものだが、平均の倍の幅を使いこなせるのは村上選手の技術ならではという。

 「高卒1年目とは思えないほどバットへのこだわりがすごかった」。当時から長さや重さ、グリップの厚みに細かい注文があった。「普通はどんな風がいいか尋ねられるが、具体的な自分の意見を持っていた。周囲に好かれる人柄から先輩にたくさん助言をもらっていたのでは」と推測する。

 初めて会ったのは、プロ1年目のシーズンを終えた2018年11月。「バットの調整のため工場まで来てもらった。好青年そのものだった」と振り返る。1軍定着後のこの4年では、球場に出入りする際にしばしば会ってきたが、「人柄は変わらない」と語る。

 本塁打王を岡本和真内野手(巨人)と分け合った昨季のシーズンオフの出来事が忘れられない。年の瀬の12月、注目度の高さから過密日程をこなす村上選手が工場に来られなくなり、代わりに名和さんが東京・神田町の自社旗艦店まで出向いた。バットの調整を終えると村上選手から「サインを書きましょうか」と言われ、名前に添える文字を「本塁打王」と「リーグ優勝」の2択で迷った挙げ句、両方を書いてくれたという。サインボールは自宅の自室に大切に飾ってある。

 厳しいプロの舞台で戦う選手が使うバットを作る上で、譲れない信念がある。「理想は選手に一切の不安を感じさせないこと」。バットの存在を忘れるくらいに「四角い打席に立つ選手が、目の前の投手にのみ集中してくれれば」と願う。

 三冠王は史上8人目。過去に三冠王に輝いた落合博満(ロッテ)やバース(阪神)のバットを手がけたのは、師と仰ぐ前任の久保田五十一さん(79)だ。「自分にとって(三冠王のバットを手がけるのは)1人目。ちょっとだけ久保田さんに近づけたかな」とほほ笑んだ。

出典:岐阜新聞
参考【ふるさと納税】ヤクルトスワローズ関連の返礼品まとめ

続きを見る

おすすめ記事

2024年7月13日(土) vs 広島

広島がサヨナラ勝利。 広島は両軍無得点で迎えた延長11回裏、石原のソロが飛び出し、試合を決めた。 投げては、先発・大瀬良が6回無失点の好投。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 計 安 失 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1 9 1 責任投手 勝利投手 広島 黒原 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 田口 (1勝3敗7S) セーブ   本塁打 ヤクルト   広島 石原 3号(11回裏 ...

ReadMore

ヤクルト延長負けで8連敗 田口「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった」

写真:サンスポ ヤクルト延長負けで8連敗 田口「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった」 ヤクルトは延長サヨナラ負けで今季ワーストを更新する8連敗。十一回に登板した田口が、先頭の石原に左越えの本塁打を浴びた。打たれた守護神は「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった。反省してまた頑張る」と頭を下げた。   延長負けで8連敗 田口「投げミス。一番悪い結果を生んでしまった」 - サンスポヤクルトはサヨナラ負け。十一回に登板した田口が、先頭の石原に左越えの本塁打を浴びた。打たれた守護神は「投げミス。一番悪い結果を ...

ReadMore

村上宗隆、自己ワースト1試合5三振 チーム3人目

写真:サンスポ 村上宗隆、自己ワースト1試合5三振 チーム3人目 広島がサヨナラ勝ち。0―0の延長十一回、先頭で打席に立った途中出場の石原が3号本塁打で試合を決めた。大瀬良が6回無失点と好投。七回以降も救援5投手が無失点でつなぎ、黒原が2勝目。ヤクルトは打線に元気がなく8連敗。 ヤクルト・村上が自己ワーストの1試合5三振。延長イニングの三振は参考記録扱いだが、ヤクルト(前身を含む)選手の1試合5三振は1997年7月2日の小早川毅彦(対巨人、延長で1三振)、2011年9月15日の館山昌平(対広島、投手)に次 ...

ReadMore

2024年7月12日(金) vs 広島

広島は1点ビハインドの3回裏、小園の適時二塁打で同点とする。 そのまま迎えた5回には、秋山のソロが飛び出し、勝ち越しに成功した。    スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 6 1 広島 2 0 1 0 1 0 0 0 X 4 10 0 責任投手 勝利投手 広島 床田 (8勝5敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 石川 (1勝2敗0S) セーブ 広島 栗林 (0勝3敗23S) 本塁打 ヤクルト   広島 秋山 3号(5回裏ソロ) バッテ ...

ReadMore

長岡秀樹が2打席連続で無安打で打点マーク 押し出し四球&犠飛

写真:サンスポ 長岡秀樹が2打席連続で無安打で打点マーク 押し出し四球&犠飛  ヤクルト・長岡秀樹内野手(22)が「6番・遊撃」で先発し、2打席連続で無安打ながら打点をマークした。   ふいにこっち向くからびっくりした#長岡秀樹#swallows pic.twitter.com/G8qaPa82Re— まき (@maki____0513) July 12, 2024    一回2死満塁の第1打席では押し出し四球を選び、3日のDeNA戦(横浜)以来7試合ぶりの打点を挙げると、2―2とした三回1死 ...

ReadMore

-ニュース
-