〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

宮本丈が待望の今季1号ソロ! 内山キャノン炸裂!2つの好送球で強肩を披露する!

ヤクルトは3点リードされた5回表、なおも1死1,2塁のピンチで内山壮真が2つの捕殺でピンチを切り抜ける。

6回裏には宮本丈が待望の今季1号ソロを放ち反撃を見せるが、その後は得点することができず、敗戦を喫した。

スコアボード

 
阪神100120000460
ヤクルト000001000160

責任投手

勝利投手阪神 青柳 (13勝4敗0S)
敗戦投手ヤクルト 高梨 (7勝9敗0S)
セーブ阪神 岩崎 (1勝6敗27S)

本塁打

阪神中野 5号(1回表ソロ)
ヤクルト宮本 1号(6回裏ソロ)

バッテリー

阪神青柳、浜地、湯浅、岩崎 - 坂本
ヤクルト高梨、星、田口、久保 - 内山壮

メディアレポート

5回の表 阪神の攻撃

内山壮真が1回で2度も好送球、投手を助ける 大山をけん制で刺し、原口の二進を阻止

飛び出した大山をアウトにする内山

 ヤクルトの内山壮真捕手(20)が2度の好送球で投手を助けた。

 チームは25日に2年連続9度目のリーグ優勝決定。V後、初の試合となったこの日の阪神戦(神宮)は優勝決定試合に出場していた正捕手の中村や主将の山田らがベンチスタートとなり、内山壮は7番に入ってスタメンマスクとなった。

 先発右腕・高梨が制球難に苦しむなか、内山壮は5回の守りで左前適時打を放った一走・大山をけん制球でアウトに。高梨は続く原口にも中前適時打を許して4点目を失ったが、送球間に二塁を狙った原口に対して内山壮は本塁への返球をすかさず二塁に送ってまたもアウトにした。

 このプレーには阪神がリクエスト。審判団によるリプレー検証が行われたが判定は覆らず、遊撃手出身の20歳捕手が強肩とセンスの良さを見せつけた。

出典:スポニチアネックス

6回の裏 ヤクルトの攻撃

宮本丈が一矢報いる1号ソロ 今季120打席目「風にも乗ってくれて…」

本塁打を放つヤクルト・宮本丈

 ヤクルト・宮本丈内野手(27)が六回に左越え1号ソロを放った。

 右翼、左翼、二塁と守備位置を変えて3試合連続で先発出場し、今季120打席目で初本塁打(通算4本目)をマークした。

 青柳の外角スライダーを捉え「風にも乗ってくれて入ってくれました」と振り返った。沈黙した打線にあって一矢報いる一発。

 高津監督は「不慣れなところ(守備位置)でも、打席では集中してスイングをしてくれる。いいつなぎ役になっている」と評価した。

出典:サンスポ

8回の裏 ヤクルトの攻撃

村上宗隆は10戦ノーアーチ 首位打者争いで中日・大島と1厘差 56号&三冠王へ残り5戦正念場

三振に倒れたヤクルトの村上宗隆

 ヤクルト・村上宗隆内野手(22)は3打数無安打で日本選手シーズン最多本塁打記録の更新はお預けとなった。

 これで王貞治(巨人)の55本に並んでから10試合ノーアーチ。 打率は・320に下がり、この日のDeNA戦(横浜)で4打数2安打で・319に上げた中日・大島が1厘差と猛追。

 残り5試合が日本選手シーズン最多本塁打記録の更新と「令和初の三冠王」のダブル栄冠への正念場となる。

出典:サンスポ

ハイライト

次の試合市川悠太投手がプロ初先発!5回1失点の力投!

続きを見る

前の試合劇的サヨナラ勝利でリーグ二連覇を果たす!

続きを見る

おすすめ記事

2024年6月15日(土) vs オリックス

オリックスは1点を追う3回裏、太田の適時打と西川の3ランで一挙4点を奪い逆転する。 続く4回に安達の適時打で加点すると、6回にも2本の適時打が飛び出し、リードを広げた。 敗れたヤクルトは、投手陣が振るわなかった。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 0 0 1 1 0 0 0 1 0 3 13 0 オリックス 0 0 4 1 0 2 0 2 X 9 19 0 責任投手 勝利投手 オリックス 東 (3勝3敗0S) 敗戦投手 ヤクルト サイスニード (1勝3敗0S) ...

ReadMore

武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!

写真:サンスポ 武岡龍世が同期で同学年・奥川恭伸の復帰勝利に長岡秀樹と貢献!  何とも言えない高揚感と喜びだったはずだ。ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が、2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりに登板。21年10月8日の阪神戦(神宮)以来、980日ぶりに勝利を挙げた。   高校野球を引っ張った同世代  同期で同学年の武岡龍世内野手(23)は「9番・二塁」で先発出場。同じく同期で同学年の長岡秀樹内野手(22)と二遊間を守り、奥川の後ろを守った。さらに、打っては三回先頭で右前打を放ち、長岡の二ゴ ...

ReadMore

奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた

写真:サンスポ 奥川恭伸、号泣980日ぶり勝った 燕戦士みんなで背番号「18」支えた  涙の復活勝利だ!!ヤクルト・奥川恭伸投手(23)が14日、「日本生命セ・パ交流戦」のオリックス1回戦(京セラ)で2022年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりの登板を果たし、5回79球を投げて7安打1失点。右肘など度重なるけがを乗り越え、レギュラーシーズンで21年10月8日の阪神戦(同)以来、980日ぶりの白星を飾った。   /背番号18が立ち向かう\808日ぶりの1軍マウンド奥川恭伸が5回を投げきる& ...

ReadMore

2024年6月14日(金) vs オリックス

ヤクルトは初回、村上の適時打で先制に成功する。 その後は、3回表にサンタナの適時二塁打などで3点を挙げ、リードを広げた。 投げては、先発・奥川が5回1失点で3年ぶりの白星をマーク。 808日ぶり復帰マウンドを白星で飾った。   スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 ヤクルト 1 0 3 0 0 0 0 0 1 5 8 1 オリックス 0 0 0 1 0 0 2 0 0 3 13 1 責任投手 勝利投手 ヤクルト 奥川 (1勝0敗0S) 敗戦投手 オリックス カスティーヨ (1勝 ...

ReadMore

村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」

写真:サンスポ 村上宗隆が先制打!2年ぶり登板の後輩援護「奥川が久々の先発で先に点をとってあげたかった」 ヤクルト・村上宗隆内野手(24)が「4番・三塁」で先発し、一回2死二塁で先制の中前適時打を放った。   ムネナイス先制タイムリー!#村上宗隆 6/14/2024 pic.twitter.com/EboGx9ZPi9— ebappi (@ebappii) June 14, 2024   オリックス先発・カスティーヨが投じた4球目、149キロの直球をはじき返し「奥川が久々の先発で緊張もあると思 ...

ReadMore

-試合結果
-,