〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

日本シリーズ最終戦は1点を争う好ゲームに 塩見泰隆が優秀選手、オスナが敢闘選手に選出

ヤクルト先発・サイスニードは初回に先頭打者ホームランを浴びるものの、その後は安定した投球を見せる。

ヤクルトは5点を追う8回の裏、村上宗隆のタイムリーで1点を返すと、続くオスナにスリーランが飛び出し1点差に迫る猛反撃を見せたが、あと一歩及ばず2年連続の日本一にわずかに届かなかった。

スコアボード

 
オリックス100040000581
ヤクルト000000040481

責任投手

勝利投手オリックス 宮城 (1勝1敗0S)
敗戦投手ヤクルト サイスニード (0勝1敗0S)
セーブオリックス ワゲスパック (1勝0敗3S)

本塁打

オリックス太田 1号(1回表ソロ)
ヤクルトオスナ 2号(8回裏3ラン)

バッテリー

オリックス宮城、宇田川、山﨑颯、比嘉、ワゲスパック - 伏見、若月
ヤクルトサイスニード、大西、田口、石山、清水 - 中村

メディアレポート

2回の裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルトがオスナの中前適時打で一回に先制

内野安打を放つヤクルト・中村悠平

 中村悠平捕手(32)が、チーム10イニングぶりの安打を放った。0-1の二回2死から宮城が投じた初球、137キロの直球をはじき返し、三塁強襲の内野安打で出塁。29日の第6戦の一回に塩見が放った中前打以来のHランプを灯した。

 続くオスナも中前打でつなぎ、2死一、二塁の好機を演出したが長岡が遊ゴロに倒れた。得点にこそ結びつかなかったが、眠っていた打線にとって価値ある一打となった。

出典:サンスポ

5回の表 オリックスの攻撃

サイスニード「粘り切れず悔しい」五回途中5失点で降板

五回表、降板するヤクルトのサイスニード

 

 ヤクルト先発のサイスニード投手(30)が、五回途中6安打5失点(自責点2)と試合をつくれなかった。

 オリックスに王手をかけられ、負けられない一戦。大事なマウンドを託された右腕だったが、一回先頭の太田に日本シリーズ史上初の初球先頭打者本塁打を被弾し、先制を許した。

 二回以降は粘りの投球を見せていたが、五回につかまった。バント内野安打などでピンチを招くと、押し出し死球や味方の失策も絡み4失点し降板。五回途中での無念の降板に「何とか粘って投げたかった。粘り切れず悔しい」と肩を落とした。

出典:サンスポ

8回の表 オリックスの攻撃

石山泰稚が日本S5戦連続無失点

投球するヤクルト・石山泰稚

 ヤクルト・石山泰稚投手(34)が第7戦でも登板して1回をパーフェクトに封じ、今シリーズ通算5試合すべてで無失点をマークした。

 0-5とビハインドの八回に4番手で登板し、杉本を見逃し三振、安達を遊ゴロ、紅林を中飛。安定感抜群の投球で、反撃を狙う味方打線の攻撃につないだ。

出典:サンスポ

8回の裏 ヤクルトの攻撃

オスナが大暴れ!! 反撃3ランで日本S最多タイ11安打

3点本塁打を放ち雄たけびをあげるヤクルト・オスナ

 ヤクルトのホセ・オスナ内野手(29)が大当たりだ。5点ビハインドから1点を返した直後の八回1死一、三塁、左翼席へ今シリーズ2号3ランをほうり込んだ。

 点差は一気に1点差に縮まった。来日2年目の右打者は今シリーズ、これで30打数11安打8打点の大暴れ。11安打は日本シリーズの最多安打に並んだ。オスナは「諦めない気持ちと意地を見せたかった」とコメントした。

出典:サンスポ

試合後

ヤクルト、球団初の2年連続の日本一ならず 高津監督の目に涙

試合終了後、ファンに挨拶するヤクルトナイン

 ヤクルトは、2勝1分けからオリックスに4連敗を喫し、球団初の2年連続の日本一に届かなかった。

 先発のサイスニードが五回までに5失点。5点を追う八回に村上の右前適時打、オスナの3ランで一挙4点を返したが、序盤の失点が響いた。高津監督は右翼席のファンに挨拶する際、涙を浮かべていた。

出典:サンスポ

 

ヤクルト・塩見泰隆が優秀選手、オスナが敢闘選手に選出

敢闘選手に選ばれたヤクルト・オスナ

 ヤクルト・塩見泰隆外野手(29)が日本シリーズの優秀選手、ホセ・オスナ内野手(29)が敢闘選手に選ばれた。

 塩見は、リードオフマンとして打率・357をマークするなど打線をけん引。オスナは、この日も八回に3ランを放つなど、日本シリーズの最多安打に並ぶ11安打を放った。

出典:サンスポ

前の試合小川泰弘が6回1失点の好投も打線が沈黙 オリックスに先に王手を許す

続きを見る

おすすめ記事

ヤクルト・小川泰弘のニックネーム「ライアン」の由来

小川泰弘とは 小川 泰弘(おがわ やすひろ、1990年5月16日 - )は、愛知県渥美郡赤羽根町(現:田原市)出身のプロ野球選手(投手)。   右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。背番号は「29」。   2012年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け、11月28日に契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した(金額は推定)。 プロ1年目から大器の片鱗を見せる活躍をする。   リーグ最多勝となる16勝目を挙げ、26登板、16勝4敗、勝率.800、防御率2.93、135奪三振、4完投 ...

ReadMore

2024年5月18日(土) vs 阪神

阪神が投手戦を制した。阪神は4回裏、大山の適時打で試合の均衡を破る。 投げては、先発・ビーズリーは今季初勝利を挙げた。 敗れたヤクルトは先発・ヤフーレが好投を見せるも、打線が援護できなかった。 スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 阪神 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1 4 0   責任投手 勝利投手 阪神 ビーズリー (1勝0敗0S) 敗戦投手 ヤクルト ヤフーレ (4勝3敗0S) セーブ 阪神 岩崎 (2勝1敗 ...

ReadMore

田口の1軍復帰戦は1回1安打無失点 開幕翌日の2軍降格から復活も「うかうかしていられない」

写真:スポニチ 田口の1軍復帰戦は1回1安打無失点 開幕翌日の2軍降格から復活も「うかうかしていられない」  ヤクルトの田口麗斗投手(28)が、18日の阪神戦で1軍復帰登板を果たした。1点ビハインドの8回から3番手でマウンドに上がると、先頭の代打・森下にいきなり右前打を浴びた。その後、捕逸で無死二塁と得点圏に走者を背負ったものの、井上を空振り三振、中野は三ゴロ、近本を一ゴロに打ち取って無失点に抑えた。    2月のキャンプ中に左ふくらはぎを痛めて離脱  田口は2月のキャンプ中に左ふくらはぎを痛めて離脱した ...

ReadMore

ヤクルトが阪神に屈辱の零敗 打線が今季最少の3安打に封じられ高津監督は「何とかしないといけない」

写真:スポニチ ヤクルトが阪神に屈辱の零敗 打線が今季最少の3安打に封じられ高津監督は「何とかしないといけない」  ヤクルトが18日、敵地・甲子園で阪神に屈辱の零敗を喫した。  先発のヤフーレは0―0の4回に先頭・中野、近本と連続四球を与え、続く4番・大山に先制の左前適時打を浴びた。  その後は走者を出しながら粘りの投球。4四球と制球が安定しない中でも、6回1/3を3安打1失点でまとめた。  救援陣も星、田口とつないで最少失点に抑えたが、自慢の打線が今季ワーストタイの3安打で無得点と完全に沈黙した。   ...

ReadMore

石山泰稚のニックネーム「石山本願寺」の由来

石山 泰稚とは 写真:サンスポ 石山 泰稚(いしやま たいち、1988年9月1日 - )は、秋田県秋田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。   「糸を引くような球」と表現されるほど美しくコントロールされた直球が武器。    石山本願寺の由来 石山泰稚のニックネームである「石山本願寺」について調べてみると、なぜ彼が「石山本願寺」と呼ばれているのかがわかる。     画像:歴史人 石山本願寺とは、戦国時代初期から安土桃山時代にかけて、大阪に存在した浄土真宗本願寺派の総本山である ...

ReadMore

-試合結果
-, , ,