〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

村上宗隆が令和初の3冠王&日本人最多56号を記録

ヤクルトは2点を追う3回、キブレハンの3ランなどで逆転に成功する。

その後、6回に内山壮真・長岡秀樹のヤングスワローズコンビが連続ソロホームランを放ち追加点を挙げる。

引退試合を迎えた坂口智隆と内川聖一が安打を放ち、嶋基宏が8回に代打出場し最後の雄姿をファンに披露した。

7回には村上宗隆が日本人最多本塁打記録となる56号ホームランを記録し、3選手の引退試合に華を添えた。

スコアボード

 
DeNA020000000270
ヤクルト00500210X8120

責任投手

勝利投手ヤクルト 原 (8勝7敗0S)
敗戦投手DeNA 坂本 (0勝5敗0S)
セーブ 

本塁打

DeNAソト 17号(2回表2ラン)
ヤクルトキブレハン 6号(3回裏3ラン)
内山壮 4号(6回裏ソロ)
長岡 9号(6回裏ソロ)
村上 56号(7回裏ソロ)

バッテリー

DeNA坂本、京山、東、田中健、入江、エスコバー、伊勢 - 嶺井、戸柱
ヤクルト小川、清水、原、スアレス、梅野 - 中村、内山壮、嶋、古賀

メディアレポート

1回の裏 ヤクルトの攻撃

坂口智隆が引退試合に「2番・右翼」で出場 第1打席で左前打をマーク

1回に左前打を放ったヤクルト・坂口智隆

 今季限りでの現役引退を発表している坂口智隆外野手(38)が「2番・右翼」で出場し、一回の第1打席でDeNA先発・坂本の147キロの速球を捉えて左前打を放った。

 これで通算1526安打目をマーク。2003年にドラフト1巡目で近鉄に入団し、04年限りで消滅した近鉄でプレーしたNPB(日本野球機構)最後の現役選手。

 「ぐっち」の愛称で親しまれ、9月30日の引退会見では「『まだ、1、2年できるんじゃないか』と思い始めた時に、そういう気持ちで野球に向き合っているのは違うんじゃないかなと思い、決断しました」と話していた。

出典:サンスポ

3回の裏 ヤクルトの攻撃

引退するヤクルト・内川聖一 最後の打席で涙の適時二塁打

3回、左翼へ適時二塁打を放ったヤクルト・内川

 今季限りでNPB引退を発表しているヤクルト・内川聖一内野手(40)が「5番・一塁」で出場し、三回1死一、二塁の第2打席で左翼線へ適時二塁打を放つと、塁上では目に涙を浮かべて喜んだ。

 22年間のプロ野球人生。セ・パ両リーグで首位打者を獲得した稀代のバットマンが最後の打席で2186安打目をマークした。

 四回の守備で一度グラウンドに姿を現してから交代。涙は止まることなく万感の拍手を浴びながらヤクルトの選手一人一人と握手を交わし、最後はDeNAのベンチに深々と一礼して退いた。

出典:サンスポ

 

7回の裏 ヤクルトの攻撃

村上宗隆が56号! 日本選手のシーズン本塁打記録を更新 出場14試合61打席ぶりの一発

シーズン56号となる右越え本塁打を放つ村上宗隆

 ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が3日、今季最終戦のDeNA25回戦(神宮)の七回先頭、入江の初球をたたき右翼席に56号ソロを運んだ。1964年に王貞治(巨人)が記録したシーズンの日本選手最多本塁打を58年ぶりに更新した。

 村上は9月13日の巨人戦(神宮)で54、55号の2本塁打を放ち、王貞治の記録に並んだ。その後は打撃不振に悩み、同30日の広島戦(マツダ)までの13試合は、57打席ノーアーチ(44打数5安打)で打点0だった。今月2日の阪神戦(甲子園)は欠場した。

 この日の第1打席は二ゴロ。第2打席は左前適時打。第3打席は一ゴロ。第4打席で新記録達成。出場14試合61打席ぶりの本塁打だった。

 村上はこの時点で56本塁打、134打点、打率・318。三冠王をほぼ手中にしている。三冠王は2004年の松中信彦(当時ダイエー)以来、18年ぶり史上8人目。

出典:サンスポ

8回の裏 ヤクルトの攻撃

今季で引退のヤクルト・嶋基宏、現役最終打席は7球粘った末に空振り三振

ファーストピッチセレモニーでボールを受ける(左から)嶋基宏、内山壮真、内川聖一、坂口智隆

 今季限りでの引退を表明している嶋基宏捕手(37)が8―2の八回1死走者なしに代打で出場。真骨頂をみせて7球粘ったが、空振り三振で現役最後の打席を終えた。九回の守備ではマスクをかぶり1死取ったところで万感の拍手を浴びながら交代となった。

 2020年に楽天からヤクルトに移籍。楽天時代の06―09年は野村克也監督に捕手のイロハをたたき込まれた。9月30日の引退会見では「野村監督のように名将と言われるような指導者になっていきたい」と野村イズムの継承を誓った。

 ファーストピッチセレモニーでは10歳と6歳の息子からボールを受け取るシーンも。四回に同じく今季での引退を表明している内川、坂口がベンチに退く際には涙を浮かべていた。

出典:サンスポ

引退セレモニー

引退式後に場内一周する(左から)坂口智隆、内川聖一、嶋基宏

高津監督

「内川、あなたのバッティング技術は相手チームを驚かせたと思います。記憶と記録に残る大打者でした」

「坂口、グッチー! 何となく昭和感の残る、痛くても痛いといわない選手でした」

「嶋、スワローズに来てからケガとの戦いでしたが、あなたがベンチで発する言葉は、僕個人も野村さんを思い出しました。野村さん、星野さんも天国からあなたへ心から拍手を送っていると思います」

 

内川 聖一

「本日をもって22年間に及ぶ現役生活、プロ野球選手を卒業します。素晴らしい野球人生を送らせてもらいました。感謝しなければいけない人はたくさんいますが、まず両親。父・一寛さん、あなたは私の憧れでした。生まれたときから高校野球の監督をし、指導する姿、ノックを打つ姿をいつもカッコいいと思いながら見ていました。そんなあなたを追いかけて一生懸命野球をやってきた最後の舞台が、あなたが法大時代に守ったこの神宮球場の一塁。同じポジションを守ることを最後の舞台を用意してくれた神様に感謝します。そして母。父が監督で子供は選手という普通ではない環境でプレーできたのは、あなたが支えてくれたから。ありがとうございました。そして弟。小中高と同じユニホームを着て野球をやりました。僕よりも早くユニホームを脱ぎましたが、これからも仲良く、また大分でゴルフでもしましょう。何よりも近くで支えてくれた妻、子供たち。パパ頑張ったでしょ。みんながいたから頑張れました。本当にありがとう」

 

坂口 智隆

「今季をもちまして坂口智隆は現役を引退させていただくことを決断しました。20年間もの長い間プレーを続けられたのは、最高のチームメート、仲間、裏方さんたち、とても多くの人に支えられてやってこられた。なによりたくさんのファンに支えられなければ、ここまで頑張ってこられませんでした。近鉄に入団し、『いてまえ魂』というプロ野球選手としての意気込みを、オリックスでは『もののふの心』という戦う姿勢。そしてヤクルトでは不屈の魂、はい上がる力、あきらめない強さを与えてもらいました。たくさんのファンの前、最高のチームメートの前でユニホームを脱げることを幸せに、誇りに思っています」

 

 基宏

「楽天の13年間では考えて野球をすること、相手に向かっていく闘争心。捕手のイロハを学ばせてもらいました。それが正しいのかを考えながらやったヤクルトでの3年間であり、3年のうちに2度もリーグ優勝することができました。この3年間で2度リーグ優勝を経験していくうちに『僕は本当にヤクルトにきてよかった。この最高の仲間と野球ができて幸せなんだ』と毎日毎日感じることができました。それを支えてくれた両親。小学校1年生のときから30年間、何不自由なく野球をやらせてくれてありがとう。いつも陰で支えてくれた妻、3人の子供たち。いつも僕が負けて寂しそうな顔をして帰っても『また明日があるから』と送り出してくれた妻、『お父さんそろそろ活躍してよ』と励ましてくれた3人の子供たち。これから仲良く一緒に生活していきましょう。最後になりますが、あの言葉をいって締めたいと思います。『見せましょう、ヤクルトスワローズの底力を!』。ありがとうございました」

出典:サンスポ

 

ハイライト

次の試合CS初戦はエースの力投と助っ人外国人の活躍で7-1の快勝!

続きを見る

前の試合竹山日向がプロ初登板!1回を無失点デビュー!

続きを見る

おすすめ記事

村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」

写真:サンスポ 村上宗隆、2戦連発12号先制2ラン「とにかく先制したかった」  ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が、一回2死一塁の第1打席にバックスクリーン左へ12号2ランをたたき込んだ。    【 村 神 様 降 臨 】本塁打ランキング独走!村上宗隆が第12号先制ホームラン! pic.twitter.com/Mke1V6AFsy— サム@神宮速報 (@tokyo_yakult_) May 24, 2024  中日先発・涌井が投じた初球、135キロのシンカーを完璧に捉え「とにかく先制したかった ...

ReadMore

山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」

写真:サンスポ 山崎晃大朗、今季初昇格で「1番・右翼」スタメン「ハツラツとやっていきたい」  山崎晃大朗外野手(30)が1軍に合流。今季初めて出場選手登録され、「1番・右翼」に名を連ねた。9年目の今季は春季キャンプを2軍でスタート。イースタン・リーグでは26試合に出場し、打率・221だった。    自分はよくも悪くも空気が読めないので、ハツラツとやっていきたい  同じ外野手である塩見が故障で離脱し、丸山和は脳振盪(しんとう)特例措置で23日に出場選手登録を外れた。緊急事態で声がかかり、「いつ連絡がきてもい ...

ReadMore

2024年5月23日(木) vs DeNA

DeNAは1-0で迎えた4回表、オースティンのソロなどで2点を追加する。 続く5回にはオースティンがこの日2本目となる適時打を放ち、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、打線が終盤に追い上げを見せるも及ばなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 1 0 0 2 1 0 0 0 1 5 11 0 ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 1 0 3 10 0   責任投手 勝利投手 DeNA 石田健 (2勝2敗0S) 敗戦投手 ヤクルト 高橋 (1勝2敗0S) セ ...

ReadMore

高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」

写真:サンスポ 高橋奎二、約1カ月ぶり先発も背信「真っすぐでカウントがとれなかった」  ヤクルト・高橋奎二投手(27)が約1カ月ぶりに先発し、4回⅓を7安打4失点で2敗目を喫した。    序盤から3四死球を与えてピンチを広げ「真っすぐでカウントがとれなかった。変化球もストライクが入っていなかったし、そこが反省点」と唇をかんだ。    高津監督は「解説のしようがない。打たれた走者を四球で進塁させ、失点につなげてしまう。ピッチングとしてはちょっとレベルが低い」と苦言を呈した。 出典:サンスポ    

ReadMore

橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点

写真:サンスポ 橋本星哉が支配下登録へ!強肩強打の捕手で7人きょうだいの長男 2軍戦で2本塁打、11打点  ヤクルトの育成選手、橋本星哉捕手(23)が支配下登録される方針であることが23日、分かった。近日中にも球団と支配下登録を結ぶとみられる。    身長178㌢と小柄ながら強肩強打  橋本は、大阪・興国高から中央学院大に進み、2023年育成ドラフト1位で入団。身長178㌢と小柄ながら強肩強打の持ち主で、1年目の昨季はイースタン・リーグで70試合に出場し、打率・282、2本塁打、14打点。オフシーズンは長 ...

ReadMore

-試合結果
-, , ,