〈景品表示法に基づく表記〉当サイトはアフィリエイトプログラムの収益を得ています。

試合結果

村上宗隆が日本人最多記録に並ぶ55号ホームランを放つ!

ヤクルトは5点リードされた最終回、村上宗隆が55号3ランを放ち、1964年に王貞治(巨人)が記録したシーズンの日本選手最多本塁打に58年ぶりに並んだ。

試合はあと一歩及ばず敗戦をしたが、リーグ優勝へと弾みをつける好ゲームとなった。

スコアボード

 
巨人0102400119181
ヤクルト100101103791

責任投手

勝利投手巨人 菅野 (8勝6敗0S)
敗戦投手ヤクルト 石川 (5勝4敗0S)
セーブ 

本塁打

巨人

 

岡本和 26号(2回表ソロ)
岡本和 27号(4回表ソロ)
ウォーカー 23号(4回表ソロ)
中田 21号(5回表3ラン)
ヤクルト塩見 15号(1回裏ソロ)
村上 54号(4回裏ソロ)
塩見 16号(7回裏ソロ)
村上 55号(9回裏3ラン)

バッテリー

巨人菅野、鍵谷、高梨、大勢 - 大城、小林
ヤクルト石川、大西、田口、石山、久保、木澤、今野 - 中村

 

メディアレポート

試合前

ヤクルト・村上宗隆が試合前練習に参加 12日のDeNA戦で右太ももに死球で途中交代

試合前のフリー打撃に臨むヤクルト・村上宗隆

12日のDeNA戦(横浜)で右太ももに死球を受けて途中交代したヤクルト・村上宗隆内野手(22)が13日、巨人戦(神宮)の試合前練習に参加した。

いつも通り、打撃練習ではさく越えを連発させ、守備練習では軽快にノックを受けて汗を流した。

12日は八回にエスコバーの155キロの直球が右太ももに直撃。苦悶(くもん)の表情を浮かべて、直後の守備から退いていた。

出典:サンスポ

1回の裏 ヤクルトの攻撃

塩見泰隆が初球先頭打者本塁打 巨人・菅野から左翼席に運ぶ

一回、先頭打者本塁打を放ったヤクルト・塩見

「1番・中堅」で先発したヤクルト・塩見泰隆外野手(29)が一回に初球先頭打者本塁打を放った。

巨人先発・菅野が投じた真ん中146キロの直球を振り抜き、左翼スタンドに運んだ。

「ストレート1本に絞って1・2・3で打ちました。先制することができて良かったです」

4試合ぶりとなる15号ソロ。今季3度目の先頭打者弾で昨季の14本塁打を抜いて自己最多記録を更新した。

出典:サンスポ

4回の裏 ヤクルトの攻撃

村上宗隆が右翼席上段へ54号ソロ 1985年のランディ・バースに並ぶ「相手に流れを渡さないように…」

巨人・菅野から本塁打を放つヤクルト・村上

ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が1―3の四回先頭で迎えた第2打席に右翼席上段へ54号ソロを放った。

プロ入り後初となる菅野からの一発。9日の広島戦(神宮)以来4試合ぶりのアーチで1985年のランディ・バース(阪神)に並ぶ歴代5位となった。

日本人選手最多の1964年の王貞治(巨人)の55本塁打まで「1」。

2013年のウラディミール・バレンティン(ヤクルト)が記録した歴代最多の60本まで、あと「6」とした。

「打ったのはストレートです。相手に流れを渡さないようになんとか点を取りたかった。1点取ることができて良かったです」と広報を通じてコメントした。

出典:サンスポ

5回の表 巨人の攻撃

石川雅規が五回途中まで6失点で降板 巨人・岡本和に2発など3被弾

石川雅規は4回、巨人・ウォーカーに本塁打を浴びる

石川雅規投手(42)が今季2度目の中6日で先発し、五回途中6失点で降板。

二、四回と岡本和に2打席連続本塁打を許すなど、3本の本塁打を含む9安打を浴びた。

7月7日以来の6勝目(3敗)はならなかった。

五回は1死一、二塁から丸に適時二塁打を喫して大西と交代。

「先発として試合をつくって、チームにいい流れを持っていきたい」と常々話す左腕だが、悔しいマウンドになった。

出典:サンスポ

 

9回の裏 ヤクルトの攻撃

ヤクルト・村上、日本選手最多55号!24歳4カ月の王超える22歳7カ月「すごく光栄」

背番号と同じ55本塁打に到達した

ついに、歴史が動いた。秋の夜風を切り裂く打球が神宮の夜空に舞い上がった。

九回2死一、二塁。村上が左中間席へ55号3ラン。

メモリアルな一発の感触をかみしめながら、万雷の拍手を背中で受けた。

「感触はばっちりでした。しっかりと芯で捉えられたので、入ったかなと思いました」

本拠地に詰めかけた2万7039人が総立ちとなった。

5点差を追う場面で、巨人の守護神・大勢が投じた2球目の外角速球を一閃。

打った瞬間にスタンドインを確信し、口を真一文字にした表情は自信と誇りに満ちていた。

出典:サンスポ

ハイライトムービー

次の試合川端慎吾が一軍復帰 代打出場で即結果を出す!

続きを見る

前の試合山田哲人が先制のソロホームランを放つも競り負ける 村上が死球を浴び後味の悪い試合に

続きを見る

おすすめ記事

吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」

写真:日刊スポーツ 吉村貢司郎、23日広島戦で9連戦先陣切る「自分のピッチングで勝ちにつなげる」  ヤクルト吉村貢司郎投手(26)が、23日の広島戦(神宮)で9連戦の先陣を切る。今季は先発した3試合ともに6回以上投げ、1勝1敗、防御率2・84と安定。 順番通りなら20日のDeNA戦だったが、ローテ再編で中9日で大事な9連戦の初戦を任された。    この日は神宮外苑で最終調整し「しっかりと自分のピッチングをして、勝ちにつなげられればいいなと思います」と意気込んだ。 出典:日刊スポーツ     NEWS

ReadMore

小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ

写真:サンスポ 小川泰弘、26日からの阪神戦で今季初登板へ  巻き返しのピースがそろい始めた。上半身のコンディション不良で離脱していたヤクルト・小川泰弘投手(33)が22日、1軍に合流。神宮外苑で行われた投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。  「けがをしたことはすごく残念ですが、必要な時間だと自分に言い聞かせてトレーニングしてきた。ここからが大事だと思う。1試合でも多くいい投球ができるように」 「結果を恐れずに投げていきたい」  チームは23日の広島戦(神宮)から9連戦が予定されている。前半戦 ...

ReadMore

2024年4月21日(日) vs DeNA

    村上選手が4号ソロを放つも、序盤の失点が響き、3対8で敗戦。      スコアボード   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 DeNA 3 4 0 1 0 0 0 0 0 8 8 0 ヤクルト 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3 5 0 責任投手 勝利投手 DeNA 大貫 (1勝3敗0S) 敗戦投手 ヤクルト ヤフーレ (3勝1敗0S) セーブ   本塁打 DeNA 牧 2号(4回表ソロ) ヤクルト 村上 4号(4回裏ソロ) バッテリー DeNA 大貫、松本凌、中川颯 - 伊藤 ヤ ...

ReadMore

丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667

写真:サンスポ 丸山和郁が代打で中前適時打「欲を出さないように」 打率は驚異の・667  ヤクルト・丸山和郁外野手(24)が6点を追う八回2死一、三塁の好機に代打で登場し、中前への適時打をマークした。下手投げ右腕の中川の初球を捉えた。   「きた球にタイミングを合わせることに集中しました」  「無心で打席に入りました。頑張って打とうという気持ちはもちろんありますけど、そういう気持ちを抑えて、欲を出さないように。きた球にタイミングを合わせることに集中しました」    チームは2連敗。最下位で波に乗り切れない ...

ReadMore

山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打

写真:サンスポ 山田哲人が復帰後初安打となる適時打 ヤフーレが2回もたずにKOされる中で意地の一打  雨が降る神宮で必死に声援を送るファンの期待に応える一打だった。  下半身のコンデイション不良から20日に1軍復帰して2戦目のヤクルト・山田哲人内野手(31)が、二回に復帰後初安打となる左前適時打をマーク。今季初打点を挙げた。   「点差があるので1点ずつみんなで返していきます」  2試合続けて「6番・二塁」で先発出場。0-7の二回無死一、二塁で迎えた第1打席だった。  力強い「やまーだてつと」コールが球場 ...

ReadMore

-試合結果
-,