〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

プロ野球開幕

ニュース

ヤクルト・奥川、復活へミズノ社製の新グラブ 親指部分の握り硬く、縦とじから横とじに

 ヤクルト・奥川恭伸投手(21)がブランドアンバサダーを務めるミズノ社製のグラブを新調することが3日、分かった。現在は右肘痛からの復帰を目指してリハビリ中の右腕。2日に行われた同社のアンバサダーミーティングで担当者と話し合い、3点を変更した。

 まずは親指部分の握りを硬くした。復活を目指し理想の投球フォームを身につける中で「そっちのほうが投げやすい」と要望。より左手にも力が入りやすくなり、投球にも好影響が出る。

 次にグラブの閉じ方を横とじに変更した。今季まではグラブの土手(親指付け根)部分に縦にひもが通る縦とじだったが「指でつまむ感じを変えたかった」と理想の感覚に近づけ、親指部分を硬くした新仕様の型に合うよう変更した。

 最後は、黒だった色をブラウンに変更。今季は1試合の登板に終わり、気分を入れ替え新シーズンに挑むためにも明るい色を選んだ。「グラブという部分ですが、小さなところからでも変化を加えたいと思った」と奥川。背番号も11から18への変更が発表されており、新たな相棒と完全復活を目指す。

出典:サンスポ

-ニュース
-